公式試合球GL7X(BGL7X)の感想

この記事は約4分で読めます。
DF6755A9-AFB8-4B90-840D-AEDCF37EB420.jpeg
  • バスケットボールの公式試合球BGL7Xは、気に入っていますか?
  • 使っていて不満はありませんか?

この記事は、GL7Xについての感想です。

もう10年以上前のことになると思いますが、GL7X(BGL7X)が登場しました。今では、ほとんどの大会で使用されています。

すでに、新しい公式試合球BG5000(B7G5000)が登場していますので、徐々にBG5000に置き換えられていくでしょう。しかし、今しばらく、数年はGL7Xが使われ続けていくと思います。

これから試合球を購入する方は、GL5000を購入した方が良いと思います。しかし、試合ではGL7Xを使う機会があるでしょう。GL7Xのハンドリングに不安があるのでしたら、GL7Xで練習することをオススメします。

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

GL7Xの不満

公式試合球は、試合を盛り上げる役割を担っていると期待しています。しかし、GL7Xはハンドリングの点で扱いにくく感じるし、他にもいろいろと不満があります。

不満は私だけでは無さそうです。少なくとも私の周りでは良い評価を聞いたことがありません。試合球に使われるので、仕方なく普段から使っています。

この現状はとても残念です。感想を列挙すると次のようになります。

  • 高価(その分、何か恩恵を感じられれば良いのですが)
  • 新品のとき、滑り過ぎる
    • 慣らしが必要で、慣らしに時間が掛かる
  • 寿命が短い(短く感じる)
  • 空気圧が高いと扱いにくくなる
  • 黒いゴムに指先が掛かる(掛けたくないのに)
  • (シボのパターンが変わった)要らないマイナーチェンジ

GL7Xを使用されている方は、同様な感想を持っているのではないでしょうか。

なぜ12面体? 高価になった理由なの?

これまでのボール(8面体)より高価です。製造工程を想像すれば、手間が掛かる分コストが掛かると思います。プレイヤーが回転を観たいからツートンカラーにしたいと言っていたのでしょうか?

12面体にする必要性が理解できません。

ゴムの部分が多過ぎる

当然のことですが、12面体は8面体より黒いゴムの部分が多いです。

メーカーはそのことで「滑りにくい」と言いますが、プレイヤーが滑り止めにゴムの部分を多くして欲しいといったのでしょうか?

ゴムの部分が多過ぎるけど、手の一部がゴムに掛かればいいというものではないと思います。ゴムとそれ以外で滑り方が違い過ぎるのが困ります。特に、ロングレンジのシュートでは均一であって欲しいです。

そのため、ロングレンジのシュートでは、指先がゴムに掛からないように注意しています。 ロングレンジでは少しの違いで軌道が歪むように思います。

残念なことに、5指すべてがゴムに掛からないように持ち替える動作が身に付きました。

新品だと試合はもちろん、練習でも使いにくい

大きなボールを扱う球技では、新品ボールがそのままでは使えない、あるいは使わないものだと思います。そのため、使いやすくなるまで加工(使用)する必要があります。

しかし、GL7Xは新品状態で8面体より滑る感じがするし、使いやすくなるまでに時間が掛かり過ぎます。

試合球として使えるまでに時間が掛かり過ぎる

チーム練習で使える状態にするまでに、(週末プレイヤーの私は一人で使用して)2~4ヶ月掛かります。少し滑らなくなったら、チーム練習で使い、皆さんのプレイを観察した上で試合球にしています。

寿命が短い

試合球にできる状態になってから、劣化して使えなくなるまでの寿命が短く感じます。

12枚の革は、品質のバラツキが大きいです。劣化の感じが面によって違い過ぎます。特に、白い部分の革には、早くにひび割れが生じます。

ボールの状態に注意して、クリーナーやワックスで入念に手入れしていますが、2年に1個程度購入しています。

空気圧の調整が難しい

空気圧が高いと扱いにくいです。8面体よりも更にそう感じますが、なぜなのでしょう。

シボのパターンは変えなくて欲しかった

数年前、改良?でシボ(皮革の表面にあるデコボコ)のパターンが変わりました。

確かに少し滑りにくくなりましたが、床との関係も滑りにくくなったのでしょう。ドリブルで前進するとき、ボールが少しだけついて来ないように感じます。

無用なマイナーチェンジだと感じています。 

大会主催者が用意するのは無理がある

慣らす手間はないだろうし、新品は使えない

大会によっては、試合球を大会主催者が用意してくれます。しかし、使える状態の試合球を用意してくれる大会もありますが、ほとんどは新品の試合球です。

GL7Xの新品は使えないので、プレイヤーから不満が出ている場面を何度も見ています。

空気圧が高過ぎると使いにくい

冷えたボールで弾み具合をチェックされると、たいてい空気を入れ過ぎたボールになります。

GL7Xは、空気圧を高くし過ぎると、とても使いにくいです。

メーカーさんへのお願い

8面体の方が良かったです。8面体に戻して欲しいです。

オトナの事情で12面体を採用したいのなら、試合球にするまでのプロセス(使用できるように加工)についてもサポートして欲しいです。