LSD

スポンサーリンク
トレーニング

鼻呼吸のススメ(2)LSDで疑似高地トレーニング

書籍「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法」に従えば、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)中に「息を止める」ことで、高地トレーニングと同様な効果を期待することができそうです。
トレーニング

鼻呼吸のススメ(1)LSDで鼻呼吸

わたしは睡眠時に口呼吸であり、運動時も口呼吸を躊躇無く取り入れていました。呼吸法の改善として、鼻呼吸でLSD(ロング・スロー・ディスタンス)を走ることは、割と無理なく実行できました。
心拍トレーニング

LSD(3)

ロング・スロー・ディスタンス(LSD)の心拍数コントロールを言葉で表現すると「『心拍数の取り得る範囲の真ん中』の心拍数に維持する」となるでしょう。
心拍トレーニング

LSD(2)

ロング・スロー・ディスタンスにはウィーンフィル・ニューイヤーコンサートが良く合うと思います。
心拍トレーニング

LSD(1)

「ゆっくり長い時間(距離)走れば持久力が付く」と、80年代には知っていたのですが「どれくらいゆっくり?」とか、「どれくらいの時間(距離)?」かは分かりませんでした。調べてから試してみました。
スポンサーリンク