チーム運営の課題

スポンサーリンク
チーム運営の課題

チーム運営の課題(15)ヘルプをお願いする

チームスポーツで草試合や市民大会に参加している皆さんは、参加者の確保に苦労されていることでしょう。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(14)JBA登録から見る情報格差社会

今年度、日本バスケットボール協会(JBA)への選手登録は、「チーム運営の課題」という小さな問題ではなく、もっと大きな社会的な問題を表している気がします。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(13)JBAへの登録2019

2018年度は、システム障害で春に登録できず、秋から登録できるようになりましたが、シニアチーム独特の問題もあり、苦労しました。その一部始終は、既に記事に書きました。 さて、2019年度になり、JBA登録の時期になりました...
チーム運営の課題

チーム運営の課題(12)選手登録

スポーツ大会によっては、チームの登録のみならず、選手個人を登録します。率直なところ「ただの市民大会なのに、本当に、個人の登録が必要ですか?」と思いますが、主催者が求めているのですから、従わざるを得ません。 混乱したJBA登録...
チーム運営の課題

チーム運営の課題(11)集金

クラブチームの活動では、必ず出費が伴います。用具など、個人も出費が伴いますが、練習場の使用料、試合に出場するための登録費&参加費などチームとしての出費があります。 そのため、メンバーから集金して、支払う必要がありますが、面倒な集金作業と、些細な問題が伴います。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(10)さっきのお手紙ご用事なあに?

シニア世代のメールに関する苦労は、若い世代の皆さんには到底想像できないでしょう。 シニア世代のある割合は、「新しいモノ/新しいこと」を避けようとします。それは、いつの時代もあることなのかもしれません。 この実話は、笑い話ではありません。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(9)ドタキャンとドタ参

ドタキャンはまだしも、「ドタ参」なんて言葉は使いたくないですが、試合における、急な欠席/急な参加は迷惑な行為です。 シニアチームの実情には、驚くことでしょう。若い人には、想像すら出来ないことでしょう。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(8)試合の出欠確認

試合の出欠確認をメールで行っていますが、ペットボトルのリサイクル回収同様、上手くいかないです。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(7)チームは方言を持つ地方のようなもの

クラブチームは方言を持つ地方のようなものであって、「郷に入っては郷に従え(ごうにいってはごうにしたがえ)」なんだと思います。
チーム運営の課題

チーム運営の課題(6)JBAへの支払い

チームが存続するためには、競技ができること以外にもいろんな物事に対処しなければならないです。チームは社会の縮図であって、ここで明らかになる課題は、社会の課題なのかもしれないです。JBAへの支払いは面倒なことになりました。
スポンサーリンク