爪の手入れ

cat_tsumetogi.png

爪の正しい切り方を記事にしたい思いで、調べました。バスケットボールをしても、なるべく他人に迷惑が掛かない(傷つけない)手入れの方法が知りたいです。

結局、手入れ方法は明確には分かりませんでした。ここでは、調べた動機と、分かったことを記載します。

爪も歳をとる?

若い頃は週一で定期的に爪を切っていましたが、歳を取るにつれ、爪がそこまで伸びないときがあります。また、爪がだんだん薄く、弱々しくなってきています。その内、何かの拍子で壊れるのではないかと不安になります。

幸いなことに、これまで爪に関するヒドイ怪我を負うこともありませんでしたが、だんだん不安になっています。

爪の切り方

そんなこともあって、爪の切り方についても「今のやり方でいいのだろうか?」と疑問を持ち始めました。ところが、調べてみると、皮膚のための適切な長さなどを説明しているサイトはあっても、スポーツ向けに書かれている手入れ方法はほとんどありません。

アスリートネイル協会

2015年12月に「アスリートネイル協会」が発足しているけど、週末プレイヤーに有益な情報はあまりありません。

一般社団法人アスリートネイル協会
一般社団法人アスリートネイル協会はアスリートの「爪を守る」団体です。

ケアするグッズは紹介されています。

TAT アスリートネイル アスリートのパフォーマンス、コンディションを常に最善に。アスリートパーフェクトネイルエッセンス・アスリートパーフェクトネイルオイル・スポーツネイルテープ
TAT アスリートのパフォーマンス、コンディションを常に最善に。アスリートパーフェクトネイルエッセンス・アスリートパーフェクトネイルオイル・スポーツネイルテープEX・スポーツネイルテープ・足用・スポーツネイルファイル

認定のネイルサロンに出掛けるのは、いろいろと敷居が高いです。

知りたいこと

バスケットボールで引っ搔き傷を負うことはあっても、引っ掻いたことはほぼ無いです。あるいは、引っ掻いているのだけど、気付いていないのだろうか?

他のプレイヤーと交錯することも考慮しての手入れ、特に長さが知りたいです。

「つねに爪の長さを一定に保ち、マニキュアを塗る」という記述は見つけましたが、その長さは一体どれだけなのでしょうか?

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール) | 森永エンゼルカレッジ
「上手くなりたいという思いが全ての原点」。常に高みを目指し、自らを磨いてきたバスケットボール元日本代表の後藤正規さんにきく「スポーツと自分」。

明らかに伸ばし過ぎとしか思えない、有名選手の話はありました。「ヤスリで整える」というのはいくつか見つけるのですが、欲しい情報は見つけられません。

伸ばした爪から正確なシュート バスケ折茂武彦(中)(写真=共同)
一般男性なら1~2ミリくらい。しかし、折茂武彦の右手中指の爪は4~5ミリの長さがある。奇異の目で見られることもしばしばだ。「ケガさせる可能性があって、僕らの時代は爪を伸ばすのはいいことではなかった。

参考

この知識で差がつくかも?手と足の爪の切り方は全然違う! | 弘田雄士オフィシャルサイト「be」
チーム練習が終わった後、何人か気になる選手に声をかけパートナーストレッチを行うことがあります。 選手のリカバリーのために行っている場合もありますが、こちらから声をかける場合は全く目的が違います。 自分が感じた違和感や心配な点が実際にどうなのか触った方がわかるもの。確認作業という意味合いが大きいんです。 先日もそんな確認...