站椿功(タントウコウ)

站椿功(タントウコウ)がとても気になるので、調べて実践しているところです。見た目は単純なのですが、難解です。まだ、5分程度しか実践していませんが、手から何かが出て来るような感じがし、丹田の存在を感じます。

立禅

Wikipediaで立禅を見ると站椿功が登場します。

立禅(りつぜん)とは、立って行う東洋的瞑想法の名称として、しばしば用いられる言葉である。太極拳の站樁功のことをいう場合が少なくない。

Wikipedia から引用

太気拳における立禅として、次の魅力的な効果が載っています。

・心身をひとつにする。
・身体の中心感覚を養成する。
・人間の持つ本能を呼び覚まし動物的な反応や動きが可能になる。

Wikipedia から引用

站椿功(タントウコウ)

起源

中国武術の基本的な鍛錬法として始まり、各方面(武学、気功など)で発展、継承されていったのだと思います。

武学や気功など継承された世界の違いで説明が異なることが、站椿功を難解にしている気がします。

表記

站椿功の站は「身を起こす。起立する」という意味です。椿は、本当は木へんに春ではなく、日の部分が臼で「杭」という意味らしいです。站椿の意味は「杭のように立ち続ける」となります。

気功における説明

気功や氣が理解できていないので、記事の最後に紹介したサイトから引用いたします。

力まずとも怒涛の氣の放出を可能にする身体を作る方法のひとつが站椿功である。

(中略)

氣がわかり、その流れがわかると、姿勢も呼吸法も心の在り方もどーでもいいということが理解できるのである。

気功真髄・站椿功 から引用

深層筋にテンションを掛け、刺激を与えて血流を促し、それにより氣を生み出すのが目的であって、深層筋を「鍛える」ことが目的ではないのである。だから、表層筋に限らず深層筋についても、筋力トレーニングと考えてはいけないわけであるが。

站椿功・手3「站樁功における手の役割」から引用

站樁功で使う骨格筋としての深層筋は姿勢やバランスを保つために勝手に働く不随意筋であるので、意識では動かすことができないということを理解しないと、表層筋中心の筋力強化のための筋肥大が目的のトレーニングになって、氣を生み出すための気功効果はなくなってしまうのである。

站椿功・立ち方5「バランス」から引用

武学における説明

丁寧な説明で、最後までしっかりと拝見しました。形は分かるのですが、説明が今ひとつ理解できませんでした。

【簡単にできるバランストレーニング】站椿功(タントウコウ)

メカニズム

想像で書きます。

独特のポーズで立つことでアウターマッスルを緩めて、下記の筋肉などにテンションを与え続け、その周辺の血流を高めます。

  • 関節の安定に関与する筋肉と腱
  • 抗重力筋(脊椎起立筋、大腰筋、ヒラメ筋など)

抗重力筋などを意識させやすくするために、長時間同じ姿勢を維持します。さらに、不動の姿勢のため、意識しやすい筋群(アウターマッスルなど)が意識から外されます。

そのため、意識できない/意識しにくい、抗重力筋などへの意識が高まります。

いわゆる直立ではなく、独特のポーズで立ち続けると、前寄りの重心になっているので、バランスが崩れかけている状態になっています。そのため、抗重力筋などにテンションが掛かり続け、身体はより丈夫になろうとして、活性化されると思います。

静止しているのですが、抗重力筋などにはテンションが掛かり続けるので、血流が生じ身体が熱くなります。

やり方

理解できたポーズの取り方のメモです。YouTubeやWebサイトを覗くと、少しずつ異なる説明が見つかると思います。

  • 全身を緩める
  • 足を肩幅よりも少し広めに開いて立つ
    • 肩幅か、それより狭いと不安定になり長時間行いにくい
  • 足先の向きは平行
    • 両膝の間に大きな風船を挟む感覚
      • 脚の外側と足裏の外側に重心が掛かる
    • 足先が開くとエネルギーが逃げる
  • 重心は前寄り
    • 足指の付け根辺り
    • 膝を緩める
    • 踵に荷重しないつもり(踵を浮かせない)
    • 首の付け根を重心に乗せる
      • 母指球に意識を置いてから、首の付け根を乗せる
      • 足、腰、頭部が垂直に並ぶ
  • 手を胸の前に構える
    • 手のひらを丹田に向ける
    • 胸と下腹部の間に大きなボールを抱く

ご参考

站椿功(タントウコウ)の正しいやり方 : 胆力を鍛えるブログ
胸の前で大きなボールを抱くように両腕で輪をつくり、高い椅子に腰掛ける様に膝を緩め長時間、杭の様に立ち続ける。上記のタントウコウの説明を読んでやってみようと思う人が何人いるだろうか?少なくとも私は長い時間立つだけの功法なんてやってみようとも思わなかったある
タントウコウ 重心のかけ方のヒント : 胆力を鍛えるブログ
タントウコウにおける重心のかける場所は前足部の親指の付け根なのですが最初は親指の付け根というのがよくわかりませんでした。何冊か気功関係の本を読んでいて、なるほど!これか!と思った本を紹介しますね。著者、藤平光一 健康の秘訣は気にあり―誰にでもできる活用法の

下記のサイトはとても分かりやすかったです。文章量がありますが、独特のユーモアの占める割合が多いです。

站樁功【気功の穴・象気功】

コメント