ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」のレビュー

この記事は約4分で読めます。

この記事は、ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」のレビューです。

一般に馴染みがあるようで、だけど実は、それほど理解されていないかもしれない「柔らかい小さな(直径:約20〜25cm程度)ボール」です。

そもそも、どこでも通用する名前が存在していないのが困ります。 フィットネスボール/(ミニ)バランスボール/スモールボール/ピラティスボール/エクササイズボールなどと呼び名がたくさんあります。

ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」は、安価で丈夫(耐荷重量:90kgはスペック通り)、多くの店舗に概ね安定して品物があるように感じます。

この記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

理学療法

フィットネスボールを内股に挟んで潰すエクササイズや、膝裏に挟んで潰すエクササイズは、もちろん知っていましたが実行してみたことはありませんでした。

膝の関節可動域を広げるために理学療法を受けたときに、初めてやりました(やらされました)

「ゆっくりと半分程度の力で」との指示で、10rep/2set程度やりました。真剣に治療を受けましたが、率直なところ効果はまったく期待していませんでした。

しかし、帰路についてみると「何!この軽さは!」という感覚に驚いた次第です。軽度の筋力トレーニングによる刺激で、身体の使い方が(一時的に)変わったのでしょう。

少しでも効果があるのなら、自分でやります。理学療法室で触ったボールの感触を忘れない内に、ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」を購入しました。大きさは少し小さいかもしれませんが、ボールの感触はとても似ています。

ダイソー「フィットネスボール(FITNESS BALL)」

青と赤の2色あります。鮮やかな色ではないので、店頭では目立たないと思います。

シッカリと畳まれています。最初は少しシワが気になると思います。

材質は塩化ビニル樹脂です。耐荷重量は90kgです。サイズは26cmです。

空気の入れ方の注意として次の一文があります。

直径26cm以上に膨らませないでください。26cmまで膨らませなくてもご使用いただけます。

安価ですから、もちろんノンバースト仕様(穴が空いても破裂しない仕様)ではありません。しかし、通常の使い方では破裂する気配はありません。劣化すれば分かりませんが。

パッケージ記載の使用例

パッケージの裏面には、使用例がイラスト付きで記載されています。これを元に動画をさがしても良いかもしれません。

空気圧

畳まれていたときのシワが伸びきらないくらいの、シワが少し気になる程度の、ギリギリ球体になるくらいの低い空気圧をオススメします。

その後、実際に使用してみてから、必要に応じて少しずつ空気を足すやり方が調整しやすいと思います。

空気入れ

この商品に空気入れは付いてきません。できれば、球技用の空気入れをオススメします。

球技もするなら、ボールのバルブを傷めないように潤滑剤(グリセリン)を使ってていねいに空気を入れる習慣をオススメします。

使い方

使い方は無数にあり、体幹トレーニングやピラティスなどの動画がたくさん見つかります。でも、簡潔なスポーツのトレーニング用のセットは、案外見つかりません。探すこと自体を楽しむ余裕が必要かもしれません。

フィットネスボール/(ミニ)バランスボール/スモールボール/ピラティスボール/エクササイズボールなどのキーワード(日本語/英語)で検索すると、たくさんヒットします。

ピラティスボールで検索したからといって、ピラティスばかりヒットするワケではないのが面白いです。

下記の単純そうに見えるエクササイズは、実行した結果、確かにO脚改善に良い効果がありそうです。ツマラナイ・エクササイズですが、効果があるので続けています。

ミニボールで内もも引締め【O脚改善】エクササイズ

下記の動画はピラティスについてのものです。独特な雰囲気の2人組による、ワークアウトの短い動画がたくさんあります。

Japanese Version:: ティーザー・ツイスター・ウイズ・スモールボール

コメント