マッサージ道具はテニスボールよりラクロスボール? それともダイソーのリフレッシュボール?

この記事は約6分で読めます。

ダイソーのフィットネス、トレーニンググッズは、統一感のある新しいパッケージになり、新製品や改良品が登場しています。

100均という値段にこだわり過ぎず、商品ラインナップの充実が進んでいます。

これから紹介するダイソー・リフレッシュボール(RELAXATION BALL)も比較的新しい商品です。

リフレッシュボールは、100均価格です。

英語表記がrefreshじゃないし、日本語表記がリラクゼーションじゃない!
ダイソーではよく見掛けるネーミング・センスです。

カラバリは2色。落ち着いた淡い大人の配色ではないでしょうか。
 

このページではリフレッシュボールの特徴がよくわかるように、テニスボール、ラクロスボールと比較して説明します。

また、マッサージ部位やマッサージ方法によっては、ツインボールや大きいボールなどの方が良く合う道具であることを紹介します。

  • テニスボールよりラクロスボール、ダイソー・リフレッシュボール
  • ダイソー・リフレッシュボールは万能ではない
    • ツインボール
    • 大きいボール(直径13cm程度)
    • 台座付きボール

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク          

テニスボールからラクロスボールへ

テニスボールを使ったマッサージは、一時的な流行ではなく根強い人気があります。それだけ多くの人に効果が実感されているのでしょう。

テニスボールは入手しやすい道具ですが、劣化します。そのため刺激が少なすぎる柔らかいボールになってしまいます。

ラクロスのボールは、テニスボールと比較すれば永遠と思えるほど長持ちします。

今ではテニスボールよりも人気があるのではないでしょうか。

通販サイトをのぞいて見れば、たくさんのラクロスボールがマッサージ用として販売されています。
 

テニスボールとラクロスボールのサイズは、下記の違いがあります。

直径重さ
テニスボール(規格)6.54 ~ 6.86cm56.0g~59.4g
ラクロスボール約6cm約150g

ラクロスボールを持てば(テニスボールと比較するまでもなく)少し小さいことが分かります。

ラクロスボールがの重さは、重めのスマホ程度であり、球体なのでずっしりとした感触でしょう。

ダイソー・リフレッシュボール(RELAXATION BALL)はいいね!

質素なパッケージで店頭に陳列されています

ダイソー・リフレッシュボール(RELAXATION BALL)は、店舗にあまり置いていない印象です。

ぶら下げて陳列されている場合、重さでパッケージが開いてしまっているかもしれません。

ダイソーのリフレッシュボールの直径は、実測で6.2 〜 6.3cmです。持てば、テニスボールより少し小さいことが分かります。

ノギスは、テニスボールを計測したまま

ずっしりとした感触で、サイズ(大きさ、重さ)はラクロスボールと同じくらいです。

片手に持って、腕、脚、胸などカラダの部位を、転がしながら撫でるのに使いやすく、満足するでしょう

素材はTPE(熱可塑性エラストマー)、大雑把にはゴムの感触だけど、長持ちします。

旅行など荷物を少しでも軽くしたい場合、ずっしりした重さが少し困りもの。
 

テニスボールより安価で長持ち、使い勝手の良いボールです。

ラクロスボールとどちらが好み?

ダイソーのリフレッシュボールは、滑らない素材でできています。

さらに表面に細かい凹凸加工が施してあるので、フローリングに張り付くようなグリップ力があります。

椅子にボールを置いて、その上に腰掛けて裏転子(股関節周辺からハムストリングスの上半分)をマッサージする使い方では、滑らないのがよく合っています。
 

滑らな過ぎが気になるのであれば、ラクロスボールの方があなたに合うでしょう。

万能ではない!

テニスボールを肩や腰の下に当てて寝転がる場合、次のような不満があるでしょう

テニスボールの不満
  • 硬さが足りないし、劣化してさらに柔らかくなる
  • 滑る
  • 大きさが足りない

ラクロスボールやダイソーのリフレッシュボールなら、最初の二つの不満は解消されます。

マッサージボールにカラダを乗せて、転がす使い方の場合、テニスボールのサイズでは高さが足りず、ボールが服を巻き込んだりボールがカラダに埋もれるので転がしにくい問題があります。

マッサージボールにカラダを乗せて、ボールをカラダの下で転がす使い方では、テニスボール・サイズではなく他のマッサージボールを用意した方が良いでしょう。

以降では、他のマッサージボールを紹介します。

カラダを乗せるなら(1)ツインボール

テニスボールを2個連結させたようなマッサージ道具は、人気があります。

そのため、ラクロスボールを2個連結させたような製品も販売されています。

ツインボールは、軽ければ軽いほど転がしやすいです。

軽ければ持ち運びで荷物が重くならないです。
ラクロスボール2個サイズの製品は、重過ぎます。
 

わたしがおすすめするツインボールは、パワーポジションボールです。

パワーポジションボールは、とても軽く(約100g)、ほど良い硬さです。

仙腸関節のストレッチにはパワーポジションボール! 頸椎など他の部位にも便利 では、ツインボールの使い方も含めて解説しています。

値段もラクロスボール2個サイズの製品とあまり変わらないです。
 

カラダを乗せるなら(2)大きいマッサージボール

カラダを乗せてマッサージする使い方は、フォームローラーと似ています。

マッサージボールは、フォームローラーと比較すると身体に当たる面積が小さいです。そのため、強い刺激になります。

フォームローラーは円柱なので、転がる方向が定まっていますが、マッサージボールは球体なので、どの方向にも転がります。そのため、意図する向きに転がすには、慣れが必要です。

わたしが おすすめするのは、トリガーポイントのマッサージボール MB5です。

直径は12cmありますが、重さは141gしかありません。
壊れそうな感触ですが、長いこと使用していて変形しない丈夫さです。

マッサージボールの使い方(腰部/臀部/内転筋) では、使い方を含めてレビューしています。
 
直径13cm(5インチ)程度のマッサージボールカタログ では、同程度のサイズのマッサージボールについて調査してまとめています。
 

カラダを乗せるなら(3)台座付きボール

小さなマッサージボールの表面に、突起が付いているものを見掛けます。

突起によってマッサージの刺激が異なりますが、短い突起では(肌の痛さは違いますが)効果がないと思っています。大きく長い突起こそ効果があると考えています。

ランブルローラーのビースティ・ボールは、十分に大きな突起を備えています。

台座が付属していますので、カラダを乗せる使い方にも対応しています。

直径7cmくらいで重さは約100gです。
金平糖(こんぺいとう)」とも呼ばれています。

高額なマッサージボールですが、研究・開発費を想像すると納得です。
 
created by Rinker
セルフボディケア・ジャパン

ソフトタイプ:ホワイト
ハードタイプ:イエロー

おわりに

ダイソー・リフレッシュボールを紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

わたしはほぼ毎日、椅子にリフレッシュボールを置いて、その上に腰掛けて裏転子(股関節周辺からハムストリングスの上半分)をマッサージしています。

疲労やこりを感じていなくても、マッサージしてみるとハリなど違和感があることがあります。

マッサージは不調の改善ばかりでなく、リセットの役割があると思います。

日常的に大きいボールやパワーポジションボールも使っています。あなたもいかがですか?

コメント