バスケットボールに使える滑り止め

この記事は約4分で読めます。
  • バスケットボールが滑って手に付かなくて困ることがありますか?
  • 気温や湿度によって、ハンドリングに影響がありますか?

このページでは、バスケットボールに使える滑り止めを紹介し比較しています。

すべてバスケットボールとテニスで試しました。

私は手が小さくて、写真のようにバスケットボールを片手で持てるのは、とても稀です。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

体育館で行われる試合を想定した場合、どんなときにバスケットボールが滑って困りますか?

  • 寒いとき
  • 乾燥しているとき
  • 手が汗で濡れているとき

「寒いとき」と「手が冷えているとき」を混同していませんか?

試合に臨むのでしたら、手を単純に温めるだけではなく、動かして温める(ウォーミングアップ)が前提でしょう。

室温が5度以下のような、バカげた環境でしたら滑り止めを検討するのではなく、手袋を使用した方が良いかもしれません。

「乾燥しているとき」は、滑り止めで解決できるかもしれません。「手がしっとりしているときのパフォーマンス」がほしいのなら、解決できるでしょう。

汗など手の分泌物で滑る人は、とても少ないと思います。海外では多いらしいです。滑り止めで解決できると思いますが、ここで取り上げてない製品が良いかもしれません。

滑り止めの比較

コスト
乾燥

手荒れ2次
汚染
洗い落とし
易さ
Grip-Spray
Grip-Spray
ストロング
PD9
McDavid
ストロングリップ
✖️✖️
肌ラボ
極潤ヒアルロン液

滑り止めは700円〜2,000円程度の商品です。何十回も使えるのでコストは、あまり違いません。

乾燥に対しては、どの商品も優秀です。ただし、肌ラボ ヒアルロン液だけは、手に付けながら温めないと効果が薄いです。言い換えると、肌ラボ ヒアルロン液だけは時間がかかるかもしれません。

手に皮膜を作るタイプの商品は、汗に対しても効果があります。

手荒れは、週一回程度の使用では気にしなくて良いかもしれませんが、McDavidストロングリップは手が荒れます。

ウェアなどへの付着は、McDavidストロングリップだけは気をつけた方が良いでしょう。

どの商品も簡単に洗い落とせます。もっとも洗い落としにくいMcDavidストロングリップでさえ、洗い落とせます。肌ラボ ヒアルロン液は洗い落とすものがありません。

Grip-Spray

Grip-Sprayはサッとひと吹きで、効果を発揮する優れものです。

ストロングの方が名前の通り強力です。

PD9

PD9はいわゆる液体チョークのバスケットボール用です。

McDavid StronGrip

最も古くからある滑り止めです。

極薄の皮膜を貼り付けたような感じがします。手の状態に関わらず、確実な滑り止めになります。

しっとり感とは無縁で、手が荒れるので私は使わないです。

肌ラボ 極潤ヒアルロン液

私は梅雨時の手の状態が気に入っています。

肌ラボ 極潤ヒアルロン液は、しっとりとした肌にしてくれるローションです。

私は手のウォーミングアップをしながら、極潤ヒアルロン液を塗り足していきます。

手が荒れることはありませんし、手を洗った時に何かが洗い落される感覚はありません。

安価で入手が容易であることもポイントです。

まとめ

バスケットボールに使える滑り止めについて、比較して紹介しました。いかがでしたでしょうか?

若い成長著しい時期であれば、習慣的に滑り止めを使用するのはやめた方が良いと思います。

スキルが足りなくてミスしているのか、手が滑るからミスしているのかが分からなくなってしまいます。

必要だと思う時に、滑り止めを使用する方が感覚を養うのではないでしょうか。

大人であれば、私のように未熟なスキルを滑り止めで誤魔化すのは、効果的な策かもしれません。

私は未熟なので、アシカのことを考え「私には立派な手があるのに…」と感じています。

コメント