ホテルのインターネット環境(1)

この記事は約3分で読めます。

たったの19gのWiFiルーターを持参するだけで、どれだけ楽にホテルのインターネット環境を利用できるかという話です。

スポンサーリンク          

現状と課題

国内のホテルを利用する場合、インターネット環境が用意されていることが多くなりました。しかし、無線LAN環境が不安定だったり、通信速度が今ひとつのときがあります。 あるいは、有線LANのみなので、現代の無線LANを利用したいデバイス(スマホ、タブレット、ノートPC)では接続に困るときがあります。出掛ける前、事前に通信環境を調べるのは無理ですから、なかなか面倒な問題です。

用意するもの

そこで、WiFiルーターを持参することで、ホテルの環境にあまり影響されず、高速で安定した無線LAN環境が使えています。

  • WiFiルーターを持参することで、安定した無線LAN環境を利用できます(事前に簡単な設定をするだけで、現地での設定不要
  • (事前に接続テストしているから)デバイス(スマホ、タブレット、ノートPC)の現地での環境設定不要

実際に持参しているのは、USBケーブルを除くとWiFiルーター(写真、右の赤丸)と電源アダプタ(左の赤丸)です。

580F3AF8-7CB0-493E-B515-6F4C54AD5DFE.jpeg
左下の白いのはモバイルバッテリー、
右下の黒いのはiPad mini

WiFiルーター

写真のWiFiルーターは「BUFFALO 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ホテル用 WMR-433W-BK」です。安価で軽量(19g、単三電池以下)なので、まったく不満がありません。

参考

製品そのもののレビューは、下記に詳しいです。

【レビュー】出張や旅行でも、もう通信速度制限に悩まない!有線LANをWi-Fi環境に変えてしまうBUFFALOのWi-Fiルーター「WMR-433」が神! - パラレルキャリアで生きていく。
出張で困るのは、スマホの通信速度制限ですね。 私も1か月間出張した時に月の後半はもっさりするiPhoneでスト …
ホテル用にWi-Fiルーター (バッファロー WMR-433W)を買ってみた
バッファロー社製の小型Wi-Fiルーター、WMR-433Wのレビューです。

電源アダプタ

電源アダプタは持参せずに、各製品(スマホほか)添付のものでもいいのですが、少しでも荷物を少なくするために3個口を持参しています。

最近はモバイルバッテリーが増え、荷物はiPhone, iPad mini, モバイルバッテリー, WiFiルーターを使用するので、4個口の電源アダプタが欲しいです。荷物がコンパクトになるばかりでなく、ホテルのコンセントが少ないときもあるので、電源アダプタは重宝します。

重量

スマホ程度の重さ(百数十グラム)があります。

その他

580F3AF8-7CB0-493E-B515-6F4C54AD5DFE.jpeg
左下の白いのはモバイルバッテリー、
右下の黒いのはiPad mini

LANケーブル

写真のLANケーブル(右上の束ねてあるグレーのケーブル)は、ホテルの備品です。ホテルの備品が今ひとつ信用できないので、念のため「軽量なもの」を持参しています。爪が折れない、フラットケーブルです。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー(上の写真の白い箱)の性能向上は著しく、長距離移動などで長い時間コンセントが使えない場合には、一つあれば重宝します。 写真のは「Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 」ですが、ポケモンモデルのためか、キャンペーン価格で購入できました。このお陰で、1日中コンセントが使えなくても、困ったことはありません。180gです。