ノロ、インフルエンザ、新型コロナ対策に次亜塩素酸を忘れていませんか?

この記事は約8分で読めます。
次亜塩素酸による消毒は有効

新型コロナウイルスによる感染症は、予測できない感染の広がりで、被害と不安が増すばかりです。

感染経路が接触感染/飛沫感染に限られると思われていた段階から、エアゾール感染/空気感染/経口感染ふん口感染(排せつ物を介した経口感染)などが疑われるようになってきました。

新型コロナが収束するまでは、手洗い、消毒など出来ることを続けていくしかありませんが、アルコールは品不足です。でも次亜塩素酸の関連製品はまだまだ購入可能です。

次亜塩素酸による除菌は、あなたが出来ることの一つでしょう。

ウイルス抑制力のある次亜塩素酸は、ノロウイルス、インフルエンザウイルスにも有効です。インフルエンザの季節はまだ続きます。

このページをご覧になって分かることは次の通りです。

  • 次亜塩素酸がウイルス抑制すること
  • 次亜塩素酸のウイルス抑制力を利用した製品
    • スプレー
    • 空間洗浄の噴霧器

ところで、次亜塩素酸には、強力な消臭力があります。ペット関連グッズとしては従来から有名です。このページではウイルス抑制力に焦点を当てていますので、消臭力についてはあまり触れていません。

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク          

はじめに

アルコールで手指を消毒するのは有効

わたしは、ヒトも動物であるので適度な清潔でいいのでは? と思っています。過剰に消毒すると必要な常在菌まで殺してしまうような気がしています。

しかし、現代の社会生活は動物の生活ではないことも分かっています。ヒトが密集し過ぎです。ましてや、体調がよくない人や持病(基礎疾患)を抱えている人もいます。だから、「消毒し過ぎないようにしよう!」などと言うつもりはありません。

新型コロナの不安により、マスクやアルコール消毒液などが売り切れています。見えない恐怖による不安のためか、買い占めも起きています。医療関係などマスクやアルコール消毒液などが欠かせないところに流通してくれればと願っています。

それにしても値段を吊り上げている転売屋の存在は悲しいですね。天災や病気を利用した価格操作はいけません。

次亜塩素酸

次亜塩素酸は、手指などの消毒にすっかりお馴染みになったアルコールほどには、知られていないように感じます。

次亜塩素酸は、除菌力、ウイルス抑制力に優れています。厚生労働省の「高齢者介護施設における 感染対策マニュアル」「保育所における感染症対策ガイドライン」でも、介護施設や保育所でのウイルス対策として紹介されています。プールやほ乳瓶の除菌、水道水の浄化、食材の洗浄など、幅広い分野で活用されています。言われてみれば、ご存知の方も多いでしょう。

下記の記事では、簡潔に次亜塩素酸水の安全性が解説されています。

https://sonaeru.jp/goods/disinfectant/hypochlorous-acid-water/g-22/

しかし、濃度の調節は効果と安全性に影響しますので、市販品を使用することをオススメします。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸水は、紫外線に弱く長期保存ができません。そのため、製品には保存期間(数ヶ月)が定められています。次亜塩素酸ナトリウムは安定していて、そのようなことがありません。

適切な濃度の次亜塩素酸水は安全ですので、皮膚にかけても問題ありません。次亜塩素酸ナトリウムは製品化における工夫で、安全になっています。

いずれにせよ、製品説明に従ってご使用ください。

狭い空間の消毒

タクシーなど公共交通の消毒は課題

タクシー運転手が車内に消毒用アルコールをたくさん振り掛けて、拭き取り清掃している姿は、報道でご覧になった方も多いでしょう。

業務上の作業とはいえ、面倒な手間に取り掛かる姿に頭が下がります。

モノにふりかけるのでしたら、消毒用アルコールよりも次亜塩素酸の方が有効だと言われていまが、あまり知られていないのでしょうか。

次亜塩素酸のスプレー

次亜塩素酸水のスプレーは、通販サイトでも取り扱っています。

品切れになっている商品もそれほどなく、転売屋の影もそれほど感じません。

チャーミスト

チャーミストは医療機関でも使われている除菌剤です。東急ハンズでも取り扱われていますので、ご存知の方も多いでしょう。

チャーミストは次亜塩素酸ナトリウムと高純度な希釈水を特殊製法で混合しています。

一般に次亜塩素酸ナトリウムは、次亜塩素酸水とは異なり直接皮膚に触れさせることはできません。しかし、チャーミストは赤ちゃんが口にいれても安全です。金属への腐食性、有毒ガスやトリハロメタン の生成、活性酸素の発生などがなく、人と自然に優しい製品です。

エクリア ゼロ

エレコム(ELECOM)のエクリア ゼロ(HCE-DL01)は、持ち運びに便利な携帯用スプレーボトル付きの原液タイプ(500ml)です。携帯用スプレーボトル(30ml)に入れて、ご自宅はもちろん、職場など外出先でも使える商品です。

成分は、次亜塩素酸と精製水で、弱酸性です。

自動車やトイレ、室内の空間洗浄

モントロワ・ブランドを送り出している株式会社三山TTCは、平成26年10月に株式会社三山精工より分離独立したベンチャーです。

モントロワ・ジアフリーの除菌消臭能力は、外部機関を使った実証試験の結果は、「除菌消臭能力」に公開されています。

ジアフリー除菌消臭器のメカニズムは、食塩水を電気分解して次亜塩素酸水を生成して気化し、次亜塩素酸の超微粒子を室内に放出します。

アルカリ単3乾電池4本で約2ヶ月連続運転可能という、優れモノです。原料は食塩水ですのでランニング・コストも掛かりません。

およそ6畳まで対応の広さですので、自動車やトイレなどの狭い空間でも効果を発揮します。

家庭の空間洗浄

ZiACO(ジアコ)

ZiACO(ジアコ)は、安心・安全なお水をお届けする「クリクラ」が開発した次亜塩素酸水溶液を定期的にお届けしてくれるサービスです。

専用噴霧器は、無料レンタルです。

原料は、クリクラの原水(RO膜処理水)ですので、専用噴霧器にカルキが付くことはありません。

専用噴霧器はメンテナンスフリーです。次亜塩素酸水溶液を入れるだけです。

メンテナンスフリーですが、当然、故障などに対してサポートを受けられます。

専用噴霧器は、A4用紙より少し小さい(19.3cm x 27.5cm)面積をとります。
高さは32.5cmです。
下記の動画をご覧になれば、サイズがよく分かるでしょう。
 

ZiACO(ジアコ)の次亜塩素酸水溶液は、ヒトにもやさしい弱酸性~中性ですので触れても問題ありません。

ZiACO(ジアコ)は、ペットの消臭ではとても有名ですので、室内で犬猫を飼われている方はご存知でしょう。

詳細は「部室の臭い対策にも使える、次亜塩素酸でウイルス除菌・消臭・花粉対策のZiACO(ジアコ)」をご覧ください。

3L入りのパウチが4週ごとに3個届くサービスです。
定期お届けは休む(スキップ)ことができますが、休んでいる期間はレンタル料1,100円(税込)が掛かります。

無料のお試し期間(1週間の目安)があります。
 

除菌水ジーア

除菌水ジーアは、次亜塩素酸水の宅配定期便サービスです。「除菌水ジーアでウイルス対策」にレビューを書きました。

ジアイーノ(ziaino)

三洋電機のウイルスウォッシャーを引き継いで、パナソニックが販売している次亜塩素酸・空間除菌脱臭器がジアイーノ(ziaino)です。

ジアイーノは、テレビCMで見かけることも多いでしょう。室内に据え置き型で電源を必要とします。少々高価な商品です。

私的には、ヒット商品の「目の付け所が〜」な空気清浄器よりも効果が確かな分、ジアイーノが良いと思います。

おわりに

見えないウイルスから身を守る

新型コロナウイルスによる感染症は、潜伏期間が今ひとつ分かりません。潜伏期間でも感染力があるかもしれないとか、感染しても無症状の人がいて、その人からも感染するかもしれないとか、分からないことだらけで不安です。

不明なことが多いですが、次亜塩素酸による消毒は有効な予防策です。わたしは落ち着いて、出来ることをやっていきます。

パンデミック

ところで、パンデミックの恐怖は、小説の題材になるように昔から人類が恐れていることです。

パンデミックは映画の題材にもなっていますので、映画を見ることで新型コロナウイルスに向き合うための参考になるかもしれません。

下記の記事では、パンデミック映画を紹介しています。その映画を配信している動画配信サービスには、無料お試し期間がありますので、出費を伴わずに映画鑑賞できます。

新型コロナ対策?! パンデミック映画「コンテイジョン」を配信しているサービスは?
新型コロナウイルスによる感染症は、世界規模の感染拡大でとても不安です。 ヨーロッパでは、爆発的に感染が拡大し医療崩壊を招いています。 日本ではまだそこまで感染が広がっていないかのように見えます。それでもマスクやアルコール消毒液の不足のみなら

下記の新書はブルーバックスですから、専門知識がない一般読者向けに解説しています。なお、新書は現在絶版です。電子書籍もあります。

コメント