作戦盤にもなる遠隔操作できるホワイトボード

電話会議などで使用できる、共用ホワイトボードをお探しですか?

この記事で紹介するホワイトボードを使用すると、準備要らずで容易にホワイトボードを共有できます。わたしも実際に利用して、その便利さを感じています。

この記事では、Whiteboard Foxを紹介し、その便利さと問題点を説明します。最後までご覧になれば、Whiteboard Foxの利用方法が分かるとともに、問題点を考慮した使い方ができると思います。

なお、わたしの個人的な感想が含まれますので、すべての人にあてはまるものではありません。

Whiteboard Fox

電話会議などで、無料で使用できるホワイトボードをご存知でしょうか?

Whiteboard Fox - Simple Online Whiteboard

「描画開始」ボタンを押せば、ホワイトボードとなる画面に変わります。共有する相手にURLを伝えれば、双方向に書き込みができ、リアルタイムで表示されます。動画をご覧になれば、使い勝手が分かり、リアルタイム性が優れていることに納得されるでしょう。

WhiteboardFox Demonstration Version 2 HD

だけれども、少々不便かもしれません。PCだと、通常、マウスやトラックパッドで描画することになりますが、わたしは上手く書けません。タブレットだと、少しだけマシになりますが、指だと細かいものが書けません。動画のデモンストレーションでは、結構上手に描いていると思います。

実際のところ、ペン・デバイスを使わないと、実用にならないかもしれません。しかし、指の代わりになるペン(静電容量式タッチパネル用のタッチペン)では、細かさの制御、追従速度が今一つです

いい加減に書いたものです

リンゴマークの現行モデルなら、十分に使い物になると、確信しています。 評判のApple Pencilは、Whiteboard Foxで使えると思うのですが、調べても、今ひとつ分かりませんでした。

文字は、「オプション」から「挿入言葉」を選べば、入力されます。しかし、表示は画面中央になるので、文字列のオブジェクトを「移す」ツールで移動させる必要があります。

もう、お気付きですね。日本語化されていますが、挿入言葉のように少し妙な日本語になっています。ですが、決して迷うことなく、使えるでしょう

作戦盤として、本当に使うのなら、ラインとフープを書いた画像データを用意した方がよいでしょう。「オプション」から「図の挿入」で取り込めます。

取り込んだ画像の上に描画できますので、作戦盤として、必要なことを書き足す感じになります。

本当に、作戦盤に使えるかどうかはさておき、多くの人がどこでも容易に使えるブラウザで、手書きをリアルタイムで共有できることは、とても便利なツールだと思います。

コメント