3歳から12歳のお子様がいる親御さん必見のRIZAP KIDS

運動能力向上にコミット!【RIZAP KIDS】
Gianni CrestaniによるPixabayからの画像
  • お子さんやお孫さんが運動嫌いで困っていませんか?
  • お子さんやお孫さんにスポーツの楽しさを教えてあげたいけど、運動には見向きもしてくれない。そんな残念な思いをしていませんか?

トレーニングに適した時間や、栄養摂取に適した時間をよく「ゴールデンタイム」と表現しますが、一生の内で、身のこなしを身に付けるのに適した時期(ゴールデンエイジ)は3歳から12歳頃です。この時期を逃すと大変苦労することを私は実感しています。

この記事では、お子さんのゴールデンエイジにサポートしてくれる「RIZAP KIDS(ライザップキッズ)」を紹介します。

わたしは体育が苦手な子どもでした。自然に行おうとすると、コツが分からずに出来ない、出来ないから苦手意識を持ちはじめて楽しめない・・・そんな感じだったと記憶しています。子供のときに、わたしにフィットしたアドバイスが受けられていれば、その後のスポーツパフォーマンスへの影響に大きな違いがあったと確信しています。

ゴールデンエイジの影響は、運動能力に限らないと思います。「RIZAP KIDS(ライザップキッズ)」のようなものを通して、小さな成功体験を重ねることが、運動に限らず、その後の成長過程の糧になると思います

この記事では、「RIZAPKIDS」の紹介に加えて、得られる成功体験、自己効力感、マインドセットに言及しています。お子さんにとって、適切に手をさしのべられることが、お子さんの宝ものになると思います。

本記事を最後までご覧になり、「RIZAP KIDS(ライザップキッズ)」を利用する検討に役立つことがありましたら幸いです。

運動嫌いは「不得意な科目」で済まない?

運動嫌いは、「不得意な科目」のように捉えれば、あまり深刻に考える必要がないことに感じるかもしれません。しかし、健康は一生影響する大切な一面です。運動嫌いがライフスタイルに悪影響を与えないように導くことは、とても素敵な贈り物に感じます。

スポーツを通して、親子何世代もが一緒に楽しめれば、その瞬間が有意義に感じるものでしょう。無理強いするのは最悪なスタイルですが、お子さんの心身の成長のためにもスポーツは、とても良いツールだと思います。お子さんがスポーツを楽しめるようにするためには、準備が必要だと思います。

運動嫌いのままでは、その後の人生で苦労するかもしれません。将来、スポーツ選手を目指さなくても、体育では、困ることなく楽しんで欲しいと、すべての方が願っていることでしょう。健康的な生活をおくるためには、運動は欠かせない生活習慣でしょう。

スポーツはツール

プロのスポーツ選手を目指すならば、スポーツが生活の糧となったり、人生そのものかもしれませんが、そのような人はごく少数でしょう。

スポーツは文化であり、社会に欠かせないものだと思います。特に、子供の頃のスポーツは、生きていくためのツール/学校生活を楽しむためのツール/教育を受ける環境のツール、だと思っています。

健康

その子が将来、健康に生きるためには、スポーツを楽しめる/楽しんだスポーツがある方が、とても有利だと思います。大人になってからスポーツを始める人もゼロではありませんが、スポーツを楽しむオトナのほとんどは、それまでに楽しんだスポーツの経験があります。スポーツの経験なしに、大人になってから運動習慣を身に付けるのは大変苦労することでしょう。

健康と運動は密接に関係するので、スポーツを楽しめる方が健康に生きられるでしょう。

学校

学校生活をどのように楽しむかは、人それぞれで、他人がとやかく言うものではないと承知しています。しかし、学校生活を楽しむために、本当はクラブ活動に参加したいけれど、運動に対する苦手意識などで始めることなく敬遠しているとしたら、それはもったいない話です

多くの子どもは成長過程のあるとき、取り憑かれたようにスポーツに目覚めます。そのようなスポーツを本格的に始めたくなったときのために、運動能力に苦手意識を持たずにいられることは、とても幸せなことだと思います

クラブ活動

クラブ活動などの団体行動は、他ではなかなか味わえない学びの場であり、恵まれた環境だと思います。優秀なヘッドコーチがいてもいなくても、チームが強豪であってもそうでなくても、成長に必要なことを学ばせてくれる格別な環境だと思います。

社会生活の前に経験できる環境として、クラブ活動は社会の縮図のようでもあり、挑戦できる課題があるのだと思います。

RIZAP KIDS

結果にコミットするRIZAPの紹介は不要でしょう。そんなRIZAPが提供する、RIZAP KIDSは、お子さん(3歳〜12歳)の「運動能力向上」にコミットします

RIZAP KIDS

わたしが子供の頃というより、比較的最近まで運動能力の多くが先天的に決まっていると考えられていました。しかし現在では、適切なトレーニングによって、運動能力が向上することが分かっています。

RIZAP KIDSは次の3点を掲げています。

  1. マンツーマン指導
  2. 運動能力の見える化
    1. 運動能力(7つ)をレーダーチャートで表現して、目標と過程が理解できる
  3. オンライン指導
    1. 自宅での運動を修行と捉え、毎日オンラインでサポート
RIZAPKIDS(ライザップキッズ)サービス紹介動画

カウンセリング

お子さんにどうなってほしいか? お子さんには「どうなりたいのか?」を尋ねて、個人向けにサポートしてくれます。

  • ヒアリング
    • 目的、目標をヒアリング
  • 体験レッスン
    • ヒアリングを元にオーダーメイドのレッスン
  • プランニング
    • 最適なプラン

気軽に無料体験レッスン受けて、マンツーマン指導を受けた後にまったく想定外であっても「30日間 無条件 全額返金保証」があります。詳細は下記のバナーからご覧ください。

RIZAP KIDS

成功体験

悲観的に考えれば、RIZAP KIDSに行って、一時的には体育が好きになったけど、また、運動嫌いに戻るかもしれません。仮にそうなっても、得るモノはとても大きいと思うのです。最初できなかったことが、多少苦労して、反復練習を重ねて出来るようになった。これだけでも成長過程に必要な成功体験を得たことになります。

以降では、小さな成功体験を積み重ねることが、どんなに大切で、どのように活きてくるのかをご説明します

高い自己効力感

お子さんの成長過程においては、お子さん自身が「それをできると思えるか」(自己効力感)がとても大切です。自己効力感が高いとそれを始めることを選択できますが、自己効力感が低いと行動しないことを選択する可能性が高まります。自己効力感は行動の持続にも影響します。

RIZAP KIDSでは、マンツーマン指導によりお子さんがチャレンジすることをサポートしてくれます。お子さんにとってはチャレンジし、自分の力で「やればできる」を体験することになります。お子さん自身の成功体験が自己効力感を高めることは、心理学者のアルバート・バンデューラにより説明されています。

RIZAP KIDSでの学習では、トレーナーによる励まし「できるよ!」とか、出来たときの「よく頑張ったね!」などの褒める言葉を伴います。このような言葉による説得も自己効力感を高めると言われています。

つまり、運動ができるとか、体育で困らないなどといった子ども時代の過ごし方のみならず、大人になるための成長過程における大切なことを身に付けることを意味します。

自己効力感の平易な説明は、下記の記事が参考になるでしょう。

心理学者バンデューラによる自己効力感の高める4つの要素 | ゲームを用いて貴社のチームビルディング研修,グループワーク,階層別研修をサポートします | 株式会社HEART QUAKE
今回は新入社員や若手社員の育成とも関わりのある自己効力感について書いてみたいと思います。 自己効力感とは 自己効力感や社会的学習理論で有名な、心理学者のアルバート・バンデューラによれば自己効力感を以下のように定義しています。 自己効力感とは 予測される状況に対処するために必要とされる一連の行為を、 いかに上手くなし得る...

しなやかなマインドセット

お子さんが成長して身に付ける知性などは、すでに決まっているものではありません。可能性を秘めています。努力すれば成し遂げられると信じて行動できるかどうか、失敗を恐れずに挑戦できるかどうか、がカギです。

実際にRIZAP KIDSで体験することで、努力すれば成し遂げられ、失敗を恐れずに挑戦する「しなやかなマインドセット」につながります。

ゴールに向かってやり抜こうとするポジティブな考えは、成長過程の途中で急に備わるものではなく、小さな成功体験を積み重ねることによって、ゆっくりと醸成されるものです。

マインドセットの平易な説明は、下記の記事が参考になるでしょう。

https://kuishinbouikka.jp/natural_positive_mindset_kids_how/

RIZAP KIDS

参考図書

12歳までの最強トレーニング

RIZAP KIDSが考える「ゴールデンエイジ(3歳〜12歳)こそ、運動能力が飛躍的に向上する」と同じ意識で、遺伝よりも環境が大切だと捉えて、基本エクササイズを紹介している書籍です。

本書では、ゴールデンエイジと呼ばれる
運動神経が飛躍的に向上する年代の子どもたちに
適したトレーニングを掲載しています。
(途中省略)

もともと運動が得意という子も、
本書のトレーニングで基礎的な運動能力を
高めることができます。
その結果、専門的なスポーツの技術を
スムーズに習得することができます。

運動の習慣が身につくと、
適切な筋肉がつき、
正しい姿勢が取れるようになります。
そして呼吸が深くなり、十分な酸素を
脳に取り込むことができます。
運動ができるようになると、
集中力が培われ、記憶力がアップし、
学力の向上も望めるといいます。

出版社のサイト から抜粋

以下に目次を転載します。大掛かりな道具は必要ないでしょう。

CONTENTS
CHAPTER1 のびる子どもの基本
●子どもにトレーニングは必要か?
●ゴールデンエイジまでにやっておくことは?
●成長痛の仕組みと対処法
●運動が集中力を高める…ほか
CHAPTER2 ぐんぐん育つ体をつくる
基本エクササイズ

●ゴムのようにやわらかい体をつくる
●ジャンプ
●三軸体操
●モビリティとスタビリティ
●腹圧
CHAPTER3 運動神経をのばす
ボディコーディネーショントレーニング

●コーディネーション能力とは
●声がけや補助の必要性
●コーディネーショントレーニングのポイント…ほか

出版社のサイト から転載

コメント