2本収納メガネケース

濃さの異なるサングラスを持ち歩くときや、度数の異なる老眼鏡を持ち歩くときなど、メガネケースが増えて、荷物がかさばり、困っていませんか?

本記事で紹介する「2本収納メガネケース」を使用すると、荷物がコンパクトに納まります。

わたしは「2本収納メガネケース」に、度数の異なる老眼鏡を入れて持ち歩いています。普通のメガネケースを利用した場合より、荷物は軽量化され、コンパクトに納まっています。ほんのわずかな違いのハズなのですが、感覚的に荷物がスッキリします。

また、「2本収納メガネケース」では、カバンからケースを取り出して、望みの度数の老眼鏡を取り出します。「望みの度数の入っているメガネケースをカバンから取り出す」のではありません。この違いは手探りでカバンからメガネケースを取り出せることを意味します。これは混雑した電車などでは、とても助かります。

本記事では、軽量&コンパクトな「2本収納メガネケース」を紹介します。最後までご覧頂ければ、「2本収納メガネケース」の魅力が伝わり、ご自身にあったメガネケースを選択できることでしょう。

ソフトケースですが、「3本収納メガネケース」を追記しました。

老眼鏡を2本、持ち歩く

老眼鏡の選択には苦労しましたが、現在は、異なる度数の老眼鏡を取り替えながら使用しています。老眼鏡をどのように選んでいるかは、下記の記事に書きました。

普段は、異なる度数の老眼鏡を取り替えながら使用しています。外出時においても、複数の老眼鏡を取り替えながら使うために、何本もの老眼鏡をカバンに入れたくなります。しかし、ほとんど場合、2本あればなんとかなります。

メガネケース

卓上で取り出しやすいメガネケースと、カバンに入れるメガネケースでは、求める使い勝手が異なります。2本以上のメガネを持ち歩くには、それなりに軽量&コンパクトでないと不便です。

2本収納メガネケース

紹介するメガネケースは、軽量&コンパクトです。表面が滑りにくい素材なので、卓上での使い勝手も良好です。

コンパクト

上側と下側で互い違いに収納することで、コンパクトを実現しています。

2本の識別(ツートンカラー)

2本のメガネは、ツートンカラーの色で見分けがつきます。マグネット式なので、取り出しやすく収納しやすいです。机の上か、膝の上におければ、片手で取り出せ、片手でしまえます。

わたしは度数0.75を黄、度数1.00を黒にしまっています。ツートンカラーは想像以上に便利です。

軽量

アルミのため軽量(135g)です。わたしが持っている他のハードケース(1本入り)より軽量です。しっかりしたソフトケースに匹敵する軽さです。

軽量と引き換えに、堅牢さは少し犠牲になっていると思います。しかし、カバンの中で潰れない程度の丈夫さはあります。

外観、手触り

「レザー調」と謳ってますが、「合皮調」と言いますか、しっとりした樹脂の感じです。細かい凹凸もあり滑りにくい表面ですので、メガネを取り出しやすく、しまいやすいです。

カラー・バリエーション

カラーは上記のイエローの他、グリーン、ピンク、グレー、ブルーの全部で5色です。ハッキリとした色使いです。

わたしは、普段の持ち物は、落ち着いた色を好みますので、少々好みと異なるカラー・バリエーションです。しかし、カラーと素材のマッチングを考えると、組み合わせとして良い感じですので、これはこれでアリだと思います。

3本収納メガネケース(ソフト)

3本収納できるメガネケースを紹介されました。ソフトケースなので用途を選びますが、限界のコンパクトさで、3本収納できます。カバンがハードケースなら、ソフトケースの方が便利かもしれません。上質な小物入れとしても使えます。Amazonで取り扱っています

”GLASSES×3(グラス・タイム・スリー)”[Planet company]

コメント