マッサージボールの使い方(腰部/臀部/内転筋)

直径13cm(5インチ)程度のマッサージボール/ストレッチボールを持っているけれど、使い方が分からずに困っていませんか?

私は最近、トリガーポイントのマッサージボールMB5を入手したので、使い方を集めたページを作成することにしました。特別なノウハウなどはありませんが、必要な情報を集め、更新を続けていくつもりです。必要に応じてどうぞご利用ください。

マッサージボールの製品カタログ

13cm(5インチ)程度のマッサージボールの製品情報は、レビューを含めなかなか目にしません、下記の記事に、各製品の情報を集めました。

使い方

大雑把には、身体に強く押し付けてマッサージすることで、コンディションを整えるものだと思っています。この点で、フォームローラーやマッサージスティックと、何ら変わるモノではないでしょう。

マッサージボールは、フォームローラーと比較して身体に当たる面積が小さいです。そのため、強い刺激をえることが出来ます。フォームローラーは円柱なので、転がる方向が定まっていますが、マッサージボールは球体なので、どの方向にも転がります。そのため、意図する向きに転がすには、より繊細なコントロールが必要です。

強い刺激と、転がすコントロールが繊細である特徴に逆らわないように、身体の一カ所にあてがったまま、身体を動かすことで、マッサージするやり方が、マッサージボール特有の使い方でしょう。最初の動画で出てきますので、ご覧頂ければすぐに分かります。

それではまず、私が対象部位として最優先に考えている、腰部/臀部/内転筋などの使い方です。

腰部/臀部/内転筋

臀部、股関節周り

トリガーポイント社が提供している動画です。動画の最後に紹介するテクニックがマッサージボール特有の使い方です。マッサージボールを、腰に当てたまま動かさず、(当たっている部分の筋肉が動くように)膝を曲げて下肢を動かします。

トリガーポイント™ マッサージボール MB5™ でほぐす 臀部 股関節周り

次の動画は、千葉ジェッツの富樫選手によるものですが、ほぼ同じでしょう。左右が逆になっているので、見やすい方を使うことができます。

MB5マッサージボールを使用した大腿筋膜張筋の筋膜リリース方法【千葉ジェッツ】

股関節

トリガーポイント™ マッサージボール MB5™ でほぐす インナーサイ  股関節

臀筋

次の動画もマッサージボール特有のテクニックで、臀筋をマッサージしています。5インチのマッサージボールMB5ではなく、もっと柔らかいグリッドボールを使用しています。トリガーポイントのサイトには、マッサージボールMB5を使った説明もあります。

つまり、グリッドボール、マッサージボールMB5のどちらでも同じ方法で、マッサージできます。

小さいトレーニング用バスケットボールでも試してみましたが、臀筋に対する刺激は独特で、これまで経験したことがない感覚です。

お尻の筋膜リリース(マッサージボール編)

内側広筋(ないそくこうきん)

膝に近い大腿の内側は、最もマッサージしたかった箇所です。動画は見つからないですが、トリガーポイント社が分かりやすい説明を公開してくれています。

マッサージボール MB5 | HOW TO | トリガーポイント™ 公式サイト

マッサージボールMB5の使用方法

トリガーポイント社による、マッサージボールMB5の使用方法を、部位別に紹介しているページがあります。下記のリンクから、各部位の使い方を説明した箇所が開きます。

イナーメ・ヘビーマッサージボール

イナーメ・ヘビーマッサージボールの製品紹介ページの中ほどには、簡潔過ぎる説明があります。下記の部位のやり方が、一つのエクササイズにつき、一枚の写真と説明があります。

  1. 腕・胸筋まわり
  2. 太もも・お尻まわり
  3. 腸腰筋・内転筋

この説明だけだと、分かりにくいですが、全体を俯瞰できるという点で優れています。

コメント