自宅の寝室で、自分で高さ調節できる枕「Dr.Layer」

この記事は約7分で読めます。
眠そうな顔立ちの子羊
David MarkによるPixabayからの画像
  • あなたの枕は、あなたにフィットしていますか?
  • 高さ調節できるオーダーメイドの枕に興味がありますか?
  • 今までいろんな枕を試したけど、どうしても合わない! そんな悩みはありませんか?

この記事は、自宅の寝室でスマホを使って自分に合うように調節するAI枕「Dr.Layer」の紹介です。スマホ・アプリを使い、AIの分析に従って自分のカラダにピッタリ合うように枕を調節する製品です。

寝付きが良く、朝起きたときに疲れが取れて爽快であることは、日中の生活を充実させるために大切なことです。その要因は枕に限られませんが、あなたもオーダーメイド枕「Dr.Layer」を試してみませんか?

枕が合っていないと、寝付きが悪かったり、肩こりや首のこりの他、いびきの原因、起床時の頭痛などいろいろとカラダの不調を招くことがあります。

そのため近年では、寝具メーカーや医師、整体師などがプロデュースするオーダーメイドの枕が流行っています。

「Dr.Layer」は、オーダーメイドの枕です。スマホを使ってAI技術を利用した分析を行い、その結果に従って、自分で自分用の枕に調節します。オーダーメイドは和製英語だから、こだわっても仕方がありませんが、厳密には、出来合いではない自分であつらえた枕です。

この記事をご覧になれば、「Dr.Layer」のどのような仕掛けで自分であつらえることが出来るのか、ご理解いただけるでしょう。

普通のオーダーメイド枕は、微調整できませんが、「Dr.Layer」は微調節はもちろんのこと、なんなら最初からやり直すことだって可能です。あなたも枕を調節することで、充実した生活を送ってみませんか?

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

はじめに

自分にフィットしていると思い込んでいる枕の高さと、オーダー枕の高さは違いました。

自分にフィットしていると思い込んでいた枕では、起床時に肩や首、背中、腰のハリを感じます。もちろん、枕だけが原因ではないかもしれません。

起床してからのストレッチで解消されるから問題ないと考えていました。しかし本来、カラダを休めるハズの睡眠なのに、起床時に肩や首、背中、腰のハリを感じていたのでは問題です。

爽快な目覚め

ホテルの寝具が不慣れなため違和感を感じていたのに、朝起きてみたら、いつもよりスッキリと爽快に目覚めたことはないでしょうか?

もしかしたら、そのホテルの寝具があなたに合っていたのかもしれません。

慣れないものには、違和感を感じます。だから、ホントはフィットしている寝具でも、慣れていなければ違和感があるでしょう。でも、違和感は慣れれば消えてなくなります。

求めるものは起床時のコンディションではないかと、年を重ねるごとに痛感します。充実した日中の生活を送るためには、睡眠の質が必要だと実感します。

自分であつらえる枕「Dr.Layer」

「Dr.Layer」は、快眠グッズの製造直販で有名なムーンムーン株式会社さんが提供するオーダー枕です。ムーンムーン株式会社さんの光目覚まし時計については、「朝、太陽光の強い刺激を浴びよう!」で既に紹介しています。

自分の寝具の上で、自分のカラダにピッタリ合うように枕を調節できる「Dr.Layer」

オーダー枕は流行もあって、世の中に数多くの商品があります。その中で「Dr.Layer」が優れている点は次の通りです。

  • 自分の寝具の上で、自分のカラダにピッタリ合うように枕を調節できる
    • 店に行かずに調節できる
    • 再度、調整できる
    • 睡眠インストラクターに相談できる
  • オーダー枕にしてはとても安価

高さ調節の仕組みは、シート状素材の組み合わせ

厚さの異なる多数のシート状素材で構成される「Dr.Layer」

「Dr.Layer」の調節の仕組みは、シート状のまくら素材を組み合わせることで行います。

次の30秒ほどのCMをご覧になれば、シート状のまくら素材で5mm単位の高さ調節が出来る全貌をつかめるでしょう。

【日本初!】高さ調整AI枕【 Dr.Layer( ドクターレイヤー )】ムーンムーン 安心の日本メーカー

商品は、ハードとソフトの2タイプあります。ハードが8シート、ソフトが7シートで構成されています。(いろいろな厚さのシートの組み合わせです)

ソフト:やわらかくやさしい寝心地
ハード:適度な硬さでしっかりと支える寝心地

加えて、左右両端には横向き用のシートがあります。

真っ平らな枕ではなく、横向きで寝るときには、枕の高い部分を使えるように工夫された枕です。左右両端が横向き用に調節できるようになっています。

吸湿シートが含まれていますので、熱がこもりにくく蒸れにくい工夫がされています。

高さ調節をガイドするスマホアプリ「Pillow Consultant」

オーダーメイド枕「Dr.Layer」の高さ調節に使う、スマホアプリ「Pillow Consultant」は寝室で使う

高さ調節のガイドには、スマホを使用します。

ムーンムーン株式会社さんの提供する、スマホアプリ「Pillow Consultant」は、Webアプリ(Webページ)ですのでインストール不要です。公式ページにURLとQRコードがあります。

スマホアプリ「Pillow Consultant」は、会員登録して使用します。

初期の調節をして枕を使用し、その使用感をフィードバックして再度調節していきます。そのため、カラダの基礎データ(身長や体重)や枕の状態(使用しているシートの並び)を再度入力すること無く使用するためには、会員登録が必要だったのでしょう。

初期の調節のために、好みの硬さ(硬め/ふつう/柔らかめ)、好みの高さ(高め/ふつう/低め)、寝るときの状態(仰向け/うつぶせ/横向き/その他)、起きたときの状態(仰向け/うつぶせ/横向き/その他)を入力します。

下記の1分ほどの動画をご覧になれば、スマホアプリ「Pillow Consultant」を使用して「Dr.Layer」を調節する全貌が良く分かるでしょう。

【日本初!】高さ調整AI枕【 Dr.Layer( ドクターレイヤー )】ムーンムーン 安心の日本メーカー

スマホアプリ「Pillow Consultant」を使用した「Dr.Layer」の調節には、システム上対応範囲が限られています。

身長140cm未満の方は、利用できません。
身長181cm以上の方には、ハードタイプが推奨されています。

再調整

再調整では、仰向けや横向きでの感触を、指示に従い入力します。すると、即座にシートの組み合わせ方を提示してくれます。

例えば、仰向けの高さを高くする場合には、追加するシートを指示してくれます。

このままでは、横向きの高さも高くなります。引き続き「横向きでの感触」を入力することで、シートの調節を指示してくれます。

  • 横向き用のシートが左右両端にあるので、
    • 仰向けの高さを変えずに横向きの高さを変えられます
    • 横向きは、左と右で高さを変えることができます

洗濯

外カバー、内カバーは洗濯できます。枕カバーは別に単体で購入可能です。

ウレタンフォーム、吸湿シートは洗濯できませんので、定期的に通気させます。ウレタンフォームは固く絞った布でやさしく拭くことができます。

個別相談

枕の調節に困ったら、睡眠インストラクターに個別に相談できるサポートがあります。事前に写真(枕を使用している状態の写真)を送ることで、アドバイスを受けやすくなります。

ショールーム

実際に商品に触れることができるショールームがあります。しかし、熊本ですので行ける人は限られてしまうでしょう。ショールームの所在は公式ページにあります。

口コミ

2019/10/30に発売されたばかりですので、口コミを入手でき次第、追記します。

楽天市場にはいくつかレビューがあります。もちろん、公式サイトにも口コミが記載されています。

※各種クレジットカード、代引き、銀行振り込み、Amazon Payが使えます

大手通販サイトでも購入できますが、たいていは公式サイトの方がお値打ちでしょう。通販サイトのクーポンやポイント還元などにより、通販サイトの方が少しだけ安価になる場合があります。

コメント