筋膜リリースの道具(6) GRID Form Roller Mini(グリッド・フォーム・ローラー・ミニ)

はじめに

フォーム・ローラーがとても気に入っていることは、これまでも何度か書いてきましたし、GRID Form Roller(グリッド・フォーム・ローラー)のスタンダード(長さ33cm)についてのレビューも書きました。

33cmのフォーム・ローラーはかさばる

フォーム・ローラーは運動しない日にも自宅で使っています。運動するときにも準備として自宅で使っていますが、どうしても試合会場や練習会場でも使いたいです。特に2試合以上あるときには、フォーム・ローラーがないと身体の準備が整わないです。

しかし、試合会場まで持参するには、フォーム・ローラーは荷物になります。重さは百数十グラム〜1kg以下ですが、大きさ(長さ33cm、直径13〜15cm程度)はとてもかさばります。

ミニの特徴

大きさ

ミニは、長さ10cm、直径14cm、重量212gと、大きさはスタンダードの1/3以下です(なぜか、重さは1/3強あります)のでどこにでも、持ち運べる大きさです。

使えるか?

10cmの幅では両方の大腿を載せることができないのは、承知の上で手に入れました。片足ずつなので、大腿の前面やハムストリングのマッサージでは体重を掛けにくく、マッサージの効率が悪くなるのも事前に承知の上です。

10cmの幅があれば、片方の大腿に押し当てる(大腿を載せる)ことができますが、転がすのは難しいです。正確には、わたしにとっては多少難しく、転がすときにフラフラします。円柱のものを滑らかに転がしたい(行ったり来たりさせたい)のに、意図しない方向に(左右にフラフラ)曲がってしまいます。

でも、バランス感覚に優れた人なら、問題無く「大腿を乗せて、行ったり来たり転がす」ことが容易かもしれません。

わたしは腕には使いませんが、腕には全く問題無く使えます。臀部や腰の周辺にも、使い勝手が良いとは言えませんが、それなりに使えます。

というワケで、わたしは持ち運び用に買ったのに、いつも家にあります。

想定外の使い道

ボールの展示台として、ちょうど良い大きさです。失礼、冗談です。

価値ある想定外の使い道

背中のマッサージは、たいていランブル・ローラーを使用していることは下記でも書きました。

しかしミニを使うと、背骨とその両脇をダイレクトにマッサージできます。これは他のフォーム・ローラーでは真似できないことです。刺激が強いので、両手で身体を支えながら、体重の載せ加減を調整しながら行なっています。

大腿に使うときには、転がすのにふらついて困りましたが、背中の場合には不思議なことに、それほど困らずに転がせます。多少の慣れは必要かもしれません。

カラー・バリエーション

正規品はオレンジライム、並行輸入品には更に、ピンクブラックがあります。

むすび

いろいろとネガティブなことを書きましたが、このような製品は使ってみないことには価値が分かりにくいものだと思います。全体重を掛けても壊れない頑丈さがあります。作りはスタンダード(長さ33cm)と同様なので、見た目とは裏腹に耐久性も優れていると思います。

コメント