バスケットボールには、ネームを入れよう!

ボールを購入するときに、名入れ(ネーム入れ)をする「ネーム加工」サービスを利用するかどうか、迷っていませんか?

「ネーム加工」サービスを利用すべきです。特に、そのボールを試合会場に持ち込む可能性があるのなら、絶対に。試合球にするかどうかではなく、試合会場に持ち込むのなら、ネームを入れましょう。

ボールは行方不明になるもので、実際、私も大会で失くしましたが、後日、返ってきました。ネームが入っていたことで、とても助かりました。

この記事では、まず、名入れ(ネーム入れ)の必要性を説明します。そして、「ネーム加工」サービスの実際を紹介します。記事を最後までご覧になれば、ボールを購入するときに、「ネーム加工」サービスを合わせて注文することでしょう。

名入れ(ネーム入れ)は必要

ネームが入っていないボールは、行方不明になると返って来ない可能性が高くなります。

ボールは行方不明になるもの

ボールの外見は、とても良く似ています。バスケットボールでは、近年、モルテンの12面体が独占に近い状況です。これは、とても不健全に感じますが、それはさておき、ほぼ同じ外見のボールばかりです。

そのため、見た目がそっくりなボールを、他人のものと混ぜて使用します。すると、一時的に行方が分からず、チームメイトの誰かが持っている状況は、日常的に起きるでしょう。しかし、あるとき、いつの間にか紛失します。

「チーム内の誰かのと、間違えて持ち帰った」など、チーム内での話なら必ず戻ってくるでしょう。しかし、他のチームが持ち帰ったり、想定外の場所に置かれていたりすると、誰のものか分からず、ネームだけが頼りとなります。

管理

個人、または、チームでのボール管理がしっかりしていれば、過不足が早めに分かります。すると、探すにせよ、余計に手元にあるボールを連絡するにせよ、早めに行動が開始されます。そうなれば、持ち主に返る可能性は高いでしょう。しかし、管理がしっかりしているとは限りません。

ネーム無し

もちろん、ネームが入っていないボールでも、チーム代表者への連絡などで返ってくることがあります。しかし、持ち主を探すために、大会関係者、各チーム代表者など多数の良心的な協力があって、初めて返ってきます。

すべての人が良心的であるとは限りませんし、まれに盗難と推測されることもあります。ネームが入っていれば、使用がはばかれますので、盗難されにくいと思います。

手書きネーム

手書きネームでも、ネームが入っていた方が良いのは明らかです。手書きのきれいかどうかは、さておき、油性マジックなどの手書きは、使用と磨くことで徐々に薄くなっていきます。いつも他人が判読できるようにしないとならないです。

ボールの寿命まで判読可能なネームでないと意味をなさないので、手書きはオススメできません。

「ネーム加工」サービス

「ネーム加工」サービスは、リアル店舗/Webサイトなど、どこで発注するかに関わらず、概ね1週間ちょっと時間がかかるでしょう。

モルテンさんのWebサイトには、オーダーシートが用意されています。バスケットボールの他、バレーボール/サッカー/ハンドボール/ドッチボールがあります。

しかし、このオーダーシートは店舗用です。多くのお店の「ネーム加工」サービスは、モルテン社に発注していると思います。そこで、まずはモルテンさんが公開しているサービスの内容を紹介します。

molten

「ネーム加工」サービスで指定する内容は、次の通りです。

  • 文字位置:2通り(ボールに貼ってあるパネルの指定。どのパネルに印刷するかの指定)
  • 書体:3通り(丸ゴシック/角ゴシック/楷書体)
  • カラー:5色(黒/赤/青/緑/白)
    • ただし、白は天然皮革のバスケットボールに限る
  • 内容:20文字(1行の場合)、各15文字(2行の場合)

オーダーシートには、「ネーム加工」サービスの価格が載っていますが、私には、価格が理解できません。

文字(チーム名・学校名・番号・その他名称):¥400+税/個、文字(個人名):¥1,200+税/個での対応になります。

moltenのネームオーダーシート から引用

個数による値引きなら分かりやすいのですが、そうではありません。チーム名なら継続しての発注が見込めるから安くするのかなと思いましたが、「番号」がありますので、継続して型を再利用するワケにもいかず、手間が掛かりそうです。

一般消費者が「これからオレの名前でチームを作るんだ!」とか言い出したら、どうするのでしょうか? 個人名だけれどもチーム名ですよね? そもそも私立学校には、創立者のお名前が学校名になっているところもあるのでは、ないでしょうか。そうすると、学校名だけれども個人名。 考えれば考えるほど、分からない価格体系です。

リアル店舗

「ネーム加工」サービスは、街のスポーツ店で、ボール購入時に発注できます。

先輩のタツさん(仮名)は、後輩から「◯◯タツ!」と白文字で、フルネームにエクスクラメーションマーク付きのボールを贈られていました。川崎という土地柄による、愛情ある小さないたずらなのでしょう。

通販サイト

これまで数個のボールを、「ネーム加工」サービスで通販サイトから購入したことがあります。文字の間違いなどのトラブルは、一切経験したことがありません。

明らかに、molten社に依頼していない異なる品質のものもありましたが、ボールの寿命が尽きるまで、判読可能でした。ですから、わたしは品質について心配したことがありません。周囲の方々からもトラブルは聞いたことがありません。

最近は「追加料金なし」での「ネーム加工」が流行っているように感じます。「個人名かどうかによる価格の相違」も見掛けなくなりました。

Amazonでは、今のところ「ネーム加工」できるボール販売を、見かけたことがありません。探し方がわるいのだろうか。

個人名 or チーム名

個人のボールであっても「チーム名」を入れることは、良いかもしれません。大きな大会で、ボールが拾得物として届いた場合、「チーム名」なら容易にチームに連絡がきますから。しかし、いろんなチームに参加している場合には、「チーム名」を決めにくいでしょう。

個人名を入れることは、少々恥ずかしいものです。特に、店舗で注文するのは気が引けますので、私は通販サイトを利用しています。

シンちゃん(仮名)は、名字ではなく名前を漢字で「◯◯」と入れています。彼の場合、名字の方が知れ渡っているのに、なぜ名前を選んだのでしょうか。そんなとき、出来事は生じました。

試合球を返してくれた女性審判員が、ボールを見ながら「◯◯さん、ウフっ!」と言ったのを私はシッカリ聞きました。なるほどね。シンちゃんの人柄は、下記の記事をご覧ください。

さて、あなたは個人名を入れますか? それとも、チーム名をいれますか?

コメント