せっけんシャンプー

頭皮と髪のためには、シャンプーよりもせっけんが良いのではないかと悩んでいませんか?

この記事では、せっけんで洗髪することを取り上げます。私はここ数ヶ月、せっけんで洗髪して、とても満足しています。

この記事では、私がせっけんで洗髪するきっかけとなった洗髪せっけんを紹介し、せっけんで洗髪することに関連する情報をお届けします。最後までご覧になれば、あなたもきっと、せっけんで洗髪したくなることでしょう。

なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

始まりは薄毛?

行きつけの床屋で、昨年末に洗髪せっけんをいただきました。最初、「頭髪が薄くなってきたからケアしなさい!という意味かな?」とか、「自分では気が付かないけど、頭皮が汚いのかな?」などと余計なことを考えましたが、毎年年末に何かいただいていたのでした。

実は、シャンプーには(シャンプーによっては)頭皮にも頭髪にも良くないものが入っている場合がある」という話は聞いたことがありましたが、これまで、シャンプーに特別なこだわりなど無く過ごしてきました。

頭皮中心主義

折角なので、いただいた洗髪せっけん「頭皮中心主義」を使用してみたところ、単純に気持ちいいです。1回洗髪してみて、すぐに10個まとめ買いしたほどです。

30g、約1ヶ月分の小さなせっけん

泡立ちがとても良く、出来上がる泡はガッチリとシッカリしていて、なかなか消えないです。泡がシッカリしているので、自然と時間を掛け、ていねいに頭皮をマッサージしながら洗髪できます。

せっけんで洗髪する場合、洗髪後、「せっけんカスが残らないようにていねいにすすぎましょう!」と言われますが、「頭皮中心主義」は簡単にすすぎ流れるように感じます。それでも、念のため時間を掛け、ていねいにすすいでいます。

「頭皮中心主義」は、こだわり厳選素材として下記の原料が使われています。(製品説明のページから抜粋しました)

  • 会津の桐炭(きりずみ/きりたん)
    • 超微粒子で多孔質である桐炭を配合し、皮脂アブラを吸着し絡め取っていきます。
  • 沖縄の海泥(かいでい)
    • 細かい粒子(60%が5ミクロン以下)の海泥マリンシルトを精製し、配合しました。毛穴の奥まで入り込み、汚れをしっかり吸着しかき出します。
  • 利尻の昆布
    • 髪に良いとされている栄養成分が豊富に含まれている利尻の昆布エキスで頭皮に適度なうるおいを与え、髪にハリとコシを与えます。
  • 庄内の柿
    • タンニンを含有する庄内柿パウダーが頭皮を清浄しすこやかに保ちます。

ひげを剃ってみた

あまりにも泡が立派なので、ひげ剃りにも使ってみました。もちろん、十分に使えて不満などありません。しかし、洗髪するときほどの感動はなかったです。多分、泡がシッカリし過ぎていて、カミソリに抵抗を感じるからだと思います。ひげ剃り後には、違和感など何ありません。むしろ、しっとりしている感じがします。

ということは、知り合いのスキンヘッド、ビッグマン「白◯◯」(aka)に教えてあげよう。シャワーで頭髪を剃っているらしいから。ひげも頭髪もいっぺんに剃れる洗髪石鹸「頭皮中心主義」、頭皮にも素肌にも優しいです

洗い方

せっけんで洗髪するのは、全般にゆっくりていねいに行います。

  • ぬるま湯だけで洗う
  • せっけんを良く泡立てる
  • せっけんで、ていねいに地肌を洗う
  • せっけんで、髪を洗う
  • せっけんカスが残らないように、良くゆすぐ

リンス

せっけんで洗髪するとゴワゴワした感じが強く残る気がします。

リンスについて、私は何も知りませんでした。自作できるのですね。もちろん、市販のものもありますので、記事の後半で紹介します。

洗面器の8分目程までお湯を張り、「お酢」や「クエン酸」、「レモン汁」
いずれかを大さじ1杯入れ、リンス液をつくります。
洗面器に髪を泳がせ、残りを頭皮から全体に馴染ませ2分ほどおきます。
リンスの原理は、石鹸でアルカリ性寄りになった髪や頭皮を酸性のリンスで
中和することで、キューティクルを引き締める
というものです。
それによって、なめらかで指通りのよい仕上がりにします。

石鹸シャンプーとリンスの楽しみ方 | ナイアード発信 ~ 日々のこと ~ から引用 赤は追記

参考

せっけんのススメ

下記のページでは、安価なシャンプーが髪と頭皮を傷めることを強く主張しています。安価なシャンプーを使わないように代替案として、せっけんでの洗髪を勧めています。

そのシャンプー、禿げますよ!石鹸シャンプーとゼロ円ヘアケアで髪がこんなに元気に!
シャンプーは髪をダメにします! もしかして、まだスーパーやドラッグストアーで値段の安いシャンプーを買っていませ…

製品

固形のせっけんばかりでなく、液体のものも市販されています。「頭皮中心主義」を使い切ったら試してみるかもしれません。固形の石鹸ばかり使っていると、液体のシャンプーが懐かしいです。

せっけんシャンプー

以下に、2社の高級ではないものを掲載しました。両社とも、普通のと泡タイプを揃えているところから、泡立てるのが手間なのかもしれません。

ミヨシ石鹸

シャボン玉せっけん

パルシステム

「毎日のように使うものこそ、体や環境にやさしいものを選んでほしい」 との思いで、石けんの使い方のコツをお伝えし、おすすめするパルシステムをご利用なら、セボン・セレクトシャンプー/セボン・セレクトコンディショナーがあります。

コメント