突き指のリハビリ

この記事は約4分で読めます。

突き指がなかなか治らなかったり、ほぼ治ったときに、再度同じ箇所を突き指していませんか?

突き指のリハビリをすれば、機能回復の助けになるし、再発防止にも役立ちます。わたしも突き指のリハビリをするようになってから、いわゆる「突き指ぐせ」が減りました。

本記事では、「一度突き指すると、なぜ、再度突き指しやすいのか?」を説明し、リハビリの方法を紹介します。

本記事をご覧になることで、積極的にリハビリを行うことができ、同じ箇所を再度突き指することが減るでしょう。私は医療従事者ではありませんので、記事の内容は個人の試行と感想に過ぎませんが、十分に調べた上で、実践している内容です。

なぜ再発させるのか?

指が健康な状態にあるときに、突き指しにくいのは、指が反るからだと言われています。しかし、突き指をすると関節可動域が狭くなり、治ったつもりでも関節可動域は狭いままです。そのため、再度同じ箇所を傷めやすくなっています。

リハビリでは、関節可動域を確保しつつ、機能を回復する必要があるでしょう。

リハビリ

指は、細かいことができる部位なので、元の機能を回復するのに時間が掛かります。根気よくリハビリをしなければならないです。

指を開く(反らせる)

早く治すために、そして、ちゃんと治すためには指を開く(反らせる)リハビリが有効です。 しかし、指を反らせるトレーニングの道具はあまり知られていません。わたしは「ラッキーウエスト(Lucky West) フィンガートレーナー LW-A3788S」という製品を使っています。

適当なゴムなどでももちろん構わないのですが、ズレて動作しにくいでしょう。

「ラッキーウエスト(Lucky West) フィンガートレーナー LW-A3788S」は、強/中/弱の3種類がセットになっています。

骨折や脱臼など長期間固定すると、最初のリハビリでは指を反らせることができないでしょう。わたしが脱臼したときは、ギプスを外した最初の1週間は反らせることができませんでした。2週目から弱を使い、すぐに強で反らせる動作が出来ました。しかし、指を開くことは出来ても指は十分には反りません。

下記の記事は、指を開く(反らせる)トレーニング器具をまとめたものです。

動かす

回復の途中からは動かした方が早く治ると思います。関節は動くことにより栄養が運ばれます。ですから、早い段階から無理せずに動かすことが求められます。驚くほど柔らかいものを使用して動かすのが良いでしょう。

わたしは「秦運動具工業 セラピーエッグ ソフト オレンジ TCE108S」という製品を使っています。

この商品のシリーズには、もっと硬いミディアムとハードのラインナップがありますが、鍛えるのではなく動かすことが目的なので、ソフトを使用しています。

骨折や脱臼など長期間固定すると、「セラピーエッグ ソフト」でも硬いかもしれません。わたしが脱臼したときは、ギプスを外した最初の1週間は、幼児でも扱えるスポンジボールを使いました。

写真は、ダイソー「ぷにゅボール」です。これ以上柔らかいボールは無いと言えそうなほどの柔らかさです。

最初は、これさえも満足に潰せません。2週目から「セラピーエッグ ソフト」を使っています。

握る

ある程度治ったら、その指を鍛え直す必要があります。普通のハンドグリッパーでは、いつまでも弱い指を無意識にカバーしてしまうでしょう。

わたしは「フィンガーマスター」を使っています。問題のある指に確実に力を入れることができます。

骨折や脱臼など長期間固定すると、その指単独で力を出すのは難しいです。わたしが脱臼したときは、ギプスを外した最初の1週間は、指の可動域も狭いので、単独ではトレーニングしていません。2週目からフィンガーマスターが使えるようになりました。

ハンドグリッパー

骨折や脱臼など長期間固定すると、固定していない指を使っていたとしても、握る力は驚くほど衰えています。関節可動域が著しく制限された指があると、手が十分には使えていないことが原因です。

その場合、弱いハンドグリッパーから根気よく十分にトレーニングしていく必要があります。

ハンドグリッパーでは、リハビリ中の指があまり参加せずに握ることになりますが、それでもハンドグリッパーを使えば、手全体の機能回復に役立ちます。

コメント