「ロゴ鉄」って存在するの?

この記事は約4分で読めます。

オトナの情報番組「タモリ倶楽部」によれば、鉄道ファンの細分化がどんどん進んでいるらしいです。

神奈川県の一部のJRでは、コーポレート・ロゴでもないロゴが電車に描かれています。これは何ですか?

この記事は、JR南武線と横浜線に描かれているロゴにまつわる駄文です。

何鉄?

チームメイトのビッグマンFぞうさん(仮名)は、カラダが大きいだけでなく気持ちも大きいです。例えば、台風接近中で”停電が心配される時間帯にゆったり入浴”したり、台風が最接近しているときの”暴風による騒音の中でうたた寝”したり。

そんなFぞうさんは、鉄ちゃんのハズなのに「何鉄」か不明です。教えてくれません。少し「乗り鉄」なのは分かっているのですが、「音鉄」でないことは判明しています。車両にもマニア的興味はありません。

今、Fぞうさん(仮名)は、治療のためバスケットボールから長期離脱しています。プレイが制限されていること(制限していること)だけでも相当なフラストレーションでしょう。

はじまりは南武線のロゴ

試合への道中、南武線の側面を見ると意味不明な絵が描かれています。何かのシルエットのようなのですが、南武線沿線出身の私にさえ、何も響いてきません。シンボル的なものではないのかもしれません。

調べれば、すぐに何か分かるでしょう。しかし、そうはせずに、見舞いの意味を兼ねて、試合を欠席するFぞうさんに冒頭の写真を送りました。

すると、そっけない返事です。

こんな車両ありましたっけ?

どうやら、ロゴ鉄でもなさそうです。

つぎは横浜線のロゴ

南武線に描かれていたロゴは、すぐに忘れていたのですが、横浜線に描かれているロゴが目に入り、南武線のことを思い出しました。

JR East E233-6000 Yokohama Line Logo

横浜線のロゴは、電車のカラーと相まって”とても爽やかなイメージ”を演出していると思います。とても好感が持てます。でも、横浜線ってそんな爽やかなイメージでしたっけ?

JR東日本E233系電車

少し調べればロゴは、南武線も横浜線も新しい車両に描かれていることが分かります。東京近郊路線に導入されている”E233系”です。関東地方の方にとっては、見慣れた車両でしょう。

中央線、京浜東北線・根岸線、常磐線各駅停車、京葉線、東海道線などでも使われています。

JRE E233Series

横浜線は、6000番台の車両です。

横浜線活性化プロジェクトの一環として、JR東日本の通勤用車両として初めてオリジナルのロゴマーク駅スタンプ後述、後に撤去)が車両に掲出された[90]。ロゴマークは先頭車前面および各車両の側面に掲出され、横浜線のラインカラーの緑色を基調としたものに、横浜線を表す「YOKOHAMA LINE」、さらに横浜線沿線にある横浜市相模原市町田市の市の木であるケヤキをデザインしたものである[90]

Wikipedia から引用 色は追記

最初のオリジナル・ロゴマークは、横浜線に描かれたのですね。そして、デザインがきれいな葉は、ケヤキだそうです。

南武線は、8000番台の車両です。

外観では先頭車の乗務員室扉直後に「南武線が街と街、人と人をつなぎ『明るく弾む伸びゆく沿線』」をイメージするロゴマークが貼り付けられたほか、同じく先頭車側面のラインカラー帯部には沿線の街並みをイメージしたロゴを配置した[100]。左からミューザ川崎武蔵小杉の高層ビル群、とどろきアリーナ洗足学園音楽大学多摩川よみうりランドの観覧車、一橋大学多摩都市モノレール立川駅北口のアーチ、立川ルミネ をイメージしたもの。車体側面の左右の帯で建物の並びが逆になっている。

Wikipedia から引用 色は追記

『明るく弾む伸びゆく沿線』と言われてもピンと来ませんし、古い人にとっては、シンボルでないものを”沿線の町並みをイメージしたロゴ”と言われても・・・ではないでしょうか。

川崎の公営賭博場、電機メーカー各社と府中競馬場などがイメージかと思い込んでいました。ごめんなさい。

ロゴに並べた街並みの位置関係を実際と揃えるために、車体の左右でロゴを反転させたこだわりが好きです。

車体の左側

Nambulogo1

車体の右側

Nambulogo3

ロゴ鉄

他にも通勤用車両に描かれたオリジナルのロゴマークはあるのでしょうか? 調べても見つからないです。

そして、「ロゴ鉄」で検索しても何も見つかりません。というワケで、わたしが最初のロゴ鉄であることを宣言します。

ロゴマークは、とてもオシャレな装飾だと思います。それが、南武線と横浜線に描かれているとはね・・・

失礼いたしました。

コメント