心拍トレーニング

心拍トレーニング 心拍トレーニング

目的のトレーニング効果(やせる/持久力向上/回復力向上など)を得るために、運動強度の尺度として心拍数を計測しながらトレーニングするのが、心拍トレーニングです。
タバタ式トレーニングは、心拍数を計測しませんが、心拍トレーニングの一種でしょう。

スポンサーリンク
トレーニング

鼻呼吸のススメ(2)LSDで疑似高地トレーニング

書籍「トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法」に従えば、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)中に「息を止める」ことで、高地トレーニングと同様な効果を期待することができそうです。
トレーニング

鼻呼吸のススメ(1)LSDで鼻呼吸

わたしは睡眠時に口呼吸であり、運動時も口呼吸を躊躇無く取り入れていました。呼吸法の改善として、鼻呼吸でLSD(ロング・スロー・ディスタンス)を走ることは、割と無理なく実行できました。
心拍トレーニング

学校での心拍トレーニングの実験結果は大人にはクレイジー?

「脳を鍛えるには運動しかない! 」について、大雑把に言えば「運動習慣のある中高年が、本書で提案されている運動量と頻度を守ろうとすると、運動強度が高過ぎてオーバーワークになる」と思います。
グッズ

安静時心拍数の測定方法

心拍トレーニングのためには安静時心拍数をときどき測定すべきだと思います。ライフロガーは着けっぱなしが必然であることもあり、安静時心拍数が楽に測定できます。
心拍トレーニング

やせる心拍トレーニング

やせるためにジョギングするなど、トレーニングしたいけど、効率的にやせるためのペースが分からなくて困っていませんか?
心拍トレーニング

最大心拍数の測り方・計算方法

信頼できる、最大心拍数を算出する式はありません。追い込みすぎないで計測した実測値を使用するのが現実的だと思います。
トレーニング

タバタ式トレーニング

バスケットボールに限らず、多くの(週末)プレイヤーにとって「タバタ式トレーニング」は価値あるものだと思います。
心拍トレーニング

LSD(3)

ロング・スロー・ディスタンス(LSD)の心拍数コントロールを言葉で表現すると「『心拍数の取り得る範囲の真ん中』の心拍数に維持する」となるでしょう。
心拍トレーニング

LSD(2)

ロング・スロー・ディスタンスにはウィーンフィル・ニューイヤーコンサートが良く合うと思います。
心拍トレーニング

LSD(1)

「ゆっくり長い時間(距離)走れば持久力が付く」と、80年代には知っていたのですが「どれくらいゆっくり?」とか、「どれくらいの時間(距離)?」かは分かりませんでした。調べてから試してみました。
スポンサーリンク