ヨガブロック

この記事は約3分で読めます。
Image by marymccraft on Pixabay

残念ながらヨガについては、良く知りません。しかし、ヨガブロックの存在は知っています。ストレッチングやトレーニングにおいて、柔軟性が足りないためにやりにくいとき、重宝するグッズです。

下記の記事でも、柔軟性が足りないときに、ヨガブロックの使用をオススメしました。

それでは、ヨガブロックと代用品を紹介します。

ホンモノ

ホンモノのヨガブロックは、大抵、直方体で、用途に合わせて、長い方向(サポートする距離を長く)〜短い方向(サポートする距離を短く)使用します。

EVA樹脂/コルク/木などの素材で、変形しないように出来ています。体重を預けて使用することがあるので、変形しては困るのだと思います。素材により、におい/ぬくもり/安定感/耐久性/滑りやすさなどが変わってきます。

素材により、重さ(約300g〜1kg程度)が異なるので、持ち運びなどの用途に合わせて、選びます。

あれば便利そうなのですが、まだ購入には至ってません。

分厚いバランスマット

下記の製品は、バランスマットとして2個セットで販売しているものです。安価で軽く、滑りません。1個の大きさは、片足が十分に乗る大きさです。(30cm程度なので、ビッグフットなビッグマンは、はみ出すかも)

  • サイズ:約300 x 170 x 60mm(1個)
  • 重量:約110g(1個)
  • 耐荷重:80kg
  • 材質:EVA樹脂

現在、約2年使用して、キズが目立ち、少し薄汚れ、へたってきましたが、まだまだ使用できるコンディションです。

用途

購入動機の用途は、次のようなものです。

  • ◎ ストレッチング時の膝当て
  • △ 腹筋ローラー(アブローラー)、膝コロ時の膝当て
ストレッチング時の膝当て

「膝コロ時の膝当て」には少々不安定で、使いにくいものでした。

一方、ケトルベル・ウィンドミルでの使用のように、ヨガブロックの代用には便利です。2個重ねて使えますので、高さ調節もできます

バランスマットとして

バランスボードなどに比べ、バランスマットの不安定さは、少しです。そのため、いくつかのケトルベル・メニューにおいては、ちょうど良く難易度が上がり、トレーニング効果が期待できます。

  • ボトムアップ・クリーン
  • シングルレッグ・デッドリフト
  • その他
2枚重ねだと、不安定過ぎるので、
ウエイトの保持は不適切な感じ
1枚でちょうど良い不安定さ

扱える重量より、少し軽いものを扱うことで、安心して不安定さを楽しめます。個々のメニューについては、別の記事で書く予定です。

下記の記事には、シングルレッグ・デッドリフトを記載しました。

ランブル・ローラー

ランブル・ローラーのように、軽くて、片手でも掴みやすいフォーム・ローラーは、ストレッチング時のヨガブロックの代用に使える場面があります。ヨガのように、身体を完全に預ける場面では、不安定かもしれませんが。

わたしは、実際に日々使っています。

コメント