結ばない・ほどけない靴ひも「キャタピラン」のレビュー

502CD74B-E67C-414D-92A8-F123F3A48F06.jpeg
AND1 タイチミッドに使用
  • スニーカーを履くときに、靴ひもを締めるのが面倒に感じるときはありませんか?
  • シューズの靴ひもを場所により締め具合を変えたいけど、今ひとつしっくり来なくてこまっていませんか?

この記事は、結ばない・ほどけない靴ひも「キャタピラン(CATERPYRUN)」のレビューです。

靴ひもは、靴を足にフィットさせるために、自在に締めることができます。でも、シューズを履くたびに靴ひもを締めるのは、面倒です。

脱ぐときに、結び目をほどいてから靴ひもをゆるめる。履くときに、靴ひもを締めてから結ぶ。それだけのことですが、とても面倒に感じます。

結ばない・ほどけない靴ひも「キャタピラン(CATERPYRUN)」を使用すると、面倒から開放されます。わたしは、外履きのスニーカーや、激しく動かない(シューティングだけの)ときのバスケットボール・シューズに使用して、とても満足しています。

この記事では、スニーカー、ウォーキング・シューズ、バスケットボール・シューズ、ランニングシューズ、バイク乗車時のシューズについて、レビューしています。

本記事を最後までご覧になりましたら、「キャタピラン(CATERPYRUN)」がどのようなものか、ご理解いただけるでしょう。

本記事を最後までご覧になり、あなたが「キャタピラン(CATERPYRUN)」を選ぶ参考になりましたら幸いです。なお、本記事は、個人的な感想を含みますので、すべての方にあてはまるものではありません。

結ばない・ほどけない靴ひも「キャタピラン」

斬新なアイデアの新世代の靴ひも「キャタピラン」をご存知でしょうか?

程よく伸縮する靴ひもに、程よい大きさのコブが実装され、靴ひもを結ぶこと無く、シューズを足にフィットさせることができます

もしも、まったくご存知なければ、一度公式サイトをご覧になるのも良いでしょう。

結ばない靴ひも【CATERPY[RUN+] | キャタピラン】公式サイト
結ばない靴ひもCATERPY(キャタピラン)を通したシューズは靴ひもを結ばなくても靴の脱ぎ履きが可能となり、程よいフィット感がもたらされます。

場所により締め具合を変える

靴ひもの締め方にこだわりがある人は、シューズの部分部分(位置)で締め具合を変えていることでしょう。それが正しいと主張する人がいますし、わたしもそう思います。

しかし、普通の靴ひもでは、 締め具合を変えてセッティングしても、時間の経過とともに少しずつ靴ひもがズレて、強く締めたところは弱く、弱く締めたところは強くと、徐々に全体が均等な締め具合になっていくことでしょう。

しかし、キャタピランではその構造により、締め具合を保持してくれます。キャタピランのコブが靴ひもを通す穴を勝手に通り抜けることがありません。そのため、シューズの位置により、締め具合を変えることができ、それを保持してくれます。

レビュー

それでは、スニーカー、ウォーキング・シューズ、バスケットボール・シューズ、ランニングシューズ、バイク乗車時のシューズについてレビューします。

スニーカー

靴ひもを結んだり、ほどいたりしない世界がこんなに快適だったなんて。

外履きのスニーカーの靴ひもを「キャタピラン」に変えたところ、不満な点はまったくありません。快適そのものです。

締め具合も、ちょうど良い感じに調整できています。

スニーカーを履くときには、ハイカット/ミドルカットの場合、足首に近い部分を広げる必要があります。足を入れる程度にスニーカーを広げても、キャタピランの伸びの範囲で収まり、コブが靴ひもを勝手に通ることはありません。

ウォーキング・シューズ

スニーカーが快適なので、ウォーキング・シューズにも使えそうなのは、想像に難くないです。

実際に、ウォーキング・シューズの靴ひもを「キャタピラン」に変えてみました。真剣に早く歩いても、好みの締め具合そのままで、快適に使えました。

シューズを脱いだり、履いたりするときにも、「キャタピラン」を調整する必要はまったくありません。快適そのものです。

バスケットボール・シューズ

バスケットボールでは競技の性質から、激しい横の動きが多いです。だからと言って、キツく締めれば良いわけではなく、できれば、シューズの位置により締め方を変えたい(前足部はゆるく、足首に近い方は少しキツく)と思っていました。

その点「キャタピラン」は、位置により締め具合を変えるのができます。バスケットボールシューズ「AND1 タイチミッド」で試しました。その結果、

  • 微調整が面倒
    • 紐はつながっているので、ある箇所を締めると隣が緩みます
  • きつく締めると、キツ過ぎる(キャタピランが伸び縮みするから)
    • 足が窮屈に感じる
  • ゆるく締めると、ゆる過ぎる(キャタピランが伸び縮みするから)
    • 激しい動くと、靴の中で足がズレる。

好みの問題だと思いますが、わたしの好みの締め具合を実現するには、もう少しだけゴムを伸びないものがちょうど良いと感じました。ただし、あくまで個人の好みなので、もっとゆるい締め具合が好みか、あるいは、もっときつい締め具合が好みの方には合う可能性があります。こればかりは、試してみるしかないでしょう。

さらに、わたしの好みでは、コブとコブの距離を少しだけ近くすると良い感じになりそうです。

ただし、シューティングなど、人と交錯しない(激しい動きを伴わない)スキル・トレーニングにおいては、十分使えますし、実際に使っています。

502CD74B-E67C-414D-92A8-F123F3A48F06.jpeg
AND1 タイチミッドに使用

写真のAND1タイチミッドに使用しているのは、「CATERPYRUN (キャタピラン) 結ばない靴紐 75cm ジャガーブラック N75-JB」です。

ランニング・シューズ

ランニングといっても、ダッシュに近い激しいものから、ジョギングのようにゆっくり流すように走るものまであります。

しかし、激しい横の動きをすることはありません。シューズと足に優しい方向の動きです。

また、ランニングシューズではとても軽いです。そのため、靴ひもを強く締める必要を感じません。レースの場合には状況が異なりますが、わたしはトレーニングだけでレースに出ることはありません。

ランニング・シューズに「キャタピラン」は、とても良くフィットします。ダッシュを繰り返しても、「キャタピラン」が気になることはありませんでした。

アウトドアは地面が滑るので、インドアでのバスケットボール・シューズのようには力が掛からないからなのでしょう。そのため、靴ひもをキツく締める必要がないからかもしれません。

実際、公式サイトでもランニングシューズでの使用をススメています。

バイク

バイク(自動二輪車)に乗らない人には、あまり知られていない話かも知れませんが、バイクでは、チェーンに靴ひもが挟まると、大事故につながる怖れがあります。

転倒したときに、車体の下からカラダが抜けない可能性だってあります。

キャタピランは、靴ひもがほどける心配がないので、チェーンに挟まる危険性がまったくありません。そのため、靴ひもをキャタピランに変えれば、好きなシューズでバイクに乗ることができます。

だけど、バイク乗りがキャタピランを使っているのをまだ見たことがありません。

なお、専用のライディング・シューズでは、靴ひもが挟まるような造りにはなっていません。

商品ラインナップ

ラインナップが増えています。試せていないので、紹介だけします。

わたしは「キャタピーアスリート」をバスケットボール・シューズで試してみたいです。

CATERPY [ RUN+ ]

ランニング・シューズには特に力を入れている印象です。

CATERPYRUN+CG

キャタピーアスリート

キャタピーアスリートは、ホールド感重視のモデル。公式ページによれば、特徴は次の通りです。

  • ゴム強度2倍
  • 厳しい動きに対応
  • コブ間を狭め細かな調整可能

キャタピーエアー

キャタピーエアーは、靴ひもの端にしかコブがありません。公式ページによれば、特徴は次の通りです。

  • ライトなフィット感
  • フリーアジャスト
  • コブが気になるという方に