ローカルルールの必要性

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

バスケットボールでは、大き過ぎる人が有利になりすぎるのを防ぐために、3秒ルールがあります。競技には、こうした公平性のためのルールが必要だと思います。

バスケットボールの市民大会では、各所でローカルルールがあります。ローカルルールを設けることで門戸を広げ、公平性が与えられ、より多くの人が楽しめるようにする配慮だと思います。その思想には大いに賛同いたします。

しかし、ローカルルールにより、バスケットボールの駆け引きに影響を与えすぎるものは、再考の上、改善し続ける必要があるかもしれません。だからとって、ローカルルールの変更がひんぱんに行われると、戸惑ってしまうことになるでしょう。ゆっくりと、しかし、継続的にローカルルールを検討し続けて欲しいです。

ここでは、まず、ローカルルールを紹介します。そして、気になるローカルルールについて、プレイヤーとしての感想を述べます。もしも、主催者の皆さまがご覧になりましたら、再考の参考にしていただければ幸いです。

ローカルルール

  • 年齢
    • 例 38歳以上
    • 例 35歳以上
      • ただし、1名は年齢制限無し
    • 例 50歳以上
      • ただし、5人の合計が250歳以上になれば、1名は年齢制限無し
  • 性別
    • 例 男女混成可
      • 例 対戦相手の承諾があれば、6号球の使用可
    • 例 コート内に必ず、女性1名以上
  • 年齢&性別
    • 例 男性40歳以上、女性35歳以上
  • エンジョイタイム
    • 例 第2ピリオドは、得点の多い方に1点加算(1-0 となる)
  • 得点
    • 例 すべてのプレイヤーがフロントコートに入らないとゴールが認められない
    • 例 4点/ピリオド/1人 の制限
  • 年齢&得点
    • 例 40, 50, 60歳以上はゴールすると、それぞれ、0, 1, 2点加算

気になるローカルルール

以下では、興味深いローカルルールについて触れます。

35歳以上、ただし、1名は年齢制限無し

1人の優れた選手が与える影響について、チームスポーツを比較することは、よくあるでしょう。ラグビーは完全なチームスポーツなので、優秀な1人ではどうにもならない、だとか。バスケットボールは、その点で、いわゆるワンマンプレーがある程度有効なスポーツだと言われています。

試合の面白さの中には、試合中の工夫があります。劣勢を接戦にしたり、接戦を制することは、大勝することとは異なる喜びが得られると思います。

1人の若者について、やり方をいろいろと変えて、工夫して守るのは楽しいです。しかし、1人の若者が「チームをステップアップさせる」能力が高過ぎると「打つ手無し」になってしまいます。

「スピードがあり、コートビジョンが広い優秀なガード」では、ときどき打つ手無し」になります。

この点が、このローカルルールの不備な点だと思います。

その次の「50歳以上、ただし、5人の合計が250歳以上になれば、1名は年齢制限無し」も同様です。

コート内に必ず、女性1名以上

接戦の終盤を除けば、とても良いローカルルールだと思います。接戦の終盤では、当然、「勝算のある策」を実施します。

一方、どんなに優秀な女性であっても、小さい/軽い/細い/遅い/・・・何かしら決定的な弱点があります。そのため、そこを突かれるか、「そこを突かれることを過剰に心配して、タイミングが早過ぎるカバーをして崩れる」ことが良くあります。

ですから、接戦の第4ピリオドには適用されない工夫が欲しいルールです。

6号球の使用

「男女混成可のルールで、対戦相手の承諾があれば、6号球の使用可」では、試合前に対戦相手に「6号でもよろしいですか?」と尋ねるチームがあります。 あるいは、対戦相手が「女性がいますけど、6号球がよろしいですか?」と親切そうに尋ねます。

試合前ですから、皆さん紳士を装って、親切に応対します。でも、本音は「6号球かよー!」な場合が多いでしょう。

わたしは「装い続ければ紳士になる」という考えで、なるべく頻繁に6号球を使用しています。しばらく続けてみると、純粋にシューティング・スキルの練習において、効果があると感じています。この話は別に書きます。

エンジョイタイム

シニアの大きめの大会で経験することがあります。「すべての大会参加者にプレイイング・タイムを与える」という考えで、賛同しています。年齢を重ねれば重ねるほど、プレイヤーでいることだけでも、祝福すべきことだと思います。

しかし、このルールは球技の難しさを教えてくれています。

第2ピリオドは、得点の多い方に1点加算(1-0 となる)

「高々1点しか入らない」はずなのに、このピリオドの流れが、その後の試合の流れに影響するのです。第2ピリオドですから、その後にハーフタイムがあります。それなのに、試合の流れを引きずってしまいます

近年では、意図してのもんかは怪しいですが、「失敗しても1点だから」との考えで、思い切りが良過ぎるオフェンスを展開するチームが増えているように思います。

そのためか、(最終的には1-0になるのですが、)両チーム共にハイスコアな結果をたびたび目にします。そして、ここで流れをつかんで、盛り上がったチームが、後半戦を引っ張っていくことが良くあると思います。

参加者が少な過ぎるチームは、エンジョイタイムの恩恵がありません。プレイイング・タイムの確保はできているので、いい加減に第2ピリオドをやり過ごそうとしますが、試合の流れを奪われます。すると、後半に試合の流れを取り戻せずに苦労します。この点は気の毒に感じます。

エンジョイタイムは、チームとしての対処が難しいローカルルールです。

得点

得点に関する次のローカルルールは、ジャッジの難しさがありますので、賛同しにくいです。ワンマンプレーの排除という考えでしたら、納得できる面がありますが、チームプレー vs. ワンマンプレーで拮抗する試合が見れなくなるのは寂しいです。

  • すべてのプレイヤーがフロントコートに入らないとゴールが認められない
  • 4点/ピリオド/1人 の制限

なお、どちらも経験がありません。

40, 50, 60歳以上はゴールすると、それぞれ、0, 1, 2点加算

年齢差があっても、一緒にプレイできるための手段だと理解しています。手段はさておき、「一緒にプレイする」という考えには賛同します。うまく実現できれば、とても楽しいと思います。

しかし、得点で調整されると、試合の状況を理解できなくなります。

バスケットボールでは、それまでの流れを踏まえ、「そのときの得点と残り時間」をいつも気にしています。「あと何ポゼッションある」「3ptを2本入れると、状況が一変する」「こちらが2ptか、ファールをもらうと勝ちに一歩近づく」みたいなことを考え続けています。

しかし、4点プレー、5点プレー、ファールや3ptを加味すると、あっという間に10点入るケースが出てきて、状況が理解できなくなります。状況が理解できないと、それは違う種目と言ってもいいでしょう。この点が、このローカルルールの不備な点だと思います。

コメント