体育館は投票所ではない!

mohamed HassanによるPixabayからの画像

選挙に伴う、投票所や開票所として使用される、学校の体育館、スポーツセンターは、とても多いです。そのため、選挙により練習が中止になった経験がある人は多いでしょう。わたしは、大会が延期になった経験もあります。

当たり前のように、選挙で体育館やスポーツセンターを使用していますが、間違っていると思います。本当にそうする必要があるのでしょうか。

世間の雰囲気として、「選挙で体育館を使用することが当然」と考えているように感じます。そうだとしたら、あまりに横暴でしょう。

選挙より体育館が大切だと言っているのでは、ありません。どちらも大切だと思います。食事と睡眠のように、両者を比較することは不可能で、どちらも大切なものだと思います。

わたしは、必ず選挙に行きます。投票に行くと、投票所はいつもガラガラです。管理する人の数が多くて、視線がまぶしく、落ち着かない気分にさせられます。

いつもガラガラなのでしょうか?それともピーク時には混雑するのでしょうか?投票率が低いから、ガラガラなのでしょうか?投票率が高ければ混雑するのでしょうか?確認できませんが、投票所の規模が大き過ぎるように感じます。

投票所の場所も、数多く設け過ぎに感じます。身体の不自由な方への配慮だと認識していますが、選挙だけが過剰に配慮しているように思います。同程度の配慮が、社会の隅々に行き届いて欲しいです。でも、選挙については、通信の利用も含めて、仕組みで解決して欲しいです。

期日前(きじつぜん)投票に行ったこともあります。通常の投票所より狭い場合が多く、時には少しだけ並びます。しかし、不便なほどではなく、問題無く投票できます。

開票所に利用されるスポーツセンターがありますが、スポーツセンターの間違った使い方だと思います。スポーツセンターを占拠する必要があるとは、到底思えません。

以上、長々と失礼いたしました。体育館やスポーツセンターが横取りされなければOK、とは考えていません。選挙の仕組みを変えることこそ、すべての問題解決につながると思っています。

コメント