6号ボールで練習する

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング
6号、7号、重いボール、大きいボール

男性であっても、6号ボールで練習することは、価値があると思います。

きっかけ

きっかけは、男女混成チームが出場できるシニア大会で、試合球として6号ボールが使われたことです。7号ボールだけを長い間使っていると、6号ボールでは、シュート/パス/ドリブルのすべてでボールを扱いきれず、もどかしい思いをします。

6号ボールを使用するローカルルールについては、下記の記事で書きました。

両チームの承諾が必要ですが、6号ボールを使用するのは、親善試合だからです。親善試合ではありますが、試合ですから、そりゃあ勝ちたいです。どのような試合であっても、何らかの勝利に対する行動をしなければ、対戦相手にも失礼だと思うのです。

上手な女性

女性の中には、6号であっても7号であっても、何の問題もなくドリブル/パス/シュートをこなすプレイヤーが数多くいます。男性顔負けのプレイヤーも良く目にします。この事実から、練習さえすれば6号も7号も扱えることを意味していると捉えました。

シュート

とはいえ、6号ボールで普通に練習する機会は、ほとんどありません。そこで、シュートだけは、継続的に練習するように努めています。

感覚とフォームが適切なら、どんなボールでも問題無くシュートできるハズとの前提で、取り組んでみると、7号ボールに対する感覚も少しだけ鋭敏になれた気がします。

7号ボールの状態が良くないものであっても、それなりの自信を持って扱える気がします。

  • 大きいボールであっても小さいボールのように扱う
  • 小さいボールであっても大きいボールのように扱う
  • 重いボールであっても軽いボールのように扱う
  • 軽いボールであっても重いボールのように扱う

心構えと感覚を研ぎすますのに、6号ボールは役に立つと思います。

ドリル

各メニューを6号/7号で行うと、自分の未熟さに驚きました。6号でタッチをつかむと7号でタッチを失う、7号でタッチをつかむと6号で失う、身に付いてないスキルなのでしょう。

  • フリースロー
  • ドリブル(左/右)&ジャンパー
  • バックステップ/サイドステップ(左/右)&ジャンパー
  • 3pt

もう何年間も続けています。少しだけマシになったかなぁ、といったところでしょうか。

本来なら、ドリブルやハンドリングも行いところですが、時間と相談して、今のところ、あきらめています。

6号ボールを使用するのは、練習時間の前半に限っています。後半に使うと、休んでいる間の長期記憶への変換で、無用なモノが染み付くような気がするためです。

特別関連記事

下記の記事には、大きい/小さい/重い/軽いボールに関する記事へのリンクがあります。

コメント