試合球を用意しよう!

バスケットボールの試合球を用意したいけれども、新品では滑りすぎるし、いったいどれくらい使えば、試合で使えるようになるのか分からず、困っていませんか?

特に、molten GL7Xは新品のとき、とても滑るので使い物にならず困っていることでしょう。だけれども、molten GL7Xばかりが試合球として使われるので、GL7Xの試合球を用意したいと思っていることでしょう。

実は、検定球であれば、molten GL7Xにこだわる必要はありません。しかし、これほどまでにmolten GL7Xで占められているので、試合を想定してmolten GL7Xの試合球を用意することは、良いことだと思います。

molten GL7Xの使い勝手は、他のボールと異なると思います。試合を想定すれば、結局、molten GL7Xを使わざるを得ないという、アリ地獄のようなワナを感じます。

この記事では、まず、ボールの規約を紹介します。その後、試合球にするためにやることを説明し、そのためには、どれくらい時間が掛かるのかについて触れます。最後に、試合球の寿命について個人的な意見を述べます。

規格

まず、ボールに関する規約を確認することにします。「日本バスケットボール協会バスケットボール施設・用器具規格」から、ボールの規約を以下に抜粋します。

ボールは:
• 球体で、幅6.35mm以下の最大12本のシーム(つなぎ目)があり、オレンジ1色、あるいはFIBAが承認した色の組み合わせでなければならない
• サイズ(号数)が表記されていなければならない
男子の全カテゴリーの大会で使用するボールの大きさは周囲749mm以上、780mm以下とし(7号サイズ)、重さは567g以上、650g以下とする。
• ボールの最底部までがおよそ1,800mmの高さからフロアに落下させたとき、ボールの最上部が1,200mmから1,400mmの高さまではずむ程度に空気を入れる

日本バスケットボール協会バスケットボール施設・用器具規格」から引用

規約だけを見れば、空気圧さえ調整すれば、買ってきてすぐに試合球にできます。だけど、そんな滑るボールを受け入れてくれる選手はいないでしょう。仮に試合球として、試合が開始されても「滑りすぎるから交換して欲しい」と言い出すことでしょう。

まれに、大会側が試合球を用意してくれることがあります。でも、その多くは新品を使おうとします。選手からすると、とても信じがたい行為なのですが、ときどきあります。

どれくらい使ったら、滑らなくなるか?

私は週末しかプレイしない/できない、シニアプレイヤーですが、2〜3ヶ月掛けて普通に使って、やっと試合球として提出できる状態になります。もちろん、わたしの個人的な意見です。

多分、20時間以上の使用(試用)が必要なのだと予想しています。

普通に使う

普通に使いますが、滑って普通には使いづらいです。それでもガマンして、使わないことには、いつまでも滑るボールのままです。とてもストレスのある作業です。

クリーナー&ワックス

汚れが目立てば、クリーナーで磨きますが、余程必要を感じない限り、ワックスは掛けません。最初の2, 3花月は汚れにくいし、ワックスも不要でしょう。多分、何かでコーティングされているのだと思います。

効率的にコーティングを落として、天然皮革のコンディションを整える方法がありそうですが、知りません。

試合球の寿命は?

およそ2年間。私は週末しかプレイしない/できない、シニアプレイヤーで、試合球のコンディションになっても、練習にも使います。

およそ2年間に1個、購入しています。購入時に、名入れ(ネーム入れ)をしています。

手入れ

ボールを磨く話と、空気圧については、すでに記事があります。

不満

12面体の前、あるいは、もっと前のことは、よく思い出せないのですが、新品のときにこんなに滑りました? そして、こんなに早く劣化していましたか? といった疑問や不満は既に書きました。

コメント