グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)のレビュー

3.0
この記事は約7分で読めます。

このページは、グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)のレビューです。

長さが10cmと短いことが特徴のグリッドフォームローラーミニは、持ち運びに便利です。

フォームローラーとしては驚くほど短いですが、問題なく使えます。ただし、

  • 転がすのは、少し慣れが必要
  • マッサージに時間が掛かる

グリッドフォームローラーミニの使用感、持ち運びやすさ、専用アイテムなどを説明しています。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

近年、「筋膜リリース」という言葉が流行しています。そのため、グリッドフォームローラーも筋膜リリースと関連付けられることが多いです。

筋膜リリースに関する議論
筋膜リリースに関する議論では、「そんなやり方ではリリースされない」とか「◯◯しないと筋膜には影響しない」などと言われることがあります。

具体的には、フォーム・ローラーやマッサージ・スティックがその対象になっています。 確かに、そうなのかもしれません。そして、その拘りが医学的な研究には大切なことだと十分に理解できます。

しかし、私のようにセルフ・マッサージやストレッチをするスポーツ愛好家には、良好なコンディションこそがとても大切であり、その原因が筋膜かどうかは二の次です。

私は、筋膜リリースについて神経質になり過ぎないようにしています。
 

わたしは自分の筋膜を感じることができないので、グリッドフォームローラーで筋膜リリースできたかどうかを気にし過ぎないようにしています。

なぜフォームローラーを使うか?

わたしは、フォームローラーを使った後の、カラダがリセットされた感じが好きです。リセットとは、例えば、立ったときに余計なところが力むこと無く、スッと立てているような感じです。

似ているけど異なるフォームローラーをいろいろと試していますので、写真のように増え続けています。

Stretch Pole(写真、一番上の青くて長いポール)は、練習会場などへの移動には長過ぎるので、持参できるサイズとして購入したのがGRID Foam Roller(グリッドフォームローラー)のスタンダード(33cm)です。

グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)は、グリッドフォームローラーの長さがたったの10cmの製品です。

持ち運びやすさのために、グリッドフォームローラーミニを購入しました。

グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)

グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)は、グリッドフォームローラーの中で突出して短く、だから軽いことが特徴の製品です。

モデル硬さ全長直径重量
グリッド・スタンダード33cm14cm604g
グリッド・X2倍の硬さ33cm14cm814g
グリッド・2(ロングモデル)66cm14cm1,300g
グリッド・ミニ10cm14cm212g
コア45cm14cm316g
コア・ミニ30cm9.8cm221g
グリッド・ボール13cm48g

カラー・バリエーション

並行輸入品も合わせると、オレンジピンク/ライム/ブラック… 他にもあるかもしれません。

使用感

カラダの部位別にグリッドフォームローラーミニの使用感を説明します。

大腿

フォームローラーが最もありがたく感じるのは、大腿のマッサージです。

通常サイズ(約33cm)のフォームローラーならば、大腿の前面とハムストリングスは両足同時に乗せられますので、効率よくマッサージできます。

しかし、グリッドフォームローラーミニでは、片足ずつしか行えません。

ハムストリングをマッサージするときに、大腿で隠れてしまいフォームローラーが見えません。

そのため、見て確認しながら行えないので、転がすときに無用に左右にフラフラします。しかし、慣れにより上達します。

大腿の内側と外側は、通常サイズであっても片脚ずつしか出来ません。

大腿の外側はポーズの保持が難しいマッサージですが、グリッドフォームローラーミニでは、幅が10cmしか無いのでさらに難しいマッサージになります。しかし、これも慣れにより上達します。

総じて、慣れが解決してくれますが、時間が掛かります。大きな彫刻で、最初は大胆に整えたいのに小さな彫刻刀しかない・・・そんな感じかもしれません。

裏転子

裏転子(うらてんし)のマッサージ」にも書きましたが、股関節〜ハムストリングス上部を身体と会話しながらゆっくりとマッサージするのに適しています。

通常サイズ(約33cm)のフォームローラーよりも、むしろグリッドフォームローラーミニの方がやりやすいです。

身体意識「裏転子(うらてんし)」については、「気持ちが前に向く、カラダのメンテナンス」をご覧ください。

背中

グリッドフォームローラーミニでは、背中全体をマッサージすることはできません。背骨とその両側に当てることができます。

グリッドフォームローラーミニでは、背骨とそのすぐ脇を力強くマッサージできます。

通常サイズでは、真似できません。刺激が強過ぎるので、両手で身体を支えながら、体重の載せ加減を調整しながら行なっています。

この使い方は、少々危険な気がします。メーカーさんの説明を見たことはありませんので、やらない方が良いかもしれません。

腰部周辺

グリッドフォームローラーミニは、カラダに当たる面積が小さいので、力強いマッサージができます。

刺激が強過ぎるときは、手に体重を分散させることで、マッサージの強さを調整することができます。

通常サイズのフォームローラーよりも力強く、深くまでマッサージできる気がします。

転がすときの安定性がありませんので、最初「使えない・・・」と感じるかもしれません。しかし、いつの間にか慣れてきます。

肩甲骨周辺

通常サイズのフォームローラーを肩甲骨周辺に当てるのが好みの人は多いでしょう。

グリッドフォームローラーミニでは、残念ながら、わたしは上手くできません。もしかしたら将来、背中の感覚が発達して上手くできるようになるかもしれませんが。

耐久性

グリッドフォームローラーミニは、全体重を掛けても壊れない頑丈さがあります。

作りはスタンダード(長さ33cm)と同様なので、見た目とは裏腹に耐久性も優れています。

5年以上使用していますが、まったく問題ありません。

持ち運びやすさ

グリッドフォームローラーミニは、小さいことが特徴のフォームローラーです。

フォームローラーは、使用時にはサイズがあった方が扱いやすいですが、持ち運びを考えると小さい方が楽です。

グリッドフォームローラーミニの持ち運びやすさについて説明します。

巨大ブレスレット?

グリッドフォームローラーミニは、標準サイズの人なら腕に通して持ち運びが出来るサイズです。

大きな人であっても、きっと腕を通せると思います。

同じ人が普通サイズのグリッド・スタンダードに手を通した写真です。

前腕の長さがフォームローラーより、ほんの少し短いので、肘が少し覆われることになり、腕の自由が制限されます。

グリッドフォームローラーはバッグになる

グリッドフォームローラーには魅力的なオプションパーツ(フタとストラップ)が用意されています。

TRIGGERPOINT GRID CAPS & STRAPは、とてもスタイリッシュなアイテムです。

キャップは、ただはめ込むだけの単純な構造です。
それなのに、中に物を入れても、簡単には外れません。
ただし、バッグのようには、開け閉めが容易ではありません。
 
TRIGGERPOINT GRID CAPS & STRAPは、グリッドフォームローラーのサイズによらず使えます。
もちろん、グリッドフォームローラーミニにも使えます。
詳細は「GRIDフォームローラーはバッグになる」をご覧ください。

ボールの展示台になる

ボールの展示台として、ちょうど良い大きさです。

クリーナーやワックスを掛けたボールを一時的に置いています。

収納しやすさ

ランブルローラーと合わせると、安定して立たせることができます。

ランブルローラーの両端1cm程度が、ちょうどグリッドフォームローラーに安定して収まります。

まとめ

グリッドフォームローラーミニ(GRID Foam Roller Mini)のレビューをお届けしました。いかがでしたでしょうか?

フォームローラーはサイズが大きくて、持ち運びが永遠の課題です。グリッドフォームローラーミニは、長さを10cmとすることで課題を解決しています。

短いことで使い勝手が少し犠牲になっています。

そのため、グリッドフォームローラーミニを宿泊を伴うような遠征に持参したことはありません。

遠征先ではじっくりマッサージする時間があるので、通常の33cmあるグリッドフォームローラーの方が便利です。

近い場所に電車で出かける時、使わないかもしれない時などは、グリッドフォームローラーミニの出番です。

コメント