フォームローラー、MotomoとReodoeerの比較

この記事は約5分で読めます。

凸凹のフォームローラー、MotomoとReodoeer、どちらを買うか迷っていませんか?

両方を使用した結果、わたしならMotomoを選びます。

このページでは、Rumble Rollerを毎日使っている私が、MotomoReodoeerの詳細をレビューします。

あなたに合うのは、Motomoでしょうか? Reodoeerでしょうか?

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

Rumble Roller(ハードフォーム)

伝統と実績のあるRumble Roller、その凸凹の形状は独特で、根強い人気があります。

凸凹の形状の強い刺激によるマッサージは、刺激が強すぎるので万人向けではありません。

とは言え、最初痛すぎるように感じても、慣れるので多くの人が使えると思います。

現在では、Rumble Rollerを真似たような製品がたくさん販売されています。

その中でもMotomoReodoeerは、安価で丈夫です。

どちらも丸洗いでき、清潔に使用できます。

MotomoとReodoeerは、似ているサイズ・形状・販売価格ですが違いがあります。

以降では、違いがよく分かるように説明します。

カタログデータ

Rumble Roller, Motomo, Reodoeerのカタログデータは、下表の通りです。

サイズ耐荷重素材参考価格
(amazon)
Rumble Roller
スモールサイズ
ハードフォーム
全長:31cm
直径:13cm
重量:350g
N/AEVA/ポリオレフィン混合7,150円
Motomo全長:32cm
直径:12cm
重量:480g
200kgEVA(熱可塑性合成樹脂)1,270円
Reodoeer全長:33cm
直径:13cm
重量:520g
200kgEVA、
PVCパイプ
1,060円

実際のサイズ

カタログデータはなぜか大雑把です。全長と直径を実測値で書き直すと次のようになります。

併せて、刺激の強さについてコメントを添えます。

サイズ刺激の強さ
Rumble Roller
スモールサイズ
ハードフォーム
全長:31.8cm
直径:12.2cm
スーパーハード
Motomo全長:32.2cm
直径:12.2cm
ハード
Reodoeer全長:32.5cm
直径:11.4cm
ソフト
(柔らかい材質で突起が低い)

つまり、Rumble Roller, Motomo, Reodoeerは、ほぼ同じ大きさです。

突起の数(1周8個、8列)も同じです。

重さの違い

フォームローラーの使い方は、カラダを乗せてマッサージしますので、フォームローラーが重ければシッカリとマッサージできるものではありません。

フォームローラーの重さはマッサージの強さに関係ありませんが、フォームローラーは軽ければ軽いほど、カラダの下で転がしやすいです。

そのため、軽さはとても重要です。

  • Rumble Rollerは、驚くほど軽い(350g)
  • Motomoは、Rumble Rollerよりスマホ1台程度重い(480g)
  • Reodoeerは、Motomoよりスマホ半分程度重い(520g)
持ってみれば、Rumble Rollerは大きさからのイメージと違い、驚くほど軽いです。
MotomoとReodoeerの違いは40gですが、持てばハッキリに分かります。

Reodoeerは、柔らかいこともあり転がしやすさは、Motomoより劣ります。
とは言え、使い慣れれば問題ない程度でしょう。
 

突起

Motomo(上)
Reodoeer(下)

突起の形状と硬さは、刺激の強さとなって感じられます。

まず、形状についてまとめると次のようになります。

突起の形状
  • Rumble RollerとMotomoはソックリな突起
  • Reodoeerは、突起の山が低く、なだらか
Rumble Rollerの外観
Motomoの突起
Reodoeerの突起

硬さは次のようになります。

突起の硬さ
  • Motomoは、Rumble Rollerよりほんの少しだけ柔らかい
  • Reodoeerは、Motomoよりずっと柔らかい

刺激の強さは、Rumble Roller > Motomo > Reodoeer となります。

まとめ

MotomoとReodoeerの詳細を説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

今一度、違いをまとめてみましょう。

  • 軽さは、Rumble Roller >> Motomo > Reodoeer
  • Reodoeerの突起は山が低く、なだらか
  • Reodoeerの突起はやわらかい

強い刺激を期待するのなら、Motomoを選びましょう。

しかし予算が許すのでしたら、Rumble Roller(ハードフォーム)の方がお勧めです。より軽くて操作しやすいです。

Rumble Rollerには、ハードフォームより刺激が弱いスタンダードフォームがあります。
Motomoは、ハードとスタンダードフォームの間くらいの刺激と言われることがあります。
私は残念ながら、スタンダードフォームを使用したことがありません。
 

あなたが刺激に弱いのなら、Reodoeerを選ぶことになるのでしょう。

しかし、本当に刺激に弱いのなら、むしろ突起の無いグリッドフォームローラーをお勧めします。

わたしが最もよく使っているのは、グリッドフォームローラーです。

わたしには、カラダのどの部位でも痛いことなどありません。(ランブルローラーは痛すぎる部位があります)

コメント