膝コゾ(寝ゆる黄金の3点セット)のススメ

膝コゾ.png

はじめに

高岡英夫氏の著作「究極の身体」がなければ、わたしはこんなに長くスポーツをしていなかったと思います。

高岡英夫氏は活動が盛んで、著作も100冊を越えています。そのためか、「トンデモ◯◯」な表現で批判されることもあります。「高岡英夫 トンデモ」で検索すればいろんな批判を確認できるでしょう。

しかし、その多くが坊主憎けりゃ袈裟まで憎いみたいに感じます。わたしにとっても理解できない考えや、真実とは思えない記述などを目にすることはありますが、だからといって、実績のある活動までもが否定されることは、やめて欲しいです。

ゆる体操

高岡英夫氏が有名になった活動の一つに「ゆる体操」がありますが、わたしは遅れて知ることになりました。

率直なところ「ゆる体操」という名前も、「ゆる体操」に含まれる各体操の名前(「膝コゾ」など)もネーミング・センスが受入れにくいと申しますか、微妙な気分になります。

ゆる体操の情報はインターネット検索でも必要な情報がほぼ手に入ります。参考なリンク先は記事の最後に記載しました。しかし、書籍もまとまりがあし、見易いです。古本を含めれば、ゆる体操についての数多くの出版物があります。DVD付きの書籍もあります。

オノマトペ

「スポーツオノマトペのススメ」の記事(下記)は、失礼ながらテキトーに書いたもので、実は実践する気持ちが足りませんが、高岡英夫氏は(オノマトペとは表現しませんが)擬態語を発声する価値を、特別主張すること無く、擬態語を声に出しながら体操することを勧めています

「肩こりギュードサー体操」なんて「ギュー」と言いながら肩をすくめて「ドサー」と言いながら肩を下ろします。そうすれば、確かに効果増幅しそうなんですが、わたしにはとっても受入れにくいです。

膝コゾ

膝コゾ.png

そんなワケで「ゆる体操」を全面的にオススメするのは、多少気が引ける部分がありますが、「寝ゆる黄金の3点セット」はオススメできます。中でも「膝コゾ(膝コゾコゾ体操)」だけは、毎日実践していますし、オススメできます。

高岡英夫氏は「コゾコゾ・・・コゾコゾ」と言うことを勧めていますが、残念ながらわたしは「コゾコゾ」言うことは決してありません。  

参考資料

もしも試す場合には、説明なしで公式の動画だけでも、ほぼ理解できるでしょう。

http://www.yuruexercise.net/japan/movie_kozo_calf.html

8話構成の「寝ゆる黄金の3点セット」に関する記述を読む根気がありましたら、公式サイトをご覧下さい。

http://www.yuruexercise.net/japan/flooryuru_g3piece01.html

「膝コゾ」については、8話の内の第5話第6話に書かれています。

http://www.yuruexercise.net/japan/flooryuru_g3piece05.html
http://www.yuruexercise.net/japan/flooryuru_g3piece06.html

見掛けの好き嫌いがあるかもしれませんが、取り敢えずのところそれは無視して、是非お試しください。

世界全面的オープン化

「ゆる体操」の活動は現在「世界全面的オープン化」されています。活動のこのような展開には、大変好感が持てます。

運動科学者高岡英夫が「身体には希望がある」を基本コンセプトとし、身体から出発して世界平和を希求しその実現に貢献することを目的に開発した、健康効果・高度能力開発効果を中心とした多方面の効果を有する体操法の体系で、多くの実践者や医師・医学者・科学者などの専門家から「世界一ラクで簡単で広く深い効果を持つ体操」との評価を受けてまいりました。・・・

指導員資格の有無を問わず誰でもゆる体操を指導できる」という、世界全面的オープン化を実施することとなりました。 本サイトを通して、ゆる体操の方法・指導法・指導者倫理を、広く公開します。・・・

YURU EXERCISE