キャンドゥ「ミニバランスボール(MINI BALANCE BALL)」のレビュー

3.5
この記事は約4分で読めます。

この記事は、キャンドゥ「ミニバランスボール(MINI BALANCE BALL)」のレビューです。

一般に馴染みがあるようで、だけど実は、それほど理解されていないかもしれない「柔らかい小さな(直径:約20〜25cm程度)ボール」は、そもそも、どこでも通用する名前が存在していないのが困ります。 フィットネスボール/(ミニ)バランスボール/スモールボール/ピラティスボール/エクササイズボールなどと呼び名がたくさんあります。

ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」は、直径:26cmで耐荷重量:90kg、キャンドゥ「ミニバランスボール(MINI BALANCE BALL)」は、直径:20cmで耐荷重量:70kgです。

多くの店舗に概ね安定して品物があるように感じます。

本記事では、ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」との比較もしています。ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」のレビューは下記をご覧ください。

この記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

キャンドゥ「ミニバランスボール(MINI BALANCE BALL)」

青と赤の2色あります。なぜか単色ではなく、中途半端なグラデーションっぽい色使いです。このグラデーションっぽさは、膨らましてもそのまま残ります。

材質は、塩化ビニル樹脂です。ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」と同じ材質です。

しかし、表面加工は分厚いビーチボールのような感じでツルツルしています。

ダイソーのは”ざらついた”つかみやすい加工です。(理学療法の部屋に用意されているホンモノと同じ感じです)

更に、品質保持のためだと思いますが、何か少しベタつくものが塗ってあります。

裏面には、空気の入れ方と抜き方がイラスト付きで丁寧に書いてあります。わたしには不要です。

ダイソーのと同様な注意書きがあります。

空気の入れ過ぎにご注意ください。直径20cm以上膨らませると破裂する怖れがあります。
直径20cmまで膨らませなくてもご使用いただけます。

もちろんノンバースト仕様(穴が空いても破裂しない仕様)ではありません。しかし、通常の使い方では破裂する気配はありません。

パッケージ記載の使用例

パッケージには、使用シーンのイラストがあります。

空気圧

畳まれていたときのシワが伸びきらないくらいの、ギリギリ球体になるくらいの低い空気圧をオススメします。その状態でしばらく使ってから、必要に応じて少しずつ空気を足すやり方が調整しやすいと思います。

空気入れ

空気入れは別売です。球技で使用するボールのように、高価なボールもメンテナンスするのでしたら、ちゃんとした空気入れを試用することをオススメします。

些細なことかもしれませんが、空気入れには潤滑剤(グリセリン)を使用すべきだと思います。習慣になれば何も面倒なことはありませんし、バルブが壊れる確率が下がると思います。

使い方

使い方は、ダイソーのレビューに記載したコメントをどうぞご覧ください。

ダイソーの商品とどちらを選ぶか?

わたしは、ダイソーの商品が好みです。

サイズが異なりますので、どうしても20cmが欲しいのであれば本商品の一択です。ダイソーの商品は26cmです。

耐荷重が異なりますので、体重がある方はダイソー(耐荷重:90kg)の商品の一択です。本商品は70kgです。

理学療法で使用されるボールと似た感触を求めるのであれば、ダイソーの商品の一択です。本商品はツルツルした感触です。

わたしは理学療法で使用されるボールト似た感触を求めますので、ダイソーの商品を選びます。もう少しだけ小さい方が良さそうな気がするのですが。

コメント