キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」のレビュー

2.5
この記事は約5分で読めます。
球体はテニスボールサイズ

このページは、キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」のレビューです。

テニスボールを2個つないだ形状のマッサージ器具は、数多く売られています。

その中でもキャンドゥ「ツボ押し ツインボール」は、多分最安です。最近では、ダイソーでも、まったく同じ製品を見かけます。

「ツボ押し ツインボール」はとても地味な見た目ですが、あれば便利なセルフマッサージのグッズです。

カラダの各所に使えます。わたしは仙腸関節に使うのが気に入っています。

本ページでは、使用感を中心にレビューします。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」

簡素なパッケージ

キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」は、すでに高評価を得ている商品でしょう。

簡単に言えば、「安価で効く〜!」商品でとてもオススメです。

真っ黒なプラスチック(ポリスチレン)でチープな光沢があります。

100均の商品は、値段を合わせて考えれば無敵です。少々問題があっても安価であることで評価が高くなってしまいます。

そこで、ここでは、安価であることを差し引いてレビューします。

使用感

取説は簡素。なくても困らない

それでは、キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」の使用感をきびしく評価していきます。

すべる!

製品説明には「転がすだけで簡単マッサージ」としていますが、転がすには表面がツルツル過ぎます。

転がそうとしても、すべることがあります。

すべったらダメ!とは言い切れませんが、すべらない方が心地良くマッサージできます。

硬い!

キャンドゥ「ツボ押し ツインボール」は、硬い! 硬過ぎます!

硬過ぎるとダメ!とは言い切れませんが、横になって体の下に置くときに神経質になります。

体の下に置くのによく使われるテニスボールは、気を使わずに体の下に置けます。

でも、「ツボ押し ツインボール」は、石を体の下に置くぐらいのつもりで扱わなければならないでしょう。

コリを強引にほぐすのに”即効的な快楽”を求める人には、この硬過ぎる強烈な刺激がありがたいかもしれません。

しかし、わたしは少し引いてしまうほどの”硬さ”に感じます。

それでは、パワーポジションボールと比較してみます。

パワーポジションボール

パワーポジションボールは、見た目はキャンドゥ「ツボ押し ツインボール」ととてもよく似ています。

パワーポジションボールのレビューは、「仙腸関節をストレッチするツール」をご覧ください。

パワーポジションボールは、硬めのテニスボールに近い感触で、「ツボ押し ツインボール」と比べて転がすときにすべりません。

「転がすだけで簡単マッサージ」として使用するのであれば、パワーポジションボールの方がはるかに優れたグッズでしょう。

硬いですが、”硬めのテニスボール”程度の硬さなので、「ツボ押し ツインボール」のように気を使うことはありません。

パワーポジションボールとほぼ同じ大きさ
上が「ツボ押し ツインボール」
下が「パワーポジションボール」

写真を見てわかるように、「ツボ押し ツインボール」、テニスボール、パワーポジションボールの大きさはほぼ同じです。

同時に持ち比べてみれば、大きさの違いが分かります。大きさの違いはわずかで、何度か握り直さないと分からないでしょう。

大きい順に並べると、「ツボ押し ツインボール」、テニスボール、パワーポジションボールとなり、「ツボ押し ツインボール」が一番大きいです。

大きさは、使用感に影響を与えるほどの違いはありません。

では、実際に仙腸関節をストレッチしてみた感想を述べます。3分間、腰の下に置いて寝て見ます。

仙腸関節のストレッチ
  • 「ツボ押し ツインボール」は石のように硬いので、気をつけてゆっくり腰をのせます
  • 最初のうちは硬さを感じますが、硬さはすぐに忘れます
  • 終了後、特に違いを感じませんが、立ち上がるといつもよりスッキリしているかもしれません

硬すぎて、不快なのかと予想していましたが、予想よりはずっと良かったです。

パワーポジションボールの代わりになるか?というと微妙です。

わたしは、パワーポジションボールと「ツボ押し ツインボール」の両方を持っていますので、日によって使い分けることができます。

その場合、たいていはパワーポジションボールを使います。ときどき「ツボ押し ツインボール」を使うかもしれません。

どちらか一方を選ぶとなら、私は、やはりいつでも使える(使うのに構える必要がない)パワーポジションボールを選びます。

「すべり止め」をためす

「ツボ押し ツインボール」を使ってみれば、どなたでも「すべらなければいいのに!」と感じるでしょう。

そこで、すべり止め加工を試しました。

キャンドゥ「すべり止め液」

すべり止め液は、ベストセラー商品

キャンドゥ「すべり止め液」は、お子さんの靴下のすべり止め加工がもっとも高評価かもしれません。

簡単にすべり止め加工できる、すぐれたグッズです。

あれば便利な「すべり止め液」

裏面全体も載せておきます。

完全に固まるのは24時間かかる

「ツボ押し ツインボール」を加工

「ツボ押し ツインボール」が床に接するのは、球体の部分です。

「すべり止め液」の性能はしっかりしていますので、どれかが床に接するように塗って見ました。

球体に塗るのは手間がかかる

乾くと半透明になります。24時間は乾かした方が良いです。

使うと割れて、はがれることもある

使ってみたところ、すべりにくくなりましたが新たな問題があります。

ときどき乾いたすべり止めが割れます。割れたすべり止めが、はがれることもあります。

つまり、長い目でみると「すべり止め液」を塗り直す必要があります。

「すべり止め液」の感想
  • 塗ったら24時間使えない
    • 乾かすのに「ツボ押し ツインボール」は立つけど不安定
  • 乾いたすべり止めは、ときどき割れる/はがれる

もっと良い、すべり止めの方法はないものだろうか。

まとめ

わたしは、パワーポジションボールと「ツボ押し ツインボール」のどちらか一方をオススメするなら、パワーポジションボールをオススメします。

パワーポジションボールは「ほどよい硬さで、転がす時にすべらない!」ので、不満はありません。

「ツボ押し ツインボール」を使って見たことで、パワーポジションボールの良さをあらためて感じました。

でも・・・ 値段を考えれば「ツボ押し ツインボール」もオススメです。

「ツボ押し ツインボール」もオススメ
  • パワーポジションボールの1/10の安さ!
    • あるいは、千円程度安い!
  • 強烈な硬さ!
  • すべるので転がしにくい

仙腸関節のストレッチは、「仙腸関節をストレッチするツール」をご覧ください。

コメント