きくち体操の「足首回し」

Susan CiprianoによるPixabayからの画像

「きくち体操」をご存知でしょうか?

きくち体操
きくち体操のホームページ。きくち体操は創始者菊池和子の『動くことはなぜ心と体によいのか』という素朴な疑問から出発し、『どう動かすと体のどこにどういいのか』を50年以上にわたり繰り返し研究・実践し、その結果確立した『健康に直結する動き方』の集大成です。

2019年1月12日、DVDブックが増刷(第6刷)されました。

「きくち体操」というものを耳にしたけど、どんなものか分からず、概要を知りたいでしょうか?

この記事では、「きくち体操」について簡単に紹介しています。もちろん、上記のDVDブックをご覧になる方が、正確で網羅的に知ることができるでしょう。

わたしも「きくち体操」を知らなかったので、調べて少しだけ試してみました。この記事を最後までご覧になったことで、「きくち体操」に興味を持てるかどうかの案内になれば幸いです。興味を持てれば、次にご覧になるWebページやDVDブックへの案内になるでしょう。

「きくち体操」は流行っている

「きくち体操」というのがとても流行っていて、近所のご婦人が川崎教室に通っているという噂を聞きました。年配の方には遠いであろう川崎まで、そして健康上の問題はなさそうな人が通い、その魅力を他の人に広めようとしている・・・何がそれほどの魅力なのでしょう。

少しだけ調べたところ、常設の体操教室があるほどの盛況で、講演&出版物が多数あります。しかし、いわゆる健康体操の一つにしか見えず、特別興味を持てませんでした。ところが先日、たまたま民放で「きくち体操」を出演者に実践させて「テレビをご覧の皆さまもご一緒に!」と誘うので、誘われるがまま試してみました。

出演者は「うー」「あー」「効くー」などと、痛いながらも気持ち良さそうに喜んでいましたが、まったく共感できませんでした。出演者の皆さんは長い期間、運動不足なのでしょう。しかし「足首回し」だけは、足がポカポカすることはもちろんのこと、特別な何かをわたしの身体に与える気がして続けています。

足首回し

「足首回し」は、正確には「足と手の指の握手」と「握手して足首を回す」です。そのやり方は下記をご覧になれば、分かります。

エラー

少しだけ気になるところは次の通りです。

  • ゆっくりと5秒掛けて、足首を一回転させる
  • 手で回すというより、脳で足首を意識しながらゆっくり大きく回す

FMT整体

FMT整体が、動作が似ている動画を提供しています。似ている動作なんだけれど、精神性はまったく異なると思います。その大きな要因として、「きくち体操」創始者のカリスマ性が関与していることは疑いようがありません。

「きくち体操」では身体に感謝し、さらにコンディションが良くなるように会話しながら続けているように思います。

「足首回し」|自宅で出来るセルフケアシリーズ

握手できない

「きくち体操」の特色の一つに「足と手の指の握手」または「足と手の握手」と表現されるものがあります。しかし、とても残念なことに、私は握手できません。

わたしの手は小さく、だけど分厚くて、指は短く太いです。そのためか、足とガッチリ、しっかり深く組み合わさせることができません。最初、親指側から組みましたが、上手くいかず浅く誤摩化しました。先ほど紹介したのサイトに下記の説明がありましたので、小指側から組んでみたところ、少しだけマシになりましたが、やはりシッカリ深く組み合わさせることができません。

足の小指のほうから、手の小指を入れていき、順に薬指、中指、人さし指を入れる。足と手の指のつけ根同士がぴったりくっつくように組み合わせる。

「付け根をピッタリ付ける」ために、少しずつ足指の関節可動域を広げる必要がありそうです。

握手したくない

さて、握手であろうがなかろうが、日常で足指を触りませんよね? わたしは触りません。オッサンだからか、自分の足が汚いものに感じています。そのため、入浴後しか「足首回し」をする気がしません。

デオシーク

DVDブック

入手困難となっていた宝島社のDVDブックですが、2019年1月12日に第6刷が発行されています。

特別関連記事

コメント