酵素分解ローヤルゼリーは老いを止めるか?

PexelsによるPixabayからの画像
  • 筋量・筋力の低下に悩んでいませんか?

歳をとったら老化でしかたないなどと、単純にあきらめる必要はないかもしれません。

この記事では、「加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下」について触れた後、「ローヤルゼリー、特に酵素分解ローヤルゼリーの飲用は、高齢個体の筋萎縮の予防及び筋損傷後の回復の一助となることが示唆する」ことを示した論文を紹介し、最後に、酵素分解ローヤルゼリーのサプリメント「ミラクルクイーン」を紹介します。

※バナーのリンク先(公式ページ)は女性向けに書かれています。

はじめに

ローヤルゼリーは、極上の食品です。ローヤルゼリーが世界中に知れ渡ったきっかけは次の出来事らしいです。

ローマ教皇が老衰による危篤状態に陥った際、主席侍医のバオルチー氏やパウロ・ニーハンス博士、ガレヤ・ジリシー博士らがローヤルゼリーを投与したところ、回復。1955年ローマで開催された国際医学会にて発表後、1958年、イタリア(ローマ)で開かれた第12回国際養蜂会議で、教皇自らミツバチを称えるスピーチを行った。

Wikipedia から引用

今日、ローヤルゼリーの効能については、数多くの研究報告があります。しかし、ここで取り上げる話は、サプリメントに対する期待に過ぎません。

「高齢マウスの実験で、XXな症状に対して改善があったのだから、高齢者のヒトにも効果が期待できる」という論文から、(それほど高齢者でもない)ヒトに対しても、効果があるかもしれないと期待しています。ローヤルゼリーは食品なのだから、研究成果や臨床試験、認可などを待たなくても食べてみてはいかがでしょうか? という話です。

生のローヤルゼリーをハチミツなどで味を整えて食べると、わたしは内から涌き起こる元気さを感じます。もちろん、心理的なものに過ぎないかもしれません。心理的なものであったとしても、こうした感触を大切にしたいと考えています。

サルコペニア

「サルコペニア」をご存知でしょうか? 高齢者の人口が増える中、医学会が懸念している症状です。

サルコペニア(sarcopenia)とは、加齢による骨格筋量の低下と定義され、副次的に筋力や有酸素能力の低下を生じる。筋肉量の低下を必須項目とし、筋力または身体能力の低下のいずれかが当てはまればサルコペニアと診断される。量を制限する食事療法はサルコペニアのリスクを高めると指摘されている。

Wikipedia から引用

サルコペニアの内、加齢以外に明らかな原因がないもの(疾患などの原因がないもの)は「一次性サルコペニア」「原発性サルコペニア」と呼ばれます。

日常生活には全く影響がなく、疾患でなくても、筋量・筋力の低下はとても気になります。トレーニングに熱心であっても、加齢と共にトレーニングの量を制限して、回復に気を付けていることでしょう。

参考までに、疾患としてのサルコペニアの簡易診断を紹介します。現在、日常生活に問題が無くても、簡易診断を知れば多少不安になるかもしれません。

簡易診断

筋量の低下を実感していれば、サルコペニアかどうか、とても気になるでしょう。

指輪っかテスト

「指輪っかテスト」の方法は、両手の親指と人さし指で輪っかをつくり、ふくらはぎの最も太い部分を囲み、指のあまり具合をみるだけ。「(1)囲めない」「(2)ちょうど囲める」「(3)隙間ができる」と評価し、(3)の場合は筋肉量が少なくなっており、サルコペニアの疑いがある。

「フレイル」と「サルコペニア」に運動と食事で対策 肥満が伴うと要注意 から引用

わたしは、ふくらはぎの筋量低下などまったく感じていません。「末端が重いとパフォーマンスに悪影響がある」という判断基準で、むしろ太過ぎると感じています。しかし、ほぼ(2)です。なお、手は小さく指が短いです。脚のむくみはまったくありません。

指が長い女性など、(3)になってしまうのではないだろうか。簡易診断であり、「疑い」が分かるだけではありますが、少々厳しい基準のテストに感じます。

片足立ち

(1)片足立ちで靴下がはけますか?   
(2)いすに座り、片足で立てますか?
(3)片足立ちで60秒キープできますか?
 
1つでも「いいえ」の回答があった場合は、下半身の筋力が低下している可能性があります。
 
また、握力の測定や、歩行速度の測定から判定する方法もあります。
  ●握力:男性で30kg、女性で20kg未満となった場合、筋力の低下が疑われます。
  ●歩行速度:横断歩道を一信号で渡りきれなくなったら、要注意です。(歩行速度0.8m/秒以下)

筋肉量を保持して若々しい身体を保つ!~サルコペニアを予防しよう~ | タニタ から引用

この簡易診断は、先ほどの診断法に比べると運動機能を試すものです。筋量の直接的な測定ではないので、まったく異なる原因による機能障害も診断結果に含まれてしまいます。わたしは膝が不調なので「(2)いすに座り、片足で立てますか?」はやりたくないテストです。

可能性の診断ですので、神経質に気にしなくてもいいのかもしれませんが、とても不安です。

ローヤルゼリーの高齢マウスの筋衛星細胞の機能と増殖能への影響

下記に引用するのは、東北大学医工学研究科による研究論文の抄録です。眼を通すのが面倒でしたら最後の【結論】だけご覧ください。

【背景】筋衛星細胞の機能維持と数の確保(増殖能など)は高齢者の体力維持に不可欠である。一方、ローヤルゼリーが抗疲労、抗炎症などの薬理活性を持つことから、高齢者の体力または筋衛星細胞の機能に関連する可能性がある

【目的】高齢マウスを用いて、ローヤルゼリーと酵素分解ローヤルゼリー(ローヤルゼリーに含まれるタンパク質、を酵素を用い細切れのペプチドに分解したもの)が筋衛星細胞の増殖能と活性へ及ぼす影響及びメカニズムを評価する

【方法】19-20月齢の高齢 マウス(オス)を用いて、 3ヶ月のローヤルゼリーと酵素分解ローヤルゼリーの投与試験を行ない、その後、筋肉量 筋損傷の修復能と筋衛星細胞の数などを評価した。 ローヤルゼリーと酵素分解ローヤルゼリーの投与による筋衛星細胞の増殖能などへの影響を評価した

【結果】ローヤルゼリーは筋衛星細胞の増殖に対する影響が見られなかった。これに対し、 0.5mg/mlと1mg/ml 酵素分解ローヤルゼリーが 48と72 時間時点の筋衛星細胞の増殖を促進した。ローヤルゼリーと酵素分解ローヤルゼリーの投与群では、筋肉あたりの筋衛星細胞の数が対照群に比べ、有意差が見られなかった。これに対し、高濃度(5%)のローヤルゼリー、低濃度(1%)と高濃度(5%)の酵素分解ローヤルゼリーの投与群では体重あたりの筋肉の量が対照群に比べ、有意に増えた。そして、酵素分解ローヤルゼリーの投与により、対照群に比べ、筋力及び日常身体活動量が有意に増えた。更に、ローヤルゼリー(1%と5%)と酵素分解ローヤルゼリー(1%と5%)の投与も筋損傷後の回復を対照群に比べ、有意に促進した

【結論】ローヤルゼリー、特に酵素分解ローヤルゼリーの飲用は、高齢個体の筋萎縮の予防及び筋損傷後の回復の一助となることが示唆された。

変形性膝関節症 身体活動量 身体機能 骨代謝 栄養 メカニカル … – J-Stage から引用

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、ハチミツではありません。色も味もまったく異なるものです。ひとつの巣箱で、約10gほどしかとれない貴重なものです。

卵の段階では、働き蜂も女王蜂も同じメスであり、全く違いがありません。ところが、孵化してから3日目まで、ローヤルゼリーより栄養価の低いワーカーゼリーを食べ、4日目以降、蜂蜜と花粉を食べるメス蜂は働き蜂となります。一方、女王蜂となるメス蜂は孵化してから生涯に亘りローヤルゼリーを食べ続けるのです。
(途中省略)
このように、遺伝子的に全く同じ受精卵を働き蜂と女王蜂に分化させるのはまさにローヤルゼリーの神秘的な力といえるでしょう。

成虫となった女王蜂と働き蜂を比較すると、女王蜂は体の大きさが2~3倍、寿命が30~40倍にもなり、また、卵を産むことができない働き蜂に対して、女王蜂は毎日約1,500個もの卵を産み続けることができるなど、特徴や能力が大きく異なります。体型や能力は、生まれつき、つまり“遺伝子”によって決まっていると考えられてきましたが、生後の食べ物によってそれらが決まるというのは驚くべきことです。

ローヤルゼリーとは | ミツバチ産品研究 | みつばち健康科学研究所 から引用

このローヤルゼリーを酵素分解してから摂取すれば、筋萎縮の予防及び筋損傷後の回復の一助になるかもしれません。

酵素分解ローヤルゼリー

「ミラクルクイーン」は、北海道アンソロポロジー(旧・北海道養蜂センター)が20年以上向き合って完成した”本物”のローヤルゼリーです。生ローヤルゼリーだけをぎゅっと圧縮たサプリメントです。

「ミラクルクイーン」は、たんぱく質をあらかじめ酵素分解しています。体内での分解を待たずに効率よく吸収されるローヤルゼリーを目指しています。

安くないサプリメントですが、リピート購入の80%は定期購入されています。

※公式ページは女性向けに書かれています。

コメント