旅先でコーヒーを味わうために

出張/旅行/遠征などで自宅を離れたとき、コーヒーの用意に困ったことはありませんか? 自宅にあるコーヒーセットを持参して、いつものように淹れることが出来れば、何の問題もありませんがなかなかそうはいきません。

この記事では、現在、わたしが採用している方法を紹介します。コーヒーについて、納得の上、ガマンできる方法で準備しておけば、旅先でムダに困ることがなく、充実した時間を過ごせると思います。この記事を最後までご覧になれば、あなたにとっても納得できる方法で、コーヒーを準備できることでしょう。

なお、本記事には個人的な感想が含まれるので、すべての方にあてはまるものではありません。

淹れたコーヒーを味わう

わたしはコーヒー中毒と言ってもいいでしょう。コーヒー無しでの生活はできません。毎日、コーヒーを欠かすことができません。特に、朝はちゃんと淹れたコーヒーを飲みます。しかし出張/旅行/遠征などでは、お金を払っても、コーヒーが飲めないときがあります。特に、早朝にコーヒーを飲ませてくれるホテルやお店は、ほぼありません。

もちろん、ワガママばかり言っているわけにもいかず、缶コーヒーやインスタントコーヒーでガマンするときもあります。しかし、朝はちゃんと淹れたコーヒーを味わいたいです。

旅先の実情

昔は喫茶店のない街など、ありふれていましたが、現代は、地方に行ってもコーヒーが飲めるようになりました。ファミリーレストランがあれば、コーヒーもあるでしょう。しかし、早朝に飲めるとは限りません。

ホテルの朝食バイキングに、コーヒーが用意されていることもあります。おいしいコーヒーがある場合もありますが、そうでない場合も。多くは加熱しすぎたコーヒーで、変質してしまい、残念なものになっています。そのへんを理解して欲しいですが、まだまだ望めないでしょう。

コーヒーメーカーなど、淹れた後に加熱し続けると、すぐに変質してしまいます。

6時前には淹れたコーヒーを味わいたい

わたしはいつでもどこでも、遅くとも毎朝5:30には起床します。その理由は次の通りです。

  • 毎朝、なるべく同じ時刻に起床する
    • 各地の試合に出掛けることを考慮してもこと
    • 通常より早く起床すると、コンディションに悪影響がある

実際は、3時や4時に起きる必要があるときがありますが、毎朝3時4時に起きるのはムリなので5:30にしています。そのため、地方に行っても5:30に起床します。

起床後、すぐに朝食をとって、淹れたコーヒーを味わいたいのです。

ホテルのコーヒー

ビジネスホテルでフリードリンクとして、コーヒーが用意されていることが多くなりました。 しかし、残念なことに不味過ぎることが多いです。有料で構わないから、ある程度、味にこだわって欲しいです。

立派な観光ホテルでは、ちゃんとしたコーヒーを飲めるお店があるところがあります。値段も立派ですが。でも、6時前の早朝は飲めないです。朝食バイキングにちゃんとしたコーヒーがあるときもありますが、残念なことに、6時半頃からです。

コーヒーセットを持参する

仕方が無いので、コーヒーは自分で用意しています。念のため、事前に給湯設備がホテルの客室にあることを確かめています。

drink_coffee.png

本当は、コーヒー・ドリッパーとミルを持参したいです。しかし、荷物になりますので、下記でガマンしています。  

  • ドリップコーヒー
  • 携帯ポット

ドリップコーヒー

ドリップコーヒー(一杯ずつ淹れられるように、小分けされたティーバッグに紙の台が付いたもの)は各社からいろいろな商品が出ています。

そんなに多くの商品を試したワケではありませんが、薄味が多いです。 豆が少ないのかなと思ったら、8g使用のものが多いです。やはり、豆は多めに使った方が美味しいです。どんなにおいしい豆でも、量が少な過ぎるとドリップで淹れるのは難しいです。むしろ、豆の質がすこし劣っても、多めに使って淹れた方がおいしいともいます。

というワケで、10g使用している「小川珈琲店 有機珈琲コレクション ドリップコーヒー 10杯分」を愛用しています。

コーヒー豆には好みがありますので、当然、すべての方にオススメしようとは思わないです。しかし、「小川珈琲店 有機珈琲コレクション ドリップコーヒー 10杯分」は3つの味が楽しめるバラエティパックになっていますので、すべてが好みに合わないということは無いと思います。次の3種類が入っています。

  • オリジナルブレンド … 調和のとれたまろやかな味わい
  • フェアトレードモカブレンド … 香り高く爽やかな味わい
  • バードフレンドリーブレンド … 芳ばしい苦みと濃厚な味わい

私の好みは、「オリジナルブレンド、バードフレンドリーブレンド > フェアトレードモカブレンド」です。そのため、最後は「バードフレンドリーブレンド」ばかりが残りますが、不思議なもので「飲みなれるとおいしい」感じがします。

小川珈琲 有機珈琲 コレクション : ドリップコーヒー : 商品情報 : 小川珈琲

必ず現地で入手できれば良いのですが、そうはいかないので持参してます。

豆と紙のフィルタ、紙の台紙(ドリッパー)が個別包装されています。そのため、とても軽いので、助かっています。

携帯ポット

ホテルの部屋に、コーヒーの味を引き立てるコーヒーカップはありません。とても残念です。コーヒーカップを持参したり、現地で調達するのも良いですが、なかなかそうはいきません。ホテルの部屋のコーヒーカップや湯のみを使うことがありますが、持参した携帯ポットでガマンするのも悪くありません。

携帯ポットがあれば、朝に携帯ポットにも入れて、出掛けるときに持参することもできます。わたしは「タイガー 水筒 360ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル」を愛用しています。

現代のポットは、驚くほど軽量、さらに、丈夫で保温力もあります。使うシーンを考えて、携帯ポットを持参するのも良いと思います。

ポットに淹れたコーヒーは、時間の経過とともに味が劣化します。このとき、おいしい豆を使えば、それなりにおいしく味わえます。加熱しすぎたコーヒーとは、まったく異なります。

リッチなら

現実はさておき、もしも、スポーツ・トレーナーや料理人を雇えるほどリッチなら、お気に入りの豆/こだわりの豆とドリップできるセットを運んでもらいます。

淹れてもらうか、淹れることも楽しむかはそのとき次第。

ジャコウネコ コーヒーも味わってみたいです。

ジャコウネココーヒーの飲み方
インドネシアのコーヒーの王様「コピ・ルピア」について取り上げたサイトです。コピ・ルピアとは何なのか。ジャコウネコって何。糞からできたコーヒーとは。その他にも、コーヒー豆の種類やおいしいコーヒーの淹れ方などもご紹介します。

ドリップマシン

もしも車を使うのなら、ドリップマシンという選択肢もあるでしょう。地方でも自宅でも朝は忙しいので、「淹れる楽しみ」を少しだけ削り「淹れてくれる楽しみ」に変えても良いと思っています。

UCCドリップポッド頒布会

定期便で届く、月変わりのコーヒーを手軽に味わえます。

専用マシン付です。メンテナンスも容易で、片付けも楽です。

歴史ある評判のコーヒー豆

銀座カフェーパウリスタ

有機無農薬のコーヒーです。銀座カフェーパウリスタで人気No.1の「森のコーヒー」と月変わりコーヒーが毎月届きます。

銀ブラの語源は「銀座カフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みにいく」です。

“銀ブラ”の語源はこの店!ジョンレノンも通った銀座「カフェーパウリスタ」
明治維新後、新しい繁華街として脚光を浴びるようになった銀座のレンガ街。東京のにぎわいの中心が日本橋から銀座へと移り、今も東京と言えば銀座を連想する人が、特に地方在住者には多いと思います。銀座には老舗の名店が軒を連ねており、多くの人を魅了して