重いボールで練習する

5CD75D6C-0231-4CD0-9483-1CCACB5D1F7B.jpeg
(左上が1kg、右上が760g、下が検定球)
  • バスケットボールの練習に重いボールを使っていますか?
  • バスケットボールの練習に使える重いボール、どの程度の重さが良いか分からずに悩んでいますか?

この記事は、バスケットボールの練習に使える重いボールのレビューです。

わたしが実際に使っている上での感想です。

バスケットボールの練習(スキルトレーニング)に重いボールを使うことは、たいへん危険を伴います。数値で見るとわずかに思いボールであっても、不意にぶつかると深刻なダメージになる可能性があります。

実際に重いボールを使用する場合には、十分にご注意ください。

本記事を最後までご覧になり、あなたが重いボールを選ぶ参考になりましたら幸いです。なお、本記事には個人的な感想が含まれますので、すべての方に当てはまるものではありません。

メディシンボール(medicine ball)

重いボールはメディシンボールと呼ばれることもあります。メディシンボールの外観が、バスケットボールの形状をしているものは沢山あります。

しかし、重いボールの内、バスケットボールのスキル(シュート/ドリブル/パス)トレーニングに使えるモノはそれほど多くありません。

バスケットボール用ではない重いボールは、そもそもバスケットボールのようには弾みませんので、スキルトレーニングに使えないでしょう。仮に弾んでも、重過ぎるとシュートやドリブルはできないです。

普通サイズの人間にとっては、2kg以上のボールではスキルトレーニングにならないでしょう。フォームが崩れるか、故障を招くと思います。

それでは、どの程度の重さが適切でしょうか。

スキルトレーニングに使える重さ

スキル・トレーニングに使える重さの判断は、フォームが崩れないことだと考えています。重過ぎると効果がないばかりか、悪いフォームにつながると思います。  

モルテンのラインナップ

モルテン社には、重いボールが3種類あります。競技用ボールメーカーですので、すべてある程度スキルトレーニングに使えると想像します。

重さ仕様品番
600-650g 検定球(参考)貼り・天然皮革BGL7X
約760g貼り・人工皮革B7C9076
約1,000g貼り・天然皮革B7C9100
約1,400gゴムB7C9140

しかし、1,400gのが”ゴム”製であるのことは、気になります。スキルトレーニング用ではなくて、”トレーニング用の重り”なのかもしれないと感じさせます。

シュート

わたしはシュートレンジを広げるために、重いボールの利用を考えたのですが、実際に使ってみないことには自分が求めている重さなのか分かりません。

まずは、革貼り1,000gのを使ってみました。  わたしが非力なためか、1,000gではとても狭いシュートレンジでしか打てません。フリースローがやっとの感じです。それ以上の距離ではフォームが崩れてしまいます。

少し重いボールで、ロング2ポイントが打てる程度を希望していたので、1,000gでは少々重過ぎる感じです。

インサイド・プレイヤーで、シュートレンジの想定がペイントエリア+アルファならば、1,000gが適切な重さかもしれません。アウトサイドプレイヤーでカラダが大きくなければ、ほとんどの人にとって1,000gは重過ぎるでしょう。

卓越した身体能力の人は、1,000gでもスキルトレーニングが問題無く使えるかもしれません。実際のところ、検定球と同じように3ポイントを打てるのは、わたしの周囲で知る限り、ただ一人です。

人工皮革の760gのは、もう少し楽に扱えます。検定球と比較して、たったの百数十グラムの増量で良かったとは、まったく予想できませんでした。

たった百数十グラムの増量なのですが、持てば誰だってすぐに気が付くほどの増量です。

わたしが使っているのは、古いデザイン(白いパターンが無いもの)ですが、人工皮革がすべります。すべると無用なストレスがあります。重いボールでトレーニングしたいのに、「重くてすべる」では困ります。

新しいデザインの方が、見た目にはすべらないように見えますが、使ってみないことにはホントの感じが分かりません。

760gは、ロング2ポイントを打つのが大変で、フォームが崩れないように気を付けなければならない程度の重さです。

インサイド・プレイヤーにとっては、760gのボールは意味が無いように感じるかもしれませんが、トレーニング効果はあるでしょう。

重いボールを使ったからといって、どんどんシュートレンジが広がることはないと思います。経験上、それよりも、フォームの安定や精度の向上につながると思います。

ドリブル

ドリブルにおいて、重いボールを使用する目的は「シッカリとボールを突けるか」という点でしょう。素早いドリブルテクニックのためには使えません。

左手(利き手じゃない側)のドリブルが苦手な人は多いでしょう。わたしもその1人です。

左手でシッカリとボールを突けるようにするために、重いボールを使用すると効率的なトレーニングに感じます。760gより1,000gの方が、トレーニング効果がありそうに感じます。

2個のボールを使って、両手でドリブルを突くトレーニングでは、手の感触が養われます。重いボールを混ぜてトレーニングすれば、より効率的にトレーニングできるように感じます。

パス

シッカリとしたチェストパスの練習に、重いボールを使うと効果があるでしょう。中高生や女子には、特に効果があると思います。オトナには、もっと優先すべき課題があると思います。

ショルダーパスに重いボールを使うと、故障を招きそうに感じます。わたしは絶対にショルダーパスはしません。

いつ使うか?

練習の後半では、重いボールは使わないようにしています。重いボールを扱う感触が、脳に染み付くような気がします。

練習の後半では、検定球しか使わないようにしています。