ハンドグリップ

ハンドグリップの効果として、握力が鍛えられ、スポーツのパフォーマンス向上が期待されるのはもちろん、血圧低下や器用さの向上なども言われています。

5DAC856C-0F86-442F-A7CD-285C7ECF056F.jpeg

壊れるまで使ったハンドグリップ

もう何年も前の話ですが、昔ながらのハンドグリップを繰り返し使っていたら、ある日、金属疲労で「バチッ!」という大きめの音とともに、金属部分がささくれだって壊れました。

道具が壊れて、残念な出来事な筈なのに、達成感というか、精神的浄化作用のような感じで晴れ晴れとした気分になりました。なぜでしょう?

当時、テニスをしていたこともあり、更にクラッチの重いバイクに乗っていたので、ハンドグリップを愛用していました。

FEDC2CFA-C470-4ABC-9E6A-E68D41B8A509.jpeg
重くて遠いクラッチ

しかし、それほど熱心に鍛える必要もなくなったこの頃は、加齢による衰えも手伝って、ハンドグリップが強過ぎると感じることがあります。

強度が調整できるハンドグリップ

そんなこともあり、現在使っているのが、こちら、強度が調整できます。

97EB26E0-0839-489A-91D7-6773B9AE0093.jpeg

5kg 〜 60kgと表記されていますが、正確さをもとめるような製品ではないと思います。左端のオレンジのツマミで強度を調整できるのだけれど、何キロになっているかは不明です。わたしにとっては、元気なときでもシッカリ握れないほどの強度にでき、指のケガの治療後、リハビリにも使えるほど、軽くできます。

そして、とても安価(千円前後〜)。ペアでも同じくらいの値段なのが面白いです。

使い方は、通常のウエイト・トレーニングの知識がそのまま当てはまるので省略します。

ただし、手は他のほとんどすべてのトレーニングでも使用されますので、特異な部位になります。特に、デッド・リフトやバーベル・ローでは先に握力が音を上げますので、ウエイト・トレーニングの最後に行うのが良いでしょう。

ところで、歳を取ってくると、力が入らないときがあります。力を入れていくと途中で神経が拒絶する感じ、言い換えると、力はまだまだあるのに手が言うことを聞いてくれない感じがするときがあります。なぜなのでしょう?

ハンドグリップの効果

ハンドグリップの効果として、握力が鍛えられ、スポーツのパフォーマンス向上が期待されるのはもちろん、血圧低下や器用さの向上なども言われています。ハンドグリップをご家庭や職場に備えてはいかがでしょうか。

2個セットのハンドグリップ

ご紹介した強度が調整可能なのは「Cookie Talk ハンドグリップ 5-60kg 2個セット」です。カラーは5色。

ブラック
グレー
イエロー
オレンジ
ブルー