脳を鍛える視力回復法「ガボール・パッチ」

kai kalhhによるPixabayからの画像

簡単に試せる、視力を回復する方法に興味がありますか?

この記事では、視力回復法「ガボール・パッチ」を紹介します。「ガボール・パッチ」は、TV番組で取り上げられたこともあって、注目されています。視力を回復させる方法は、沢山ありますが、「ガボール・パッチ」は簡単に実施できて、リスクの心配がない方法です。

わたしも継続して試しているところで、これまでのところ、効果を実感して驚いています

本記事を最後までご覧になれば、「ガボール・パッチ」についての解説記事、書籍、スマホ・アプリについて知ることが出来るでしょう。本記事は、いきなり登場するチームメイトのビッグマンに捧げます。

老眼のセルフチェック

効果を期待することを試すときは、効果を測れるようにすることが望ましいと思います。老眼のチェックを、医療機関で行う環境に無い方は、セルフチェックを利用する手段があります。「老眼チェック | Rodenstock」から、検査視力表をダウンロードしてチェックできます。やり方を引用します。

  1. 視力検査表をダウンロードして、A4サイズでプリントアウトします。
  2. 顔の正面、目から40cm離れたところに持ち、それぞれの文字を読んでみてください。
    これは一般的に物を読む時の、顔からの距離と同じです。
  3. 1行ずつ読みます。ちゃんと読める最後の先頭の数値をメモしておきましょう。

視力障害についても、同様に公開されています

ガボール・パッチ

解説記事

東京都江戸川区にある二本松眼科の平松類医師が、東洋経済オンラインに寄稿された「ガボール・パッチ」の論文に基づく解説です。

1日3分!視力を回復させる「根拠のある方法」 | 健康
「最近本やパソコン、スマホを見ると目が疲れる。でも眼鏡もかけるのもなあ」「子どもの視力が悪くなってどうにかしてあげたい」。そう思う方から「視力をよくする方法はありませんか?」と、よく質問を受けます。…

もちろん、解説記事を読まなくても、「ガボール・パッチ」を試すことができます。この視力回復法は、眼そのものに働きかける回復法ではなく、脳を鍛える方法です。しかし、このことを理解していなくても、何の問題も生じません。

書籍

平松類医師の著作があります。気軽に試せることを目指した104ページの書籍です。

視力回復法はたくさん出ておりますが、 
科学的根拠があるのは、本書のみです。
やり方は、すごく簡単。 
本書に掲載された絵を、1日たった5分眺めるだけ。 
いつでも、どこでもできます。

出版社のサイト から引用

千円札の「透かし」で実施

TV番組では、千円札の「透かし」を利用したやり方が、平松類医師の解説で紹介されました

スマホ・アプリ「視力回復地獄」

「ガボール・パッチ」をゲーム「マッチ3パズル」に展開してくれたアプリ「視力回復地獄」があります。「視力回復地獄」は、ブラウザ/スマホ・アプリ(Android/iOS)で利用できます。

1日のプレイ時間は20分を上限とし、目を酷使しないように気をつけて下さい。 一週間に3〜4回程度のトレーニングを継続するのが良いとされています。

Q&A から引用
視力回復地獄 - ゲームで視力をトレーニング
脳の視覚機能をトレーニングすることにより、視力の回復を促します。ゲーム感覚で遊べます。スマホ用アプリもあります。

わたしは、「視力回復地獄」のスマホ・アプリで「ガボール・パッチ」を試しています。

「ガボール・パッチ」は、マメに続けることが退屈な方法だと思います。あなたに合う方法で試すのが、継続させるコツなのかもしれません。隙間時間を利用するのでしたら、アプリか書籍(電子版)を利用するのが良いと思います。外で千円札の透かしを凝視するのは、治安の良い日本であっても、わたしは気が引けます。

コメント