次亜塩素酸水「除菌水ジーア」でウイルス対策

この記事は約6分で読めます。
手洗いは感染防止の基本

このページは、アルコール除菌と同様に手指の除菌に使える「除菌水ジーア」の紹介です。

手荒れが生じないのでアルコールより優秀でしょう。ドアノブや家具などの除菌にも使用できます。

強力な消臭効果もあります。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク          

はじめに

新型コロナの影響で、アルコール消毒液が足りずに各所で困っています。

新型コロナ禍になってから、私は販売用に陳列しているのを見かけたことがありません。アルコール消毒液は、医療機関でも使われるので心配です。

ところで、次亜塩素酸水をご存知でしょうか?

次亜塩素酸水

アルコール消毒液で手指を消毒すると、油分が抜けてしまい手が荒れませんか? 次亜塩素酸水なら手荒れとは無縁です。

次亜塩素酸水は安全性が高くて除菌に使えます。それなのに、あまり知られていないし、ドラッグストアでも見かけないと思います。

それはなぜでしょうか?

アルコール消毒液に比べてデメリットがあるからです。

  • アルコール消毒液のようには長期保存できない(製造から半年程度)
  • 紫外線に弱いなど、保管に気を使う

除菌水ジーア」のように定期便を利用すれば、使い切れるので長期保存や保管のデメリットは解消されます。

消毒ではなく除菌

次亜塩素酸水は、法律の観点で特殊な存在です。ここで、次亜塩素酸水の安全性や効果を明確にお伝えしたいのですが、薬機法があるのでできません。

次亜塩素酸水は優れた殺菌消毒効果を持っていますが、医薬品として認定されていないため「除菌消臭」としか表記ができません。また人体への安全性が証明されていながら、医薬部外品ではないためその利用は「自己責任」となります

次亜塩素酸水と「薬機法(薬事法)・医薬部外品」の注意点 から引用

引用元では、背景を分かりやすく説明しています。

医師による解説

下記の10分弱の動画では、次亜塩素酸水について正しくやさしく説明しています。理解しやすいと思います。

【医師が解説】正しく知ろう次亜塩素酸水

除菌水ジーア

除菌水ジーアは次亜塩素酸水です。次亜塩素酸ナトリウムは素肌に使えませんが、次亜塩素酸水は安全です。

除菌水ジーアは、下記のように使えます。(公式サイトから引用)

  • 希釈せずにそのまま使えるから有効濃度が安定
  • ウイルスや菌を99.9%瞬間除菌
  • 風邪がひけない受験生対策に
  • ペット臭やタバコ、布団・枕の臭いを瞬間消臭
  • アルコール除菌に変わる手指の除菌に
  • ベビー用品やおもちゃ、哺乳瓶の除菌に

定期便

「除菌水ジーア」は4週間ごとに9.6L(3.2Lを3袋)が届く定期便です。製造から6ヶ月(開封から3ヶ月)の保存期間ですので定期便が便利です。

次亜塩素酸水は、長期保存できないので定期便が便利です。

「除菌水ジーア」の規定利用期間は「2年かつ除菌水ジーア購入回数26回」です。

「2年かつ除菌水ジーア購入回数26回」に満たない内に解約すると、解約違約金(10,000円)が掛かります。

契約期間中、2ヶ月間は無料でスキップできます。

「除菌水ジーア」の規定利用期間は長いですが、新型コロナの終息にはもっと長い月日がかかると思います。

我々がワクチン接種できるには、少なくとも12〜18ヶ月かかるのではないでしょうか?

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」| Wired をご覧になれば、ワクチン開発に時間がかかることが分かるでしょう。

よくある質問

公式サイトのよくある質問を転載します。質問をクリックすれば、回答をご覧になれます。

消費期限は、製品もしくは外箱記載の製造日から約6ヶ月以内(開封後3ヶ月以内)です。
ただし、開封後は除菌効果が最大限に発揮できるようにお早めにお使いください。

また次亜塩素酸水は、紫外線や熱に弱い性質があるため、冷暗所に保管してください。

除菌水ジーアは、希釈せずにそのまま超音波加湿器に入れて空間噴霧してください。
また、キッチンや玄関、トイレなどの臭いやウィルスが気になる箇所には、スプレーボトルに充填して、直接噴霧してお使いいただくことも可能です。
 
※1.加熱式加湿器など、次亜塩素酸水が使用できない加湿器もあるので、取扱説明書をご確認ください。

次亜塩素酸水とアルコールの大きな違いは、除菌消臭力、安全性、そして使い方の違いです。
次亜塩素酸水は、エンベロープウイルス(脂質からなる二重膜があるウイルス)や、ノンエンベロープウイルス(脂質からなる二重膜がないウイルス))の除菌に効果があるのに対し、アルコールはエンベロープウイルスにしか効果がなく、ノンエンベロープウイルスには使えません。

さらに安全性においては、次亜塩素酸水は人体に無害ですが、アルコールは刺激があり、手が荒れる可能性があります。

使い方の違いでは、アルコールは、対象物が濡れていると効果が激減しますが、次亜塩素酸水は対象物が濡れていても効果を発揮します。

次亜塩素酸水は、アルコール除菌に比べて安全性が高く、有効ウイルスの対象範囲が広く、多方面で使える特徴があります。

次亜塩素酸水のデメリットは、「保存期間が短い(製造日から6ヶ月)」ことです。次亜塩素酸水があまり知られていないのは、保存期間が短く店頭販売に適していない為です。

除菌水ジーアの成分は、有効塩素濃度60ppmのph5-6.5の安全性が認められている微酸性次亜塩素酸水(混合式)です。

除菌水ジーアは、塩素濃度60ppmに希釈しているのでそのまま超音波式加湿器※1に入れてお使いいただけますが、下記の注意点があります。

次亜塩素酸水は、超音波式加湿器をお使いください。
水温40度を越えると効果が薄れてしまうため、スチーム式加湿器やハイブリット式には適しません。また気化式加湿器は、気化させる際に次亜塩素酸が反応してしまう可能性がある為塩素濃度が低下する可能性があります。

※1.超音波加湿器でも、塩素対応していない加湿器などは、次亜塩素酸水が使用できない場合ものあるので、取扱説明書をご確認ください。

除菌水ジーアは、お客様のペースに合わせて、1〜4週間からお選びいただけます。
また長期利用されない場合などは、2ヶ月間は無料スキップが可能です。
なお、2ヶ月を超えて連続してスキップされる場合は、月1,000円(税抜)でスキップすることが可能です。

除菌水ジーアは、ご家庭のウイルス対策から、美容室や整骨院、クリニックなどのお店や会社の事務所や待合室等、法人個人問わずご利用いただけます。

エアコンを使いながら除菌水ジーアを利用いただいても問題ございません。エアコンは換気をせずに室内の空間を循環させるだけですので、除菌水ジーアを利用いただくと、より快適にお過ごしいただけます。

まとめ

次亜塩素酸水は、手荒れもなく安全で手指の除菌に使用できます。ドアノブや家具の除菌にも使えます。

次亜塩素酸水は、長期保存できません。使用に適した濃度に薄めるのも面倒です。

除菌水ジーアは定期便ですので、長期保存の心配をせずに「希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水」が届きます。

除菌水ジーアがあれば、日々の除菌に困ることはなくなるでしょう。

コメント