臓器提供マシン

MikesPhotosによるPixabayからの画像

臓器提供マシン?臓器提供システム?脳死製造マシン? どうしても思い出せないのだけど、作家ロビン・クック(Dr. Robin Cook)の医学を題材にした作品の中で、バイク(自動二輪車)のことを表現した言葉です。どの作品かも思い出せないです。

加速感

万が一のことを考えると、バイクなんてガマンできるものなら「乗らない」が正解だと思います。 ところが、わたしはどうしても加速感に陶酔したいです。ガマンできません。 加速やスピードを求めているのではなく、「加速感」が好きなのです。

以前の加速感

3年前に手放しましたが、今でも懐かしいです。実用性が低過ぎて、仕方なく手放しました。20年間、2台を乗り継ぎました。

FEDC2CFA-C470-4ABC-9E6A-E68D41B8A509.jpeg

現在

78DAE41E-C1DC-4025-80DA-6F43EE288C44.jpeg

下記の記事でも書きましたが「バスケットボールの練習や試合への移動にのために、渋滞の下道も高速道路もストレス無く移動できる」ような実用性を考慮してマシンを選びました。

加速、運動性能、燃費、車重など、どこを比較しても比較にならないほど良くなりました。文句の付けどころがありません。

しかし、以前の方が陶酔できる加速感でした。懐かしいです。

加速

モータージャーナリストの丸山浩さんの話は分かりやすいと思います。1:30〜辺りでこのマシンの馬鹿げた加速を見せてくれます。正直なところ「こんなの市販車として販売していいの?」と思います。

YAMAHA MT-09|丸山浩の速攻バイクインプレ

なぜバイクに乗るのか?

よく「なぜバイクに乗るのか?」と尋ねられますが、わたしにとっては、こういうワケなんです。全然伝わらないでしょうか?理解できない方が、ある意味幸せかもしれません。