私が自分で腰(仙腸関節)をストレッチするツール

軽い腰痛など腰の不調があり、自分でマッサージしたいけど、方法が分からずに困っていませんか?

本記事では、自分で行える、腰のメンテナンス方法を紹介します。

わたしは、実際にこの方法のお世話になってから、腰を痛めることは、ほとんどなくなりました。

本記事では、簡単な道具を使用して、仙腸関節をゆっくりと圧迫することで、腰の調子を整える方法を説明します。

最後までご覧になれば、簡単にご自身で、腰のマッサージが行えます。

本記事の内容には、個人的な感想が含まれますので、すべての方にあてはまるものではありません。また、本記事は、既に公開している記事をもとに再構成し、追記・補足したものです。

仙骨と仙腸関節

仙骨は骨盤の真ん中に位置する、三角形の骨です。その外側との連結部分が仙腸関節です。仙腸関節は、ほんのわずかしか可動域がありません。仙骨と仙腸関節は、その向き(位置)や動きが、スポーツや武術で議論されることが多いです。

そんな仙腸関節をゆっくりと圧迫することが、これから紹介するメンテナンス方法です。

簡単な道具

テニスボールで自作できます。使用感もまったく問題ありません。しかし、長期間の使用や、バッグに入れて移動するような場合には、これから紹介する商品の方が便利です。

テニスボールで作る

テニスボールを2個つないだもの、あるいは、テニスボールを2個、ソックスに入れたものを用意します。

テニスボールは、ゆっくりと空気が抜けていくので、ときどき交換する必要があります。

「ガムテープでつなぐ」方法を紹介している資料などがありますが、扱いにくいのでやめた方が無難だと思います。

パワーポジションボール

パワーポジションボール」のような商品は、ボールの交換が不要で、いつまでも硬いままなので便利です。

また、わずかですが、テニスボールよりも軽いので、持参する場合には助かります。

似ている形状の商品は、たくさんありますが、硬さも大きさもまちまちですので、ご注意ください。中には巨大で柔らかく、ここでの用途にはまったく使えないものがあります。

やり方

やり方は、各所で紹介されているので、ご存知の方も多いでしょう。酒井慎太郎医師の記事が分かりやすいです。

仙腸関節にあてがって、横になり、自分の体重で圧迫するだけです。寝る場所(板の間/畳/じゅうたん/マット)を変えることで、圧迫の強さを容易に変えられます。

わたしは、3分間実施しています。

ご参考

週刊現代の酒井慎太郎医師の記事には、腰痛症状別ストレッチ「おっとせい体操」と「ねこ体操」も紹介されています。

予約16年待ちの「神の手」直伝! 腰痛を「自宅で自分で」治す方法(週刊現代) @gendai_biz
治療しても効果がなく、意を決して手術をしてもすぐ痛みがぶり返す—腰痛患者が抱える長年の悩みに朗報!腰痛治療のスペシャリストが実践している、「新常識」に基づいた治療法を紹介する――。

コメント