葬儀屋家族のコメディでリラックス

carolynaboothによるPixabayからの画像

激しい試合やトレーニングの後、心身の覚醒が続いてしまい、日常のリズムに戻れなくて困ることはありませんか?

例えば、接戦の末敗れて、ああすれば良かった/こうすべきだった・・・といった気持ちがいつまでも続いて、食事/睡眠/出勤など、その後の日常生活にうまく適合できないことはありませんか? わたしは、夜に練習して、バイクで帰宅すると、ギラギラとした神経のたかぶりで覚醒してしまい、どうしても就寝時刻が遅くなることがあります。

この記事では、日常に舞い戻るために観ている、名作の海外ドラマ「シックス・フィート・アンダー(Six Feet Under)」を紹介します。

なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

はじめに

名作の海外ドラマ「シックス・フィート・アンダー(Six Feet Under)」そのものに関する情報をお求めでしたら、次の章をご覧ください。

すべてがノロくなる

接戦の試合では勝っても負けても、試合終了後しばらくは神経が高ぶります。特に、負けた試合では、いろんな場面が脳裏に浮かびます。気持ちに整理がついた後、考えをまとめて、その後のモチベーションとして、糧になるのでしょう。

しかし、時には次の予定があり、日常生活のテンポに戻らなければなりません。あるいは、ちゃんと落ち着いて食事をとり、身体を休めるために就寝しなければなりません。こんなとき、強引に次の行動へ移っても、落ち着かなくて、そぐわない感覚で無用に疲れる気がします。

夜、バイクに乗ると昼間のようには周囲が見えないので、研ぎすまされた感覚で注意を払います。そのため、バイクを降りても、鋭敏になった感覚はそのままです。例えば、聞き慣れた音楽がとてもゆっくりに感じますし、会話では、相手の反応が鈍く、話が遅く感じます

一瞬では切り替えられない

人によっては、とても上手く瞬時に日常生活のテンポに変えられるのかもしれません。しかし、私はある程度時間を掛けないと、日常の落ち着きに戻ることができません。

ゆっくり食事をとりながら、海外ドラマを観ると、無理な負担を感じること無く、日常生活のテンポに戻れる気がしています。といいましても、海外ドラマなら何でもOKというワケではなく、作品を選びます。

例えば、ハラハラ、ドキドキするようなタイプのものモノは不向きです。シリーズ物で続きが気になって、2話3話と続けて観てしまうようでは、単にドラマを楽しんでいることになってしまいます。連続して何話も観るような時間の余裕は、無いときがほとんどです。

落ち着いて食事をゆっくりとることも目的ですので、「吹き替え版」のある作品を選ぶようにしています。「吹き替え版」にしないとどうしても画面の日本語字幕を凝視することになりますので、食事がおろそかになるような気がしています。

ストーリー性が乏し過ぎると、気持ちが入っていかないので、あまりリラックスできない気がします。一方、ストーリー展開がキッチリし過ぎていると、見逃しを許してもらえない堅苦しさが生じてきます。程よいストーリー性があるけど、一応の1話完結になっている作品であること。そして、構成や展開がシッカリ練られているので、理解に苦労しないモノを好ましく感じています

シックス・フィート・アンダー(Six Feet Under)

シックス・フィート・アンダーは、日本では知名度が低いかもしれませんが、エミー賞やゴールデングローブ賞を数多く受賞した名作です。15年くらい前の作品になりますので、今観ると、特に画質が古臭く感じるかも知れません。

シリアスに社会問題や家族問題を扱っていますが、適度にコメディタッチで表現してくれますので、深刻になり過ぎないのが高評価です。葬儀屋ですので、死体の映像がまれに登場しますが、映像的にはグロテスクさを排除してくれていますので、食事中でも安心して観れます。しかし、繊細な感覚で、その手のものが苦手な人は避けた方が良いかもしれません。

3話ほどガマンしてみれば、このドラマ独特のリズムに馴染めると思います。それ以降は、本当にリラックスして観ることが出来る、脚本のシッカリした名作だと思います。ただし、R-15であり、ソフトな性描写があるときがありますので、お子さんと一緒に観るのは無理な場合があるでしょう。暴力的な描写はほぼとても少ないです。

シーズン3以降は、コメディタッチな度合いが少し減るように感じます。そのため、あなたの現実で、家族などとの人間関係に問題があったり、感情移入しやすい性質でしたら、気楽に楽しむドラマにはならないかもしれません。お母さんのヒステリックな言動なども多くなってます。とは言え、それほど用心することなく、試しに観ることをオススメします。

配信サービス

以前はHuluで配信していたようですが、2019/6/10現在は、Amazonプライム・ビデオのみで配信しています。

Amazonプライム・ビデオ

アマゾンのプライム会員は、(2019/6/10現在)シリーズ1〜5のすべて無料で視聴できます。プライム会員のサービスには「30日間の無料体験」が用意されていますので、気軽に試すことができます。

プライム会員にならずに、ドラマのシリーズ、あるいは各話をVOD(ビデオオンデマンド)でご覧になれますが、割高になります。

Fire TV

Amazon Fire TVを使用すれば、TVでプレイムビデオを気軽に簡単に楽しめます。Fire TVがなくても、プライムビデオはPCやタブレット、スマホでご覧になれますが、Fire TVを利用した方がはるかに便利で気軽に観れます。食事をしながらドラマなどを観るには、欠かせない道具でしょう。

Fire TVの利用にはインターネット回線、無線LAN環境、HDMI端子付きのテレビが必要です。この環境を用意すれば、プライムビデオのみならず、HuluなどのVODの環境にもなります。Fire TVの詳細は、下記の画像リンクからご覧ください。

上記リンクから機能を引用します。

  • 人気のFire TV Stickに新登場のAlexa対応音声認識リモコンが付属。テレビの電源・音量操作・ミュートボタンで、対応するテレビの操作が可能に
  • お持ちのテレビのHDMI端子に接続してWi-FiにつなぐだけでPrime Video、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。SilkやFirefoxよりYouTube、Facebook、Twitterなどのウェブサイトにもアクセス可能
  • さらにプライム会員なら、Prime Videoのうち会員特典対象の作品が追加料金なしで見放題。映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組など充実のコンテンツ。また、Prime Musicで100万曲以上が聴き放題
  • コンパクトでもパワフル。クアッドコアプロセッサ搭載でサクサク滑らか。アクション映画、ライブ放送、スポーツ中継も思う存分楽しめる
  • Alexaの様々な便利機能にも対応。Alexaに対応したPrime Videoコンテンツの再生、スポーツの結果、天気予報なども調べる事ができます
  • ASAP機能で素早く再生。好みの映画を学習して、事前にバッファリングを開始

コメント