憧れのスキンヘッド、メンテナンスはカミソリ?バリカン?

この記事は約8分で読めます。
Image by npgibbs on Pixabay
  • スキンヘッドにするタイミングを見計らっていますか?
  • スキンヘッドにしたいけど、実際の手入れ(メンテナンス)頻度をご存知ですか?

この記事は、スキンヘッドにしたことがない人向けに書いた、スキンヘッドのメンテナンス入門です。

わたしは頭髪が薄なってきましたが、進行が遅いためスキンヘッドにする決心ができずにいます。現在は、一旦スキンヘッドはあきらめて、育毛しています。

スキンヘッドにする決心がつかなければ、育毛も悪くないと思います。育毛については「薬用育毛剤イクオスEXプラスのレビュー」をご覧ください。

一旦はスキンヘッドをあきらめた私ですが、スキンヘッドにする覚悟で調べた結果が本記事です。

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

スキンヘッドの市民権

日本では、刺青ほどではありませんが、スキンヘッドの市民権は、まだ十分には無いように感じます。

バスケットボールではOK

Jordan by Lipofsky 16577

バスケットボール界隈では、スキンヘッドは特別なアイコンです。説明するまでもなく、マイケル・ジョーダンと関連づけてしまいますから。

そのため、スキンヘッドにするには覚悟が必要ですし、恥ずかしさがあります。

それでも、バスケットボールをプレイするのなら、スキンヘッドにするのが適切だと思います。被り物やふりかけるもので誤摩化しても、ボールや腕がぶつかって事件になるかもしれませんから。

バスケットボールにおいて、スキンヘッドは十分過ぎる市民権があるのですから、これから流行ると思います。

業種によってはNG?

Larry David at the 2009 Tribeca Film Festival 2

中年以降の男性には、サイド&バックの髪を残すヘアースタイルの人を多く見掛けます。

アメリカの俳優/コメディアン/脚本家/プロデューサー/映画監督として有名なラリー・デヴィッド(写真)は、このヘアースタイルがとてもよく似合っていると思います。

でも、このヘアースタイルよりもスキンヘッドの方が似合いそうな人が多いのに、なぜかサイド&バックの髪を残している人が多いです。もしかしたら、仕事上の配慮でしょうか。

業種によっては、スキンヘッドはまったく市民権が無いのかもしれません。例えば、金融に努めている”ラリー・デヴィッド”風なチームメイトに聞いたところ、

わたし:なんでスキンヘッドにしないの?
金融業:スキンヘッドは社則でNGだから
わたし:えっ・・・ 禿げている場合は?
金融業:それは問題ない
わたし:だとしたら、自然に全部抜け落ちたら
金融業:それはOK
わたし:その理由は?
金融業:自然か?そうではないか?の違いではないかなぁ

私にはまったく理解できませんが、接客時の気遣いがあるのでしょう。しかし、「禿げているならOK」としているところに疑問を感じます。

スタイルではなく、接客される側には分かりようが無い”スキンヘッドになった過程”を判断材料にしているところに理不尽さを感じます。

金融業界ほど理不尽なルールではなくても、日本の社会では、スキンヘッドに寛容ではないと思います。裏社会とか、反社会に近い印象が残っているのかもしれません。

スキンヘッドのイメージが悪いのなら、スキンヘッドにするのには少し勇気が必要です。特に、「まだ残っているじゃん!」な状態では寛大に受けとめてくれない怖れがあります。社会での共通認識のようなものに抵抗するか? それが問題です。

調査記録(インタビュー)

一般社会では、繊細な質問しにくい”スキンヘッド”ですが、チームメイトなら安易に質問できます。

チームメイトのKさん

清潔そうな雰囲気で、色の白い大柄なチームメイトです。頭の形もきれいですし、頭皮もきれいです。スキンヘッドがとても良く似合っています。

「2日に1度、シャワーのときに」
「慣れれば、簡単に終わりますよー! シャワー全体で15分くらいかなぁ」
「5枚刃で剃ってます」

チームメイトのYさん

「おれのはスキンヘッドじゃないっすよ!」

いつも、少し生えているので、疑問に思っていたんです。

「2週間に1度、1,000円カットで、0.1mmのバリカンっすよ!だって、剃ったら排水口の掃除も大変じゃないですかー!」

なるほどと思いましたが、頻繁に床屋に行くのは、面倒なことです。

手入れ

happyrich358によるPixabayからの画像

スキンヘッドって、ツルッと剃ればOKで、メンテナンスが容易なヘアスタイルだと誤解していました。調査してみるとスキンヘッドのメンテナンスは、頻度が多い面倒なものです。

バリカン、あるいは、カミソリで2〜4日毎に剃る必要がありとのこと。多くても週一程度のメンテナンスを想像していた私には、とてもショックです。

「歯を磨くように、手入れが必要」

と教えてくれた友人もいます。”歯磨き”とは少々大げさな表現かもしれませんが、とても面倒で手間が掛かる話です。

そして、剃って頭髪が無くなっても、頭皮のケアは必要らしいです。さらに面倒です。

カミソリ

ひげ剃りでさえ、カミソリの刃を適切な角度であてるのは難しいです。そのため、T字のカミソリは、2枚刃、3枚刃・・・と進化して行きました。

頭髪を剃るには、見えない箇所もありますので、ひげ剃りよりも難しいです。そのため、5枚刃以外の選択肢は無いでしょう。

GALLEIDO SHAVING MEMBER

「GALLEIDO SHAVING MEMBER」は、500円/月〜の5枚刃カミソリが届くサービスです。

回数縛りの無い、いつでも解約できるコースや、年間契約でのより安価なコースがあります。(単品購入もできます)

業界最安を謳っていますが、年間契約ならばドラッグストアでの安売りも安いでしょう。年間契約でなくても十分に安価です。

初回に本体が無料で、替え刃が届くサービスですが、本体の破損時には、本体を再度送付してくれます。

GALLEIDOシェービング

※クレジットカード決済・Amazon Payが使えます。
※年間契約のコースpremium memberは、後払い決済(手数料200円:税別)もあります。

バリカン

Renee OlmstedによるPixabayからの画像

自分の後頭部に普通のバリカンをあてるのは、カラダの構造上ムリがあることにお気付きでしょうか?

フィリップスのセルフヘアカッターシリーズは、ヘッド部が180度回転するので、自分の後頭部をカットできます。

自分でカットや剃ることを考えているのでしたら、ほぼセルフヘアカッターシリーズしかありません。

セルフヘアカッターシリーズのQC5582には、「ヘアーシェービングヘッド」が付いています。つまり、スキンヘッド用のモデルなのです。

普通のシェーバーだけでスキンヘッドを維持することは可能です。しかし、シェーバーはヒゲ用ですので、剃る頭髪の量が多いとシェーバーから頭髪を取り除く頻度が多くなり大変です。

スキンヘッドが似合うボディ

Image by truthseeker08 on Pixabay

考えてみれば、スキンヘッドはヘアースタイルの一種なので、似合うボディ・シェイプがあるのは当然です。

頭の形

きれいな頭の形の方が、似合うらしいです。そりゃあ、そうでしょう。

特に、後頭部の形状は、影響が大きいらしいです。わたしのアタマは・・・ダメだ・・・きれいな形ではないです。

体格

どうやら、大柄で筋肉質の人の方が似合うらしいです。わたしは・・・ダメだ・・・貧しい感じになりそうです。良くて修行僧のイメージかな。

頭皮のトラブル

もしも、頭皮にトラブルがあれば、スキンヘッドにする前に解決しなければなりません。わたしは頭髪で隠れていたので、気付いていませんでしたが、頭皮にトラブルを抱えていました。

頭皮のトラブルが心配でしたら、皮膚科医の受診をお勧めします。

イボ

わたしは薄毛の進行とともに、頭髪は徐々に短くしています。そうしたら、頭皮に、細かいブツブツの群生地があることが分かりました。

肌トラブルで皮膚科を受診したついでに、頭皮のブツブツも診てもらいましたところ、イボでした。

液体窒素療法

液体窒素療法、あるいは、凍結療法/冷凍凝固療法と呼ばれる治療法があります。液体窒素(-196℃)を綿棒にしみ込ませ、頭をツンツンします。そうすることで、皮膚表面の異常細胞を壊死させて、新しい皮膚を再生させます。

こんな治療法、まったく知りませんでした。なお、医療スタッフ間では「焼く」と表現されていました。液体窒素を頭皮に当てると、その度に白煙があがるからでしょうか。

ツンツンされても、ほんの少し冷たい刺激があるだけで、特別熱く感じたり、冷たく感じることはありません。頭皮の感覚が鈍いのか、冷た過ぎて感じないのか分かりませんが、不快感の無い治療法です。1〜2週間でかさぶたなどが取れるので、何度か繰り返し治療します。保険適用の治療方法です。

おわりに

本記事がスキンヘッドを検討している人の参考になりましたら幸いです。

歳をとってからの薄毛は、ゆっくり進行するように感じます。わたしはスキンヘッドにするタイミングを待つことが出来ずに、今は育毛を試行しています。

それでも近い将来にスキンヘッドにすることでしょう。

コメント