テーピング:ランニングコストが約半額!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

テーピングに使用する非伸縮のテーピングテープ、安価な製品をお探しでしょうか?

この記事は、C&G社のホワイトテープのレビューです。

足首などに利用する38mm製品は、多くの市販品が350円〜500円程度でしょう。C&G社のホワイトテープならば、32個まとめ買いすれば、約220円/個程度で済ませられます。

なお、本記事には個人的な使用感が含まれますので、すべての方にあてはまるものではありません。

C&G社

私はまったく知らない製品でしたが、C&G社のテーピングテープはWebサイトから容易に購入できます。

32個まとめ買いすれば、送料込みで7千円前後ですので、約220円/個となります。

株式会社HELIO JAPAN

C&G社のテーピングテープは、株式会社HELIO JAPANが取り扱っています。

日本のアスリート・治療家を応援します
業界最安値のテーピングが日本初上陸。
C&G社は、アメリカ カリフォルニア州サンディエゴで発祥。
スケーター、サーファー、Xスポーツの間で広がり、現在ではアメリカ、ヨーロッパで数多くのアスリートにご使用いただいております。
アスリート、部活動、治療家など大量にテーピングを使用する方にとって テーピングの経費は、重大な問題です。
C&Gテーピングシリーズは、その問題を解決するのに貢献度が高いラインナップになっております。
大幅なコスト削減につながり、尚且つ品質も高い商品は、誰もが求めているものです。
節約できた経費で、他の可能性ある事にチャレンジしていただく事を願っております。
子供から大人まで多くの方がベストパフォーマンスになれば幸いです。

HELIO JAPANのサイト から引用

明らかに、安さを売りにしている製品です。

使用感

私がこれまで、主に使用しているのはニチバンの製品です。シッカリしたテープで、巻きやすく、固定している感じについても、まったく不満はありません。

以降では、ニチバン製品と比較しての表現と考えてください。

手で簡単に切れる

驚くほど簡単に手で切れます。テープの両側がギザギザに加工されているためでしょう。

ニチバン(左) C&G(右)

巻きやすさ

明らかに、ニチバンの方が巻き易いです。もちろん、わたしにとっては慣れがありますので、当然の結果です。

テープが薄く感じますし、カットしたところにシワが生じ易いです。

しかし、使い慣れれば、人間の方が対応できる程度の問題に感じます。実際、2回目以降の使用では、特に注意すること無く、足首にテーピングできました。

運動時の使用感

まったく遜色ありません。テーピング後、感覚的には小さく&薄く貼れていますが、固定感が足りないなどということは、まったくありません。

写真で分かる通り、生地が均質なのではなく、格子状の厚い部分と薄い部分があります。そのため、テープをまっすぐ引っ張る分には、普通のテープなのですが、斜め方向に引っ張るとほんの少しよれる感じで伸びます。あくまで、ほんの少しです。

テーピングは通常、まっすぐ引っ張られますので、固定感に相違がないのでしょう。

2試合(間が2〜3時間)での使用も試しましたが、緩むことも無く使用できました。

剥がしやすさ

少しだけ剥がし易い気がします。ほんの少しだけです。

皮膚トラブル

まだ、それほど多くの回数使用していませんが、皮膚トラブルはまったくありません。数時間貼りっぱなしの状態が数回ありましたが、まったく問題ありません。

結論

十分に使用できる製品です。手先が不器用な人は、ほんの少し貼りにくさを感じるかもしれません。

使用感が心配な人は、(割高になりますが)4〜8個程度のセット販売を試されることをオススメします。わたしは8個のセットを購入して試しました。

コメント