キャンドゥ「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」のレビュー

この記事は約4分で読めます。

この記事は、キャンドゥ「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」のレビューです。

握る能力をトレーニングするボールは、たくさん売られています。でも、百均で買える商品はそんなに多くありません。

本記事は、キャンドゥの「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」について、使用感を中心にレビューします。

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

キャンドゥ「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」

キャンドゥ「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」は、多分、ほとんどの店舗で品切れすることもなく、置いてあるでしょう。

カラー・バリエーションは、ブラックのみです。

「Home Exercise」と体操している風のピクトグラムが、白色でプリントされています。

材質は「ゴム」です。

ハンドグリップボールを投げて、誰かにぶつかっても痛くないでしょう。子どもさんにも安全に感じます。

しかし「取扱い状の注意」には、「危険ですので、投げる、ぶつける等の乱暴な扱いはしないでください」とあります。

使用感

材質は「ゴム」ですが、触感は「ギッチリ詰まった、かた〜いスポンジ」といったイメージです。

力強く握れば、それなりに潰れます。

放すと、もちろん元通りの形に復元されますが、材質と握った感触は「本当に元の形に戻るかなぁ?」というイメージです。

握った感触としては、弾力のあるボールですが、硬い床に落としてもはずみません。

大きさは、テニスボールよりも一回り以上小さいです。重さは、スポンジ程度です。

見た目は球体なのですが、実際は少し歪んでいます。歪んでいても、握りつぶす分には気になりません。

新品特有のニオイがわずかにしますが、不快感を感じるほどではありません。

ダイソー「ハンドグリップボール(HAND EXERCISE BALL)」との比較

ダイソー「ハンドグリップボール(HAND EXERCISE BALL)」は、大きな硬いスーパーボールといった感じです。

キャンドゥ「ハンドグリップボール(Hand grip ball)」は、子ども用の当たっても痛くないボールの印象です。(注意書きには「危険ですので、投げる、ぶつける等の乱暴な扱いはしないでください」とあります)

  • ダイソーのハンドグリップボールは硬くて気合を入れないと使えない
  • キャンドゥのハンドグリップボールは気軽に握れるやわらかさ
ダイソーのハンドグリップボールの詳細は、ダイソー「ハンドグリップボール(HAND EXERCISE BALL)」のレビュー をご覧ください。
 

まとめ

握力を鍛錬するために、ハンドグリップボールを使用することに反対しませんが、とても効率が悪く感じます。

しかし、百均の商品なので気軽に利用できます。

単純に握力を強化するなら、ハンドグリッパーフィンガーグリッパーを使った方が、ずっと効果があるでしょう。

手ではなく、指に何らかの問題があって改善したいのなら、ハンドグリップボールを使うのではなく、フィンガーグリッパーを使うべきだと思います。

フィンガートレーナー「Meideal MFX5」に握るところが5つあるのは、手のあらゆるサイズに対応するためです。
 

リハビリに使うことを考えているのでしたら、握る動作ばかりでなく、手を開く動作にも注力した方が良いでしょう。開く動作もトレーニングできる器具を使うと便利です。

created by Rinker

医師が開発した、指、手首、前腕の筋力をバランス良く強化するトレーニング器具
・ハード(オレンジ)
・レギュラー(レッド)
・ソフト(ブルー)

脱臼のリハビリを真剣に行った経験から、指を開く動作の大切さを実感しました。

METOLIUS(メトリウス)のGripSaver Plus(グリップセイバープラス)は、有名な器具です。代替製品は、今のところ無いと思います。

指をかける部分は、壊れたら交換部品(リプレイスメント)があります。

通常はハード(オレンジ)で問題ないと思います。迷うのでしたらレギュラー(レッド)で。ギプスで固定するようなケガからの回復ならソフト(ブルー)が良いと思います。

握力は、演奏やスポーツに限らず大切な能力です。握力が健康状態のバロメーターに使われることもあります。

握力トレーニングが血圧を下げる効果は有名でしょう。

シッカリ握れることを維持しませんか? さあ、始めましょうよ!

コメント