老化、乾燥、肌トラブル

幸いなことに、これまで肌トラブルなど経験したことがありませんでした。しかし、年齢や季節に応じて、それなりのケアが必要です。

肌トラブル

これまでは、何も気遣わずに、下記のように過ごしていました。

  • シャワーで無神経にゴシゴシ洗う
  • 入浴後、保湿なんてしない
  • 痒ければ、掻く(傷ついても、治るし)

そうしたら、当然、ツケが回ってきました。ある日、上腕の外側に発疹が出てきました。前腕にも少し。丁寧に観察したら、増帽筋あたりにも。

上腕は、気にすることも無くボリボリ掻いたので、傷だらけでした。痒くて、深夜/早朝に目覚めることもありました。

皮脂がない

皮膚科で診察を受け、治療しました。皮脂がなくなっているとのことで、生活指導を受けました。治療薬は(1)副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布)、(2)保湿剤です。受診した頃には、下肢にも発疹が出てきました。

私:「これまで、全く問題がなかったのに、なぜ突然発疹が出るのですか?」
医師:「毎年、老化していくのです」
私:(「あー、そうですか・・・」)

上:(1)副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布)
下:(2)保湿剤

夜に(1)副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布)、朝に(2)保湿剤を塗ります。とっても面倒な作業ですし、塗った後、ベタベタした感じになるので不快です。治癒に3週間程度掛かりました。

予防

クスリによる治療に頼るのではなく、日々、皮膚のケアをするのが正しいと思います。

  • シャワーでは、優しく洗う(ナイロンタオルなどは論外)
  • 保湿する(季節によって、やることを変える?)
  • 掻かない(掻けば、さらに痒くなる)

保湿については、また別に書きます。

恥ずかしいことに、掻くと、さらに痒くなる仕組みを理解していませんでした。これまで気にしていなかったので、掻いてはいけないのだけど、知らないうちに掻いてしまいます。

かゆみナビ
協和キリン提供の皮膚とアレルギーの情報サイト。皮膚疾患の種類、原因としくみ、対策、Q&A、身近なかゆみ解説、かゆみの治療についてなど。

春の4k

「春の4k」なんて聞いたこと無かったです。2月の話なので「春の4k」と言いつつ、「冬の4k」とも言えます。

  • 強風
  • 乾燥
  • 花粉
  • 寒暖差(あるいは、気温)

ここ関東地方では、今年はいつもより、更に乾燥していました。肌トラブルは、この異常な乾燥も原因のひとつだったかもしれません。

今年は、花粉が更に多いそうです。毎年、花粉症になる恐怖に怯えながら、過ごしていますが、今年は特に危険らしいです。今年、初めて花粉症になる人が多いのではないかと心配されています。

ところで、バスケットボールのチームメイトには、花粉症がほとんどいません。室内競技だから少ないのか、健康上の問題がない人/特別健康な人がプレイしているのか、どちらなのか気になりますが、調べる方法がありません。

コメント