睡眠をトラッキングして睡眠の質を向上させる

Free-PhotosによるPixabayからの画像
  • 朝起きて、よく寝たつもりなのに、疲れが取れなくて困っていませんか?
  • 睡眠時に無呼吸など、呼吸の乱れが気になっていませんか?
  • 深く眠れていない気がして、睡眠の質を向上させたいと思っていませんか?

睡眠の質を乱す原因は、食事/飲酒/運動不足・・・など数多くあります。睡眠を改善するために、まずは、睡眠の質を計測したくなることでしょう。

この記事では、睡眠をトラッキングしてくれる指輪型デバイス「Go2Sleep」を紹介します。本ブログでは既に、睡眠時間と睡眠の質をライフロガーで計測する方法を紹介していますが、Go2Sleepでは、さらに呼吸の異常(乱れ、呼吸の現象)が検知できて、振動で知らせてくれます。

Go2Sleepの紹介

指輪型デバイス「Go2Sleep」は、食用シリコンで覆われた、重さたったの6gですので身に付けていることを忘れさせるほど快適なウェアラブル・デバイスです。指の毛細血管を検査することで、必要な情報を正確に計測します。指にはめて寝れば、朝にスマホ・アプリ「スリープス」でレポートを確認できます。レポートでは、次の項目を確認できます。

  • 睡眠の総合評価(100点満点)
  • アドバイス(計測データに基づいた、健康維持のためのアドバイス)
  • 睡眠時間
    • 深い睡眠
    • 浅い睡眠
    • REM睡眠
  • 呼吸
    • BDI指数(呼吸の乱れを表す指標)
    • BS回数(低呼吸の回数)
  • 安静時心拍数
  • BEI指数 (Breath Efficiency Index、呼吸効率指数)
  • 寝返り回数
  • 睡眠負債

最も特徴的なのは、睡眠時に無呼吸状態になると、Go2Sleepが振動して知らせてくれることでしょう。振動することで、姿勢が変わりますので、結果的に無呼吸になる確率が減少します。

睡眠データは、クラウドに保管され、週間/月間のレポートとしても確認できます。週間/月間のレポートからは、睡眠の傾向が観察できます。さらに、合意して望めば、ご家族の睡眠データを参照できます。

スマホ・アプリ「スリープス」のラベル機能では、ラベルに就寝前の活動を記録することができます。つまり、就寝前の活動と「質の良くない睡眠データ」の相関を、レポート上で確認できます。

しかし、就寝前の活動と「質の良くない睡眠データ」の相関が観察できたからといって、質の良くない睡眠の原因が、就寝前の活動であるとは限らない点が悩ましいです。とは言え、就寝前の活動について、見直す動機としては十分に説得力があると思います。

その他のスペック

  • 2時間の充電で3日間使用できる
  • 睡眠データを7日分保持できる
  • 防水(IPX7)

Go2Sleepを活かす

Go2Sleepを使用して、睡眠の質を計測したところ、睡眠時間(深い睡眠/浅い睡眠/REM睡眠)にムラがあり、深い睡眠が十分に取れていないことが分かったとします。

睡眠の質の向上

そのような状況のときに、高評価なサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。効果を実感するだけでなく、Go2Sleepのレポートでも確認できます。

睡眠改善サポートサプリメント『北の大地の夢しずく』を試す

『北の大地の夢しずく』は「睡眠の質(眠りの深さ)の向上」に役立つ、機能性表示食品です。就寝30分〜1時間前に3粒を水、または、ぬるま湯で飲むだけです。

『北の大地の夢しずく』に含まれるラフマ(植物)はセロトニンを増やすことでメラトニンの合成量を増やします。

夜、眠くなるのはメラトニンというホルモンの働きです。
メラトニンは良い睡眠に不可欠で、夜になると徐々に分泌が増え、夜中に最大となります。
そして、メラトニンがたくさん分泌されるためには、メラトニンの材料であるセロトニンというホルモンが日中にしっかりと分泌される必要があります。
昼間はセロトニン、夜間はメラトニンという2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。

良い睡眠を取るために必要不可欠なホルモンメラトニンとセロトニンを上手に分泌させて良い睡眠を から引用

『北の大地の夢しずく』は、いつでもストップできる「お試し定期コース」が、優待価格でご利用できます。

夢しずく

コメント